ライブレポ

中3卒業後の進路を発表! さくら学院3/22ライブレポート

2016年04月12日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ライブレポート◆さくら学院 『The Road to Graduation 2015 ~放課後アンソロジー レッツ スタンディング~』@Zepp Diver City 2016.MAR.22


 さくら学院の2015年度の卒業式前最後のスタンディングライブとなる『The Road to Graduation 2015 ~放課後アンソロジー レッツ スタンディング~』が3月22日に東京・お台場のZepp Diver Cityで行われた。東京地方は3連休最終日の前日に桜の開花宣言が発表されたばかり。吹く風は冷たく咲いている花はまだ1割程度と、まだまだ春の雰囲気とは言えない中で行われたライブの模様をお届けする。
 


 卒業式の1つ前の公演。開場を待つ父兄たちの雰囲気はどことなくそわそわしている。毎年この日のライブで卒業生……中等部3年の進路が発表されることが恒例だからだ。2015年度の卒業生3人は、スーパーレディーに向かってどんな道を進んでいくのか?

 キャパ2400人を超えるZepp Diver Cityは、やはり広い。スタンディングとしてはさくら学院史上過去最大の大きさの会場だ。創立5周年を迎え、たどり着いた道。その初期からを知る生徒会長の磯野莉音の卒業が、いよいよ間近に近づいてきた。

 少し感傷的な気分になりながら開演を待つ。可憐Girl'sの『MY WINGS』が流れる中、影ナレが始まる。中3の3人の登場に場内は大歓声だ。お台場のフードコートで食べたい物を語り合う3人。「肉と野菜以外」と笑わせる磯野。大賀咲希が「コシの効いたうどんに半熟玉子入れたい」と答えれば、白井沙樹は「アイスが食べたい」と三者三様のメニューだ。3人がまもなくの開演を告げると、場内は拍手に包まれる。BGMがいつものWe Are The In Crowdの『Kiss Me Again』に変わるとフロアは大盛り上がり。18時30分、ステージは定刻通りに開演した。

 暗転した場内、大コールの中チャイムが鳴り響き、下手から生徒たちが入ってくる。中央でこちらに背を向けるのは大賀だ。ピアノのメロディが奏でられ、『School days』の合唱が始まる。さくら学院そのものと言える冒頭の歌詞。このフォーメーションでの合唱も恐らくこれで最後だ。間奏部分で元気よく自己紹介する12人の生徒たち。中3の3人に一際大きな歓声が沸き起こる。

 続いて『Hana*Hana』が元気よくスタート。2014年度までのバージョンから今年度のバージョンまで、可愛らしいラップの掛け合いを担当してきた大賀。集大成とばかりに気持ちを込めてよりキュートにパフォーマンスしてくれた。そしておなじみの『FRIENDS』。中3の3人はさくら学院へ転入してきた時期もバラバラで、打ち解けるのに時間がかかり、最初から仲良しだったわけじゃないけど、最上級生になって絆が深まり、今では歴代の中3で一番仲が良いと思う、と言い切った3人の姿を思い出し、視界が歪むのを感じた。まだ卒業式公演じゃない、と自分に言い聞かせこぼれそうになるモノを必死に堪える。

 MCでは、本日は3連休明けの平日の公演ということで、「お仕事はどうされたんですか?」と尋ねるメンバーに、フロアからは苦笑いが起きる。簡単な自己紹介の後は『FLY AWAY』でライブ再開だ。「ハイッハイッ!」とフロアの父兄たちも一体で盛り上げる。間奏部分のダンス、磯野のパフォーマンスもいつもよりダイナミックで大きく映える。


次ページは、今年度初披露の曲に父兄大盛り上がり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院