ライブレポ

予想は当たった!?今年は3名が転入! 2016年度さくら学院転入式レポート

2016年05月14日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくら学院『さくら学院 2016年度 ~転入式~』@中野サンプラザホール・ライブレポート 2016.MAY.06


 さくら学院の2016年度最初のライブとなる『さくら学院 2016年度 ~転入式~』が、5月6日に東京・中野サンプラザホールで行われた。気になる転入生は? そして生徒会長は誰が? 当日の模様をレポートする。
 


 2015年度の卒業式から早1ヶ月。ゴールデンウイークも後半、この日がさくら学院にとって、そしてファンである父兄たちにとっては正月である。会場は転入式としては過去最大のキャパシティを持つ中野サンプラザホール。アイドルにとっては聖地と呼ばれる会場の1つである。卒業式もそうだが、毎年行われている転入式の会場の規模が、年々大きくなっていくのは感慨深い。物販に並ぶファンの列の長さにもそれは感じられる。3連休明けの平日であるせいなのか、仕事を途中で抜け出して駆けつけたと思しきスーツ姿のファンも多い。

 2015年度で卒業したメンバーは3人。恐らく転入生も数も同じ3名になるだろう。彼女たちにとってお披露目ライブになる転入式、会場で見守るファンの数は約2千名。それだけの人数の中でライブができる彼女たちは幸せだなと感じる反面、そのプレッシャーの大きさはいかばかりのものなのだろうか、と考えてしまう。緊張でガチガチになるかも知れない初ライブから、やがてはスーパーレディーに向かって羽ばたいていく成長の物語がここから始まる。

 小雨で肌寒さを感じる中、会場に入る。伝統ある会場の独特な雰囲気。生徒たちの成長と同様、さくら学院自体も開校からおよそ6年の年月を経て大きく成長してきたのだと感じる。ステージ後方には段が設けられ、中央の段を上るとさらに左右に段がある。通常のフラットなステージと比較するとかなり豪華だ。中央上部にはスクリーンも設置されている。

 18時16分場内が暗転し、ステージ下手から9名の在校生が入ってくる。始業のチャイムに続いて、オクラホマミキサーの軽快なメロディ。2016年度、最初の曲は『ベリシュビッッ』だ。手拍子、かけ声と盛り上がる客席。いよいよ今年度がスタートしたという高揚感が身を包む。9人という普段は見ることのできない人数でのフォーメーションもレアで目が離せない。さらに、2015年度の卒業式を経て、仕上がりまくった9人でのステージ。歌・ダンスのパフォーマンスのレベルも高い。9人のステージは立ち位置・歌のパートなど、中等部3年になった倉島颯良が中心になっていることもわかる。今年度の役職はまだ発表前ではあるが、倉島のパフォーマンスを見ていると、中心となって2016年度を引っ張っていくんだという覚悟がひしひしと伝わってくる。

 拍手と大歓声の中、続いて『チャイム』がスタート。年度始まりのライブにはやはり初期の定番となった曲が似合う。授業の後の放課後、どんな楽しみが待っているかを歌った同曲は、2016年度の始まりにワクワクしている父兄たちの気持ちにピタリと重なる。そして3曲目は『オトメゴコロ。』だ。ここのところ毎年転入式で在校生のみのバージョンとして披露されている同曲。さくら学院に転入し、少なくとも1年が経過して進級も経験した在校生たちだから表現できる、ちょっと大人っぽい恋の歌。在校生では在籍期間最長となった中等部2年の山出愛子の感情を込めた歌も、在籍2年目に入ったばかりだが、最上級生となってさくら学院を引っ張っていく立場となった黒澤美澪奈のダンスも目を見張る仕上がりだ。

 大きな拍手の中、MCが始まる。今年度の最初の自己紹介。それぞれ1学年進級した在校生たちの笑顔と声をじっくりと楽しむ。今回のお題は、好きな色。それぞれシンプルな色の名前を挙げていく中、中等部2年に進級した岡崎百々子は「パステルカラーの紫」と応えて、「おお!」とどよめきの反応をもらい、「MSR、せーの、メグ知ってる!知ってる!」とただひとりキャッチフレーズつきの自己紹介をした、同じく中等部2年の岡田愛は「好きな色はメグにぴったしのピンクです♪」と可愛くキメて歓声をもらった。今年はぶりっ子キャラに徹するのだろうか(笑)。

 トークでは、前回のライブである卒業式から1ヶ月以上ぶりとなる久々のステージを山出が喜ぶ。2015年度の中3であった3人が卒業し、それぞれ1学年上がり、昨年度の転入生6名も、初めて転入生を迎える立場となった。この1ヶ月あまりで、それぞれが心なしか少しお姉さんになって頼りがいが出てきたように感じる。

 ライブ再開。ここからは実にさくら学院らしい、「賢くなれるシリーズ」の楽曲が続く。花言葉や花の特徴が学べる『Hana*Hana』では、今年も山出と藤平華乃がラップ部分を歌う。英熟語が続々出てくる『Song for smiling』では、日髙麻鈴の流ちょうな発音が耳に心地よい。さらにこれも初期の曲である『Hello! IVY』では、実に彼女たちらしい爽やかで清楚な学校生活のスタイルが歌われている。客席の父兄たちが手にしたさくら色のフラッグが、生徒たちのかけ声にあわせ、楽しげに揺れる。

 ここで部活動ユニット登場時のSEが流れ、手拍子をする父兄たち。コンビニのチャイムが流れ、どよめく父兄たちの前に現れたのは吉田爽葉香ひとり。「ひとり購買部です!」と挨拶する吉田に拍手と笑いが起きる。「しーちゃん(卒業生の白井沙樹)が卒業してひとりになっちゃったけど顔笑ります! 部員は募集中です!」とひとりで展開させるトークはなかなかの出来だ。新アイテムのTシャツやステッカー、くつ下の特徴を一生懸命説明し、たくさん買わせようとする、しかし売り切れという購買部伝統(?)のトークで客席をほっこりさせる。途中台詞を噛む場面もあったが、ひとりでやりきった吉田に温かい拍手がわき起こった。


次ページは、2016年度新制服をサプライズお披露目!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院