連載/特集

日本の歌謡史をなぞるカントリーガールズのいい仕事。『ブギウギLOVE』『ランラルン』マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

2016年06月03日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 今回の『マーティ・フリードマン 鋼鉄★推薦盤』はこの春リリースされたカントリー・ガールズの3rdシングル『ブギウギLOVE/恋はマグネット/ランラルン~あなたに夢中~』を解説します。このシングルは味わい深いよ~。

カントリー・ガールズ『ブギウギLOVE/恋はマグネット/ランラルン~あなたに夢中~』

#79_カントリー・ガールズ『ブギウギLOVE/恋はマグネット/ランラルン~あなたに夢中~』

 というわけで、今回はカントリー・ガールズの目下の最新シングル『ブギウギLOVE/恋はマグネット/ランラルン~あなたに夢中~』を取り上げたいと思うんですが、このシングルは本当に傑作! ボクのツボ直球ど真ん中の楽曲が詰まっていてビックリしました!
 
 中でも驚いたのが、『ランラルン~あなたに夢中~』。実はこの曲、ボクが大好きなオールディーズ曲『I've Told Every Little Star』の和訳カバーだったんです! この曲はアメリカの偉大な作曲家ジェローム・カーンが1931年のミュージカル『Music In The Air』のために作った曲。30年後の1961年には女性オールディーズシンガーのリンダ・スコットがカバーし、大ヒットしていますね。今回のカントリーガールズは、そのバージョンを元にこのバージョンを作ったみたいだね。そういえば日本では戦後から1960年代にかけて、洋楽の和訳カバーが流行したよね? その頃を思い出させますね~。
 
 そして『ブギウギLOVE』はタイトルのとおり、“ブギ”というダンスミュージックのスタイルが使われている。ブギといえば日本だと戦後の復興期に笠置シヅ子さんが歌った『買い物ブギー』、笠置さんと美空ひばりさんが歌った『東京ブギウギ』が有名です。
 
 そして『恋はマグネット』もつんく♂さんマナーの歌謡曲メロディが光っている……。
 
 つまり、このシングルってすべて戦後~昭和の時代のセンスが入った楽曲でしめられているんです。以前も書いたけど、ハロプロってレトロ路線に走るときがあって、このシングルはその典型だと思うよ。ただ最新のトレンドを追うのではなく、日本のポップミュージックの歴史をリスペクトしながら、新しいサウンドを作り出しているその姿勢、感服します!
 
 
(構成/尾谷幸憲 協力/佐々木翔)

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。

新番組『アイドルお宝くじ』にナレーション出演中
<O.A.情報>
テレビ朝日/毎週金曜日 26:50~
BS朝日/毎週土曜日 26:30~
CSテレ朝チャンネル1/11月7日スタート・毎週金曜日 24:00~

【公式HP】http://www.martyfan.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

連載/特集の関連ニュース