ライブレポ

波乱万丈パティロケが新体制「Party Rockets GT」としての初のシングルをリリース!

2016年03月19日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2012年に6人組でデビューしたParty Rockets。その後、メンバーの脱退や移籍、レーベル移籍や事務所の移籍もあり、2015年夏には2人にまで減っていた。

 それが昨年10月12日には新メンバーを加えた新体制となり、グループ名も「Party Rockets GT」へと進化。そんな彼女たちが前作から約1年半ぶりとなる最新シングル『虹色ジェット』を2月24日にリリースした。
 

左からNANASE(17)、FUMIKA(16)、HARUKA(17)、HIMEKA(17)、AYUMI(16)

 2月27日には東京・お台場のダイバーシティ東京 プラザ フェスティバル広場でリリース記念イベントを開催。5人体制で初となるシングルに意気の上がるメンバーたちはリリイベを手作りし、セットリストや企画を自ら考えたという。

 オリジナルメンバーのFUMIKAによると、セトリには新メンバー3人の意見が大きく反映されており、加入4カ月余りで曲の雰囲気や流れを掴んでいることに感心したということだ。
 

お台場で新曲のリリースイベントを開催したParty Rockets GT。

 当日はリリースイベント最終日という事もあり、会場は多くのファンによる熱気が充満。寒風が吹きつける中、5人は感謝の気持ちを込めて、タイトルチューンの『虹色ジェット』を含む全7曲を、大空の下で全力パフォーマンス。寒さの中お台場まで足を運んでくれたファンを熱狂させた。

 この日は『虹色ジェット』限定で、観客による撮影がオーケーになるという粋な計らいも。メンバーたちは客席がカメラで埋まるという見慣れない光景に驚きつつも、ファンがネットにアップした写真に大喜びするという後日談もあったようだ。
 

思い思いのパフォーマンスでファンを魅了した。

ファンの数もリリイベラストとあって大勢いて、撮影タイムは大盛況だった。

 リーダーで最古参のHARUKAは「私たちのことを知らない方も沢山見ていただいて本当にありがとうございます! 『虹色ジェット』は新体制GTになってから初めてのニューシングルなのでこれからも大切に歌っていきたいと思います。これからもよろしくお願いします」と力強く語り、ライブを締めくくった。

 ライブ後の特典会では、楽屋から出てきたメンバーたちが、机に置かれた花束に歓迎するというサプライズも。そんなファンによる温かな心遣いと応援により、体調不良気味だったメンバーもすっかりと元気をもらい、二部制のイベントを最後まで完走するという心温まるエピソードもあったようだ。
 

全身が躍動する熱いムーブには彼女たちの勢いが表われているようだ。

 そのParty Rockets GTにとって、過去最大規模となるワンマンライブの『Party RocketsGTワンマンLIVE ~Dream on Dreamers~ 』が4月17日に開催。成長途上のアイドルにとって登竜門と言える新宿BLAZEにて、5人のメンバーはリリイベでファンからもらったもの以上の気持ちを、パフォーマンスでお返しする意気込みだ。

【ライブ予定】

3月21日 アイドル甲子園FESTIVAL2016 @新木場STUDIO COAST
3月22日 アイドル甲子園FESTIVAL2016後夜祭 @新宿ReNY
3月27日 Party Rockets GT 定期LIVE2016 ”Rockin’Sunday Vol.3 @新宿RUIDO.K4
4月03日 @JAM THE WORLD春のジャムまつり!2016 @新宿ReNY
4月17日 PartyRocketsGTワンマンLIVE「~Dream on Dreamers~」 @新宿BLAZE

最新シングル『虹色ジェット』 Type-A 価格 1,080円(税込)

■Party RocketsGT 公式サイト
http://partyrockets.net

■Party RocketsGT 公式ブログ
http://ameblo.jp/partyrockets

■Party RocketsGT 公式ツイッター
@Party_Rockets
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: @JAM  Party Rockets GT