ライブレポ

ハコイリ♡ムスメ・内山珠希卒業ライブレポート

2016年03月26日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女優志望のメンバー7人による清純派アイドルグループ・ハコイリ♡ムスメ。おニャン子クラブやチェキッ娘・CoCo・ribbonなど80~90年代のアイドルのカバー曲とその時代を彷彿とさせるオリジナル曲によるライブパフォーマンスと、その清楚イメージからは予想外なほどはじけたMCが魅力の彼女たち。特にその定期公演は、“清純派”というイメージで終わらせない楽しさが詰まっていて、他のアイドルの定期ライブとはまたひと味違った魅力がある。

 その中でも高1ながら大学生かOLにすら見える大人びた顔だちと、そんな見た目とは真逆な天真爛漫で無邪気すぎる言動で「ハコイリ♡ムスメなんだけど箱から出すぎちゃう子」と言われ続けてきた内山珠希が「美容方面に進みたい」とハコムス及び芸能界引退を発表。そして去る3月20日の定期公演『ハコイリ♡ムスメ定期便3月号~君がくれた、かけがえのないもの~』で最後のマイクを置いた。しかしその最後は、涙涙の卒業公演らしい空気から、3月の秋葉原を彼女が大好きなハワイの夏気分に一変させる異色のラストライブに。

 この日、会場のAKIBAカルチャーズ劇場は前売完売。「満員の光景を見せて珠希の背中を押してあげたい」というメンバーの思いを叶えることに。万雷の拍手の中登場したメンバーは、内山のリクエストに応えて昨年夏の衣装で登場。まずは内山が観客への感謝の言葉を送る。そして次に出た言葉が「卒業発表した時に美容関係の仕事つきたいからって言いましたよね。でも何日か経ってどんどんやりたい事が増えてきて、美容関係じゃなくてもいいかな? って!」といきなりの卒業理由をざっくり反故宣言。そして出てきた「やりたい事」は歯科助手にショップ店員、ネットワーク関係からDJにジェットスキーの免許などなど、「途中から完全に趣味だよ!」と真っ当なツッコミがメンバーからも飛ぶ。

 「まあ、それが内山珠希らしいかな!」とメンバーからの不満を全てスルーして、卒業公演スタート。初のオリジナル曲『微笑みと春のワンピース』に内山が「一番かわいい声が出せる」と自信の曲『約束のポニーテール』(オリジナル:三浦理恵子)を披露する。
  • 1758_ext_08_0.jpg
  • 1758_ext_08_1.jpg
  • 1758_ext_08_2.jpg
  • 1758_ext_08_3.jpg
  • 1758_ext_08_4.jpg
  • 1758_ext_08_5.jpg
  • 1758_ext_08_6.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加