イベント

乙女新党がハローキティと一緒にパフォーマンス!初のミュージカルに厚い友情を見た

2016年03月25日 14時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 乙女新党とハローキティが夢のコラボ! 3月21日に東京・サンリオピューロランドにて「劇団乙女新党×ハローキティ ミュージカル公演 in サンリオピューロランド ~雨とリボンと乙女とハローキティ~」が開催。会場となったフェアリーランドシアターを彼女たちの色で染め上げてみせた。

 本公演はメンバーたちにとって初のミュージカル挑戦。口から心臓が飛び出しそうなほどの緊張を感じていたという乙女新党メンバーだったが、数々のライブを通じて鍛えられた度胸はさすが。観客の目から緊張感は感じられず、普段のステージと同様に堂々としたパフォーマンスを繰り広げてみせた。
 

ミュージカル後のミニライブでもハローキティと華麗なコラボを決めた。 ©2016 SANRIO CO., LTD.

 ストーリーは、其原有沙が持っていたキティのぬいぐるみを探すなかで「妖精の森」に迷い込んだメンバーたちが、人間界に戻る扉を開くために奮闘するというもの。扉を開くためには「知恵」「笑顔」「勇気」「友情」「信頼」という5つのリボンが必要となる。

 一方で妖精の森には不思議な力があり、ハローキティとして自由に動きまわるという効果も。そのキティがメンバーたちに協力し、巨木の“森の長老”からヒントをもらいつつ、メンバーたちはリボンを探し求めていく。
 

妖精の森が持つ力で自由に動き回れるようになったハローキティがメンバーたちと遭遇。 ©2016 SANRIO CO., LTD.

会場のフェアリーランドシアターは普段のステージとは違う豪華なセットを誇る。ここにで乙女新党は通いなれば場所のようにフィットしていた。 ©2016 SANRIO CO., LTD.

 そんな演劇としての要素に加え、ミュージカルの要素も満載。リボンを手にするためにメンバーたちは乙女新党の曲を熱唱だ。

​ それぞれの曲に秘められたテーマをもとに、相原まりが「知恵」のリボン、田尻あやめが「勇気」のリボン、高橋優里花が「笑顔」のリボン、そして緒方真優が「信頼」のリボンを手にいれていった。
 

ハローキティと共に華麗なステージを繰り広げた乙女新党。 ©2016 SANRIO CO., LTD.

高橋がハローキティの手を引き、楽曲パフォーマンスでみんなの「笑顔」を引き出した。 ©2016 SANRIO CO., LTD.

 これで4つのリボンが集まり、あとは「友情」のリボンを探すというところで、本来なら5つのリボンを集めなければ咲かないはずの花が開花。この花が人間界への扉を開いてくれるのだが、メンバーたちは5つめのリボンがないことをいぶかしむ。

 すると開花した花の中から、其原が落としたぬいぐるみを発見。実はこのぬいぐるみ、病気療養中の長谷川愛里が、「自分のことだと思ってほしい」と其原にプレゼントしたものだったのだ。

 そんなぬいぐるみを其原は何よりも大事にしており、だからこそ森の奥深くに分け入ってまで、友情の証であるぬいぐるみを探し出そうとしたのだ。そのぬいぐるみに付いていたリボンこそが、「友情」のリボンだったのである。
 

4つのリボンが集った時点で、人間界への扉を開いてくれる花が見事に開花した。 ©2016 SANRIO CO., LTD.

花のなかには、其原が休業中の長谷川からもらった大事なハローキティのぬいぐるみ。そこに縫い付けられていた赤いリボンこそが、「友情」のリボンだったのだ。 ©2016 SANRIO CO., LTD.

 人間界に戻れることになった乙女新党は、ハローキティを交えて最新曲の「雨と涙と乙女とたい焼き」を披露。各担当色の衣装を身に着けた5人と一緒に、純白のドレスをまとったキティが驚くほどに華麗なダンスを見せる様子は、白を担当色とする長谷川がキティの姿を借りて戻ってきたのではと思わせる感動的なシーンとなった。

 このように、現在置かれている境遇を反映したストーリーは、まさに乙女新党のために用意された舞台そのもの。ほかの誰でもない、乙女新党だけが表現できる世界観に、会場を埋め尽くした観客もいつの間にか引き込まれていた。会場には子供も多く、乙女新党の楽曲に合わせてカラダを揺する姿も。彼女たちの歌が年齢を問わず、誰にでも親しんでもらえることを実感できる光景だったと言えよう。
 

其原とハローキティが寄り添うシーンはまるで、長谷川がその場に帰ってきたかのようだった。 ©2016 SANRIO CO., LTD.

また、メンバーが誰もセリフを噛まなかった点も強調したい。当たり前のように思えるが、短い準備期間と相当な量のセリフが用意されていたことを考えれば、彼女たちがいかに入念に準備してきたかを示す証拠でもあった。ライブでもミュージカルでも、常に全力投球の姿勢は高く評価されてもいいはずだ。

かくしてハローキティとのコラボを成功させた乙女新党。メンバー間の友情も再確認でき、来るべき長谷川の復帰に向け、そして来るべき新年度に向けて、今回のミュージカルは絶好のスタート地点となったようだ。

©2016 SANRIO CO., LTD.
 

ミニライブでもファンを魅了した乙女新党。左から緒方真優、其原有沙、田尻あやめ、高橋優里花、相原まり。 ©2016 SANRIO CO., LTD.

■乙女新党オフィシャルサイト
http://otomeshinto.com

■乙女新党オフィシャルツイッター
@otomeshinto

■乙女新党YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/otomeshinto
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 乙女新党