トピックス

一日限定の“みきちゅ”復活も、ベルハーやゆるめるモ!出演の「エムトピフェス」が開催!

2016年04月23日 21時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 3人組ガールズパフォーマーユニットの「エムトピ」が5月1日に、東京・渋谷のduo MUSIC EXCHANGEにて「エムトピフェス」を開催。彼女たちがリスペクトしているアーティスト13組を集め、まさにお祭り感満載のイベントになりそうだ。

 ホスト役を務めるエムトピは、瑞稀ミキ(元みきちゅ)、ミズタマリ(元いずこねこ、プラニメ)、篠原ゆり(元TAKENOKO▲)の3人が結集して昨年11月に結成。“ライブアイドル界のドリームチーム”とも呼ばれるメンツが揃い、ファン層の厚みや多様性に加え、彼女たちが持つネットワークの広さも注目ポイントの一つとなっている。結成わずか半年あまりで、グループ名を冠したフェスを渋谷duoで開催できるのも、そんな顔の広さゆえ。しかも出演者の顔ぶれが相当イケているのだ。

 BELLRING少女ハートはZepp Tokyoで、そしてゆるめるモ!はZeppダイバーシティ東京でワンマンライブを開催した実績を誇る人気グループ。またデスラビッツは6月に新宿ReNYで、PiiiiiiiNは12月にZeppダイバーシティ東京でのワンマンを控えており、いずれ劣らぬ人気者ばかりだ。他にも渋谷WOMBでワンマンを行なったMaison book girlや、青森の夏フェスでホストグループを務める夏の魔物など、注目のグループがズラリ。これほどの顔ぶれを一気に観られるだけでも、足を運ぶ価値があるのは間違いない。
 

第二弾出演者として発表されたゆるめるモ!

第二弾出演者のPiiiiiiiN

デスラビッツが6月に予定するワンマンライブはなんと2デイズだ。

 その一方でエムトピのファンにとっても今回のフェスは見どころが多い。各メンバーのソロタイムも用意され、アイドル道を突き進む篠原ゆりと、EDMサウンドがクールなミズタマリのステージはファンならずとも必見。そして昨年10月に衝撃の「終焉ライブ」でclub asiaを満員にした“みきちゅ”が一日限定で復活する瑞稀ミキのステージは、ライブアイドル史に刻まれた伝説の再現とあって、早くも大きな注目が集まっている。

 このように三者三様の魅力が結集したエムトピは、グループにとって初となるパッケージ盤CDの『エムトピ道 入門編』を会場限定で用意。今回は500枚の限定発売となる。レコーディングは瑞稀ミキが、ジャケットデザインはミズタマリが担当。そして歌詞カードは篠原ゆりの手書きとなっており、ここでも3人で力を合わせるエムトピらしさが発揮されている。
 

『エムトピ道 入門編』ジャケット。左からミズタマリ、瑞稀ミキ、篠原ゆり。

 そんなエムトピらしさと、彼女たちから熱烈オファーを受けた個性豊かなアーティストが結集するこの「エムトピフェス」。構成や装飾までメンバーが関わるという手作り感をぜひ味わいたいものだ。

【エムトピフェス 概要】

日時 :  2016年5月1日(日)
開場/開演 : 12:30 /  13:00
会場 : 東京・渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
<出演者>
エムトピ / BELLRING少女ハート / Maison book girl / 科楽特奏隊 / 森心言(Alaska Jam) / 二丁ハロ / ライムベリー / littleAct(GOMESS×mikichu*)/ 夏の魔物 / ブラックDPG / ゆるめるモ! / PiiiiiiiN/ デスラビッツ / 瑞稀ミキ / ミズタマリ / 篠原ゆり

チケット : 前売3,500円 / 当日4,000円 ※女性は500円当日キャッシュバック(女性スペース有)

チケットぴあ [Pコード293-524] 
ローソンチケット [Lコード74999] 
e+
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002185313P0030001P0006

【CD『エムトピ道 入門編』概要】

価格 : \1000
01 勇気凛々
02 エムトピレッツゴー
03 前略、ピーラーの前から


■エムトピ公式サイト
http://mtopi.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: みきちゅ  エムトピ