ライブレポ

それぞれが選んだ道へ“旅立ちの日” さくら学院2015年度卒業ライブレポート

2016年04月16日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくら学院 『The Road to Graduation 2015 Final ~さくら学院 2015年度 卒業~』ライブレポ@神奈川県民ホール 大ホール 2016.MAR.27


 さくら学院の年度末最後のライブである、『The Road to Graduation 2015 Final ~さくら学院 2015年度 卒業~』が神奈川県横浜市の神奈川県民ホール 大ホールで行われた。中等部3年のメンバーである3人にとっては、これがさくら学院での最後のライブ、そして卒業となる。5日前のライブでそれぞれの進路について語った3人が、最後に見せてくれた熱いステージと思いをレポートする。
 


 東京地方の桜は、週初めの21日、月曜に開花宣言されたがその後寒い日々が続き、日曜になってもまだ三分咲き程度にとどまっている。昨年度の卒業式ではほぼ満開であったことを考えると、少し寂しい花模様である。今年度もこの日がやって来た。さくら学院にとって、そして父兄と呼ばれるファンたちにとって、最も大事な年中行事である卒業式当日。会場前は朝から物販を求めるファンたちの行列で賑わっている。卒業式の父兄たちの雰囲気は独特である。普段はオフィシャルTシャツなどラフな格好で観戦する者が多いが、この日ばかりはスーツや制服に身を包む姿が多く、和服で着飾った女性ファンの姿も目につく。まさしく、本当の卒業式のような空気に包まれるのだ。

 さくら学院にとっての卒業は、他のアイドルのそれとはちょっと意味合いが違う。メンバーは中学3年の3月末をもって必ず卒業する。そしてそれぞれの夢に向かって、各々巣立っていくのだ。そして卒業がわかっているからこそ、メンバーたちは卒業式で完全燃焼できるよう力を蓄え成長していくし、ファンたちも転入してから卒業までの過程を追いかけ、成長していく姿を見守っていくのである。卒業式は、大きく成長したメンバーたちが巣立っていく姿を見届ける、大切な儀式なのだ。

 3階席までビッシリと埋まった会場。ステージセットは3階建てで、1階中央の階段から2階に登れ、2階には中央と左右に3階に上がれる階段がある。3階中央奥には出入口があり、その上部にはスクリーンが。なかなかの豪華なセットである。気になるのはステージ左右に、客席から上がれる階段が設けられていること。何か仕掛けがありそうだ。

 17時1分、始業のチャイムが鳴る。ステージ3階中央に人影が浮かぶ。担任の森ハヤシ先生だ。大歓声の中、「それでは、出席を取ります!」と森先生の凜々しい宣言。『目指せ!スーパーレディー-2015年度-』のイントロが始まる。ノリノリで口上を述べる森先生を蹴飛ばすように、後ろの扉から出てくる4人の生徒たち。残りの8人はどこだ? と見回すと、客席1階の奥から左右に4人ずつ分かれて登場! 父兄たちは大喜びで拍手を送る。生徒たちは興奮状態の1階席に笑顔を振りまきながら、左右の階段を上がってステージへ。ちょっとしたサプライズ登場に会場は早くも大盛り上がりだ。2015年度バージョンのこの歌も聴き納め。生徒たちのパフォーマンスをじっくりと目に焼き付けよう。岡田愛は豊臣秀吉の名言を中3の3人へはなむけに贈る。「障子を開けてみよ。外は広いぞ!」……スーパーレディへ向け無限に広がる世界へと旅立っていく3人にピッタリの言葉だ。麻生真彩は今日も完璧にけん玉をキメた。

 ノンストップで続く曲は『負けるな! 青春ヒザコゾウ』。生徒会長の磯野莉音を先頭に点呼を取る12人。日々成長していく姿を歌った曲ときびきびとした動きに客席からも手拍子が。背比べする生徒たちが眩しく、微笑ましい。MCでは客席のスーツ率の高さを喜ぶ生徒たち。全国の映画館でもライブビューイングされてることを告げて盛り上がる。卒業する実感は「まだ全然ない」という大賀咲希。「完全燃焼したいと思います!」と宣言する中3勢に対し、「在校生も顔笑ろうね!」と負けずに気合いを入れる在校生9人。

