ライブレポ

大阪☆春夏秋冬「里奈卒業ライブ」詳報 最後の7人編成を目に焼き付けよ!

2016年12月23日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 来年1月31日発売のニューシングル『New Me』のリリースイベントを重ねている大阪☆春夏秋冬(略称:しゅかしゅん)。そんな彼女たちにとって今年は大きな変化を迫られた1年となった。メンバー7人中の5人が1997年度生まれの同級生で、3月に高校を卒業したからである。

 そのなかでも最大の変化に直面したのがRINA(宮浦里奈)だった。病院で看護助手を務めていたが、その働きぶりが認められ、看護学校の授業料免除を受けられることになったのである。ここで大きな決断を迫られた里奈は、アイドルを辞めて進学することを決意。事務所やメンバーも里奈の意思を尊重し、10月31日の生誕祭ライブをもってしゅかしゅんを卒業する運びとなった。

 いまや里奈の卒業から2カ月近くが経ち、6人編成でのライブを重ねることでファンの間にも新体制が浸透しつつあるしゅかしゅん。ここでは彼女たちにとって7人で臨む最後のライブとなった、里奈の生誕祭&卒業ライブを詳報する。
 

10月31日のライブで大阪☆春夏秋冬を卒業した里奈。

■活動初期のカバー曲で盛り上がった里奈生誕祭

「みなさん、ハッピーハロウィン!」

 そんな楽しげな台詞で始まった里奈の生誕祭ライブ。その直後の卒業ライブで里奈が旅立ってしまうことを知りつつも、いまこの瞬間は推しのアイドルを精一杯応援しようという空気が大阪・HOLIDAY OSAKAに充満していた。
 

ステージを独り占めして歌う里奈。背後に見えているピンク色のボードには「GRADUATION LIVE」と書かれていた。

M01.101年後(hinaco)

 広いステージを一人だけで独占できるのが生誕祭の魅力だ。そこで里奈が選んだのは、かつてオリジナル曲を持たなかった初期の大阪☆春夏秋冬が歌っていたカバー曲。客席の古参ファンからは「キター!」という叫び声も聞こえてきた。

里奈 この曲は、もともと大阪☆春夏秋冬が歌わせていただいていた曲です。次は里奈が初めてソロで歌った曲です。

M02.アイのうた(ふくい舞)

 こちらは里奈がソロで初めて歌った曲。まるで自分の歴史をさかのぼるかのような選曲には、彼女がこのライブに込めた思いが感じられる。
 

生誕ライブらしくケーキが登場。この後きっちり吹き消してみせた。

 ここで里奈が「ゲストを呼びたいと思います。みんなー!」と呼びかけると、鐘の音とともにケーキと花束を手にしたメンバーたちが登場。歌うのはもちろん『Happy Birthday』だ。ここで里奈がろうそくの炎を吹き消すと、メンバーの気持ちが詰まった色紙をプレゼント。そして「もうひとつ用意しているものがあります」といって取り出してきたのは、懐かしの黄色い衣装だった。

 この衣装は4年前の結成直後に着ていた懐かしの一品。「入るかどうか心配やったもんな」(恵園)とは言いつつ、全員が無理なく着こなしていたのはさすがだろう。2014年加入の瑠奈にとっては「最初で最後の衣装ですね」とのことだ。ちなみに黄色衣装当時を知るファンは会場にも5人ほどのみ。裏を返せばこの2年程で次々とファンを獲得してきたという証拠でもあろう。

 ここで恵園が、本日の主役である里奈について紹介。「すごい口数少ないんですけど、めちゃめちゃ面白い子なんですよ。最初の『ハッピーハロウィン!』のくだりも80回くらい練習してたんですよ(会場笑)」と盛り上げる。そして3曲目は、この衣装当時にカバーしてきた曲を7人で熱唱だ。
 

懐かしの、そしてほとんどのファンにとっては初見となる黄色衣装を身に着けた里奈。今後、この衣装が封印されてしまうなら残念かも。

M03.ハルウタ(いきものがかり)

 曲が始まった瞬間、一部のファンがおたけびをあげ、しゅかしゅんでは珍しいMIXも発生。活動開始当初のしゅかしゅんはこんな感じだったのかと、新鮮に感じるファンも多かったことだろう。

 この3曲にて生誕ライブは終了。いよいよここからは、里奈にとってのラストライブとなる卒業ライブの始まりである。5分間の休憩をはさみ、再びステージに現れた7人は、おなじみの黒ワンピースに衣装チェンジ。舞奈が「みんな、ラスト7人ですよ!」と叫び、現在進行形のしゅかしゅんを、そして今日をもって過去形となる7人編成のライブがスタートした。
 

控えめな性格の里奈もこの日ばかりは主役として、ステージ前端の台に登り、ファンからの声援に応えてみせた。

「今日の主役は里奈だよ!」と言わんばかりに、他のメンバーは盛り上げ役に徹していた。

【里奈卒業ライブ 第一部】

M01.We Will Rock You
M02.BABY CRAZY
M03.戸惑い

これまでほとんど見せたことのないようなカメラアピールの笑顔を見せてくれた里奈(右)。

『BABY CRAZY』のラインダンスで7人が並ぶ姿を観るのもこれが最後だ。

『BABY CRAZY』でサビ前のブレイクで見せるダッシュが、この日ばかりは看護士という未来に向けてジャンプする姿に見えた。

『戸惑い』では里奈がソロダンスを披露する場面も。

 卒業ライブは最近のしゅかしゅんの例に漏れず、ほとんどMCを入れずに進行。その中でわずかばかりにはさまれたコメントは、「さっきまで一緒にいたのに、また会いたくなる存在が里奈なんです。そんな里奈に送ります」というもの。そんな紹介とともに『Last Day』が静かに幕を開けた。

M04.Last Day
M05.What you gonna do
M06.プラズマ―

 

白い傘を使ったパフォーマンスが印象的な『Last Day』。フィニッシュ時に里奈が見せた表情に、終わり(Last Day)が迫っていることへの覚悟が表われていた。

『What you gonna do』では恵園とギリギリまで顔を近づけるシーンも。こんなムーブにもこれまでとは違う意味を感じてしまう。

タオル曲の『プラズマ―』でも里奈は先陣を切ってファンをあおる!

 もはやタオルソングの似合う季節ではなくなっているが、今日のHOLIDAY OSAKAは熱気の度合いがカタヤブリに違う。熱くヒートアップした会場に白いしゅかしゅんライブが乱舞し、ここだけは真夏のアイドルフェス並みの熱狂に包まれていた。

<卒業ライブ後半、そして感動のメッセージへ>
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 大阪☆春夏秋冬