連載/特集

BELLRING少女ハート『すなっちゃん・なっぽー』はバカと天才の紙一重的1曲!?マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

2016年05月30日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 こんにちは、マーティ・フリードマンです! 今回の『鋼鉄★推薦盤』は2012年のデビュー時からアイドル通を唸らせ続けている“BELLRING少女ハート”を取り上げます。この連載では初登場。しかもこれ、とんでもないです……。

BELLRING少女ハート『BEYOND』

#78_BELLRING少女ハート『すなっちゃん・なっぽー』

 BELLRING少女ハート(以下、ベルハー)は、セーラー服にカラスみたいな羽を付けている謎のアイドルユニットで、音楽通のアイドルファンの間では一時期、かなり話題になっていましたね。そんな彼女たちが、この2月に3rdアルバム『BEYOND』をリリースしたんですが、ボク的にはしばらくノーチェックだったんです。
 
 で、この連載のスタッフから、アルバムの収録曲『すなっちゃん・なっぽー』を聴いて、大きな衝撃を受けました。
 
「な、なんだこれは?」と。
 
 もう歌がめちゃくちゃ下手なんですよ。でも単なるヘタウマじゃない。下手に歌ってできる下手さじゃない。真剣な下手なんです。これは完全に意図的な歌唱法ですよ。
 
 しかもサウンドが強烈! UKっぽいフェスで人気が出そうなギターロックではじまったかと思いきや、Bメロではタブラが響くインド風メロディが登場。そして途中から4ビートのフリーフォームなジャズ・ピアノが流れだすんです。おまけにそのジャズっぽいピアノが途中から、J-POPのピアノバラード風に変化。そして再び上記のギターロック風に帰結。ついでに言うとエンディングはメンバーが咳き込む声で終わります……。
 
 これだけの要素が1曲の中に打ち込まれているという、この現実。しかもそれが抽象的にかつ、絶妙なアンバランス感を持って融合しているというこの現実。まるでUFOを観たときのような驚きと違和感がありますね。もう、これはバカか天才か、どちらかの仕業としか思えません!
 
 これを作っている人とはぜひ飲みに行って、いろいろ話してみたいです。あ、でもボク、お酒が弱いので烏龍茶になっちゃいますが……。
 
(構成/尾谷幸憲 協力/佐々木翔)

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。

新番組『アイドルお宝くじ』にナレーション出演中
<O.A.情報>
テレビ朝日/毎週金曜日 26:50~
BS朝日/毎週土曜日 26:30~
CSテレ朝チャンネル1/11月7日スタート・毎週金曜日 24:00~

【公式HP】http://www.martyfan.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

連載/特集の関連ニュース