 生徒たちも父兄たちも改めて気合いを入れたところで始まった次の曲は『Hello ! IVY』。さくら学院が最初期から歌い継いできた曲の1つだ。間奏部分ではフラッグを振り、観客席は3階まで1本の満開の桜の木のようにさくら色に揺れはためく。そして続は今年度の曲である『マセマティカ!』そして『キラメキの雫(かけら)』。普遍的なさくら学院のイメージのある『Hello ! IVY』と対照的に2015年度のさくら学院の色が濃い2曲が続き、さくら学院が築いてきた歴史を感じる。そして幼かった磯野莉音が、成長して立派に生徒会長を務めるようになった事実が改めて思い起こされ、胸の奥が熱く疼いた。

 生徒たちが舞台袖に下がると、さくら学院2015年度の歩みの映像が始まる。4月の在校生と転入生の顔合わせのフレッシュな映像、ダンスのレッスン風景やレコーディングの模様。フェスやワンマンライブ、公開授業での生き生きとした姿。時系列を追って見ていくと、どのメンバーも経験したことを自信に変えて、少しずつ成長しているのがよくわかる。毎年転入式から卒業式へ向け、成長のドラマが紡がれていくのだなと感じる。

 さて、ここからはお楽しみの時間。部活動ユニットの登場だ。トップバッターは磯野、倉島颯良、岡田の3人からなる科学部 科学究明機構 ロヂカ?:Ver1.2。逆光の照明に照らされ、白衣に身を包んだ3人が姿を現すと場内は大歓声だ。曲は『サイエンスガール▽サイレンスボーイ』。元素記号や数学の公式を散りばめたクールな歌詞とテクノポップ系のサウンドを、知的美少女然とした3人が一見派手ではないが実は複雑でハードなダンスが彩りを添える。他の曲も、そして新曲も見てみたいと思わせるが、磯野は卒業……。今後の動向が気になる。

 次はがらりと雰囲気を変えてパジャマ姿の3人・帰宅部 sleepieceだ。大賀咲希と黒澤美澪奈が、「今日は卒業式だねえ」「真彩は今日くらい起きてるかな?」と登場するが、麻生真彩はまだ布団の中……というコントを繰り広げながら登場。『すいみん不足』のスタートだ。平和でほっこりとした空気が会場を包み、父兄たちはみな笑顔で手拍子を送る。さて、間奏のお楽しみ・本日の買い出し決め連想ゲームのお題は春の花。馬跳びをしながら花の名前を次々挙げていく3人。「ひまわり!」と夏の花を答えた麻生がやはり買い出しに(笑)。

 コンビニの入口風チャイムが鳴って登場したのは購買部。白井沙樹と吉田爽葉香の登場だ。早速紹介するグッズは卒業式記念のグラス。「割れちゃうかもしれないので、3つは買ってください」と、トークもこなれてきた吉田に笑いが飛ぶ。曲はもちろん『ピース de Check!』だ。白井と吉田がコンビ結成して8ヶ月余り。吉田のダンスやトーク力も上がって白井とのバランスもよくなってきたなと感じ始めたところで白井の卒業を迎えるという、切ない展開に。ひとり購買部になってしまう吉田はどうするのか。次のメンバーは吉田の先輩なのか、それとも後輩なのか? 気になるところだ。なお間奏で登場した、サイン入りTシャツを仕込んだバズーカだが、今年は威力が強すぎて全部3階席まで届いてしまうという事態に(笑)。3階席からは大歓声が上がっていた(笑)。

 そして、ゲームミュージック風のサウンドに乗せて登場したのはコックコート風衣装に身を包んだ山出愛子、岡崎百々子、日髙麻鈴の3人・クッキング部 ミニパティ。新曲の『ジャカパラ Goo Goo ♡ オムライス』が始まる。ふわとろの玉子で仕上がったオムライスを思わず想像しそうなキュートな楽曲を歌い踊る3人。ミニパティだけは卒業生がいないということで、来年度も引き続き楽しめそうだという安心感が漂う。


次ページは、中3がこれまでの思い出を語る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院