インタビュー

アイドリングNEO座談会 はじめてのナンバリングライブを終えて【完全版】

2013年12月29日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2013年7月にアイドリング!!!に加入したNEO期生の5人は、間もなく4期生の23号・伊藤祐奈、25号・後藤郁を加えた7人による『アイドリングNEO』として活動を始め、本隊のアイドリング!!!とCD売上げ対決をするなど、番組収録以外では別々に動いてきた。

 そんな5人が、アイドリング!!!の仲間として『アイドリング!!! 13thLIVE 史上最大!25人の大作戦グ!!! 晴れ、時々神(ゴッド)』の舞台に立った。ライブを終えて、5人は何を思ったのか?

※本記事は月刊エンタメ2月号掲載の連載「アイドリング!!! 反省会ング!!!」との連動企画です。

【座談会メンバー】
31号・古橋舞悠、32号・関谷真由、33号・橋本瑠果、34号・佐藤麗奈、35号・佐藤ミケーラ倭子
 

――13thライブ、お疲れ様でした!

関谷 『mero mero』(アイドリングNEO)のリリースイベントの最中に、アイドリング!!!の曲の振り付けのVTRはもらっていたんですけど、目の前のことに精一杯だったので、やっぱりどこか集中して覚えられなかったですね。

古橋 リリースイベントが終わってから、みんなで慌てて覚えたんです。

佐藤麗奈(以下、麗奈) ミケは大変そうだったね。

――自己評価としては?

佐藤ミケーラ倭子(以下、ミケーラ) 最終的にはいいかんじでした(笑)。スタッフの方たちに「星いくつくらいでした?」って聞いたら、まぁまぁでしたよ。だって、私が一番ヤバそうだったでしょ?

関谷 うん。このライブがブルーレイになったときに、ミケが踊ってるところを見ただけで泣く自信がある。

古橋 自分じゃなくて、ミケが踊れてることに感動。「あ~、ミケがちゃんとやれる?」って(笑)。

橋本 あははは、うけるー。

佐藤ミケーラ倭子

古橋 せきまゆ(関谷)が一番、ちゃんと覚えてたんですよ。家でも、ずっとダンスの練習をやっていたみたいで。ちょっとした時間で、すぐに私たちにも教えてくれて。「わからないところは、せきまゆに聞け!」っていう風になってましたね。私はタイミングが合わなくて行けなかったんですけど、みんなはエイベックスのレッスンスタジオに集まって練習してたんでしょ?

ほか一同 うんうん。

古橋 ちょっと間に、みんなが『Don’t think. Feel !!!』が出来るようになってて、ヤバイ! って思いました。

――覚えるのが難しかった曲はなんですか?

一同 ドンシンク!(Don’t think. Feel !!!)

――そうなんですね。どのあたり?

麗奈 間奏ですね。

橋本 そう、動きが早くなるところがあるんです!

関谷 『MAMORE!!!』もちょっと似てるんですけど、アイドルの振りじゃなくて、ダンスの振りになるところがあるんです。

関谷真由

古橋 振り付けVTRを見ただけで覚えるというのは大変なんですよ。

橋本 先輩たちも、難しくて上の先輩から教わったって聞きました!

麗奈 5期生さんは4期生さんに教わってた、って。

関谷 私たちには一緒にNEOの活動をした伊藤祐奈さん、後藤郁さんが教えてくれて。『mero mero』と『やらかいはぁと』を同時に聴いていたり。

麗奈 一気に10曲くらい渡されたもんね。

関谷 振り付けを覚えているのは当たり前で、リハーサルではその上で構成や立ち位置を覚えないといけなかったから。

古橋 私的には、やっと前日にフォーメーションを少し覚えられて、細かい振り付けも含めて覚えられたのは、ほとんど当日という感じなんです。

橋本 私もそうだったかも。

麗奈 それだけ集中できるのは、やっぱり当日なので。

関谷 朝の電車の中で、フォーメーションの紙を見て頭に入れて。

橋本 わたしもです。家が遠いから、電車に乗っている時間が長くて。最近は、ずっとそうしてました。

 

橋本瑠果

麗奈 読書の代わりだよね。

関谷 曲をイヤホンで聴きながら、Aメロが終わると「5.5」(立ち位置を示す数字のこと)、サビに入ったら「3.5」とかって、電車の中でブツブツ言いながら(笑)。

ミケーラ アハハハ、怖いよ?。(この後、ミケーラは退室)

古橋 でも、横の位置と縦の列で覚えるのは大変。縦の列は、NEOでは無かったものなので、いままでは位置番号を覚えておくだけだったのに、列を覚えないといけないのは大変で。

古橋舞悠

――そんなところで升野さんが登場したりも(笑)。

関谷 MCのときだったので、混乱はなかったですけど。

古橋 もっていかれちゃいましたね。

関谷 升野さんって、歌が上手いんですよね。悔しいな。

――そういう感情が芽ばえるんですね。

麗奈 そうですよ。バカリン(升野の愛称)、キラキラしてた(笑)。

佐藤麗奈

――確かに、凄い歓声でしたよね。みなさんから見たステージの光景はどうでした?

関谷 感動しますよ。キレイだった。

麗奈 『やらかいはぁと』の時、ファンの皆さんがオレンジのサイリウムを振るところ、凄かった。

橋本 そう! あれヤバイ。

古橋 決まりになっているのを知らなくて。

麗奈 動揺して振り付けを間違えちゃいました(笑)。

橋本 瑠果も! 「えっ? えっ?」ってキョロキョロしちゃった(笑)。

関谷 私は1曲目、紗幕が落ちたときに鳥肌が立ちました。

教会のイメージで作られた13thライブのステージ

――オープニングですね。紗幕越しに静止するメンバーが見えていて、紗幕が落ちて一気に始まりましたよね。

橋本 そう、カッコよすぎる!

古橋 リハーサルの時、泣いたんだよね。

関谷 うん、そうだった。手をつないじゃったね。

古橋 私とせきまゆは、前から歌とダンスをやっていたんです。だからずっと、大きな舞台に立つのが夢だったので。

橋本 泣いてたとき、朝日奈央ちゃんが「どうしたの?」って慰めてくれてた。

――NEO期生の皆さんは、加入してすぐに別で活動することになったので、今回、改めて本隊と合流したわけですけど。

関谷 楽しかった。それと、うれしかったです。

麗奈 やっと入れた、という感じですね(笑)。

古橋 ユニットもたくさんあって楽しかったなぁ。

関谷 アイドリング!!!を頑張りながらも、NEOの曲も披露させていただいたので、おろそかにしちゃいけないと思って。NEOを見に来てくれた方もきっといらっしゃったと思うので。

古橋 そこは頭を切り換えてね。

麗奈 どちらでも出られるのはおいしいと思う!

関谷 そうだね。恵まれた環境なのは確か。

古橋 あれ、せきまゆ泣きそうになってない?

関谷 ぜんぜん!(キッパリ)

――ライブでは、遠藤舞さんの卒業も発表されましたね。

橋本 私は(姉の)楓が入った時から、アイドリング!!!が身近だったので、すごく寂しいんです。

麗奈 でも、遠藤さんが決めたことだから。応援したい!

関谷 私たちが加入した後の、このタイミングだったからこそナンバリングライブで一緒の舞台に立てたということなので、それが嬉しいです。

古橋 2月14日の遠藤さんの卒業ライブもしっかりやりたいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: アイドリング!!! 

          

関連ニュース

インタビューの関連ニュース