イベント

『ももクロ×プロレス』発売記念イベントで飯伏幸太選手と小島和宏記者が高田馬場で再激突!

2017年04月05日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 人気プロレスラーの飯伏幸太が、アイドルの記事や著作でもおなじみの小島和宏記者と激突するトークバトルが、4月15日(土)、芳林堂書店高田馬場店8階イベントスペースにて開催される。
 
 これは小島記者の著書『ももクロ×プロレス』(ワニブックス・刊)の発売記念イベントで(飯伏幸太は同書の中で佐々木彩夏と対談をおこなっている)、この日の昼間には神保町でも開催されるのだが、そちらの整理券がアッという間にソールドアウトとなったため、急きょ、会場を変えての“追撃戦”が決定した。
 
 イベントの目玉は昨年の『ももいろクリスマス2016』の開演前、ライブ会場に隣接する「てまきパーク」で行なわれた飯伏幸太vs伊橋剛太のスペシャルシングルマッチの特別上映会。定点カメラによる映像なので、一部、見えにくいところがあるとのことだが、飯伏幸太が「絶対にそんなところから飛んだらダメ!」というスーパーダイブの映像は、慌てふためく関係者の姿までしっかりと映っている模様。飯伏選手も「手応えありまくり」と自認する幻の名勝負を、本人の解説つきで観られるという贅沢なチャンスだ。
 
 またイベントにはスペシャルゲストとしてXも参戦(ただし、アイドルではない、との但し書きつき)。イベントに参加するには、4月5日から芳林堂書店高田馬場店3階でイベント参加券の対象となる『ももクロ×プロレス』を購入すること。1冊購入で当日、飯伏選手から手渡し。2冊購入すると、どちらか1冊に飯伏選手のサインが入り、さらに昨年の幕張メッセで限定発売された『闘魂Ver』のアナザーカバーも手に入れることができるとのこと。アナザーカバーは予備で作っておいた分を特別に放出するもので、これが入手できるラストチャンス。数に限りがあるので、購入はお早めに!
 
 詳しくは芳林堂書店のHP(https://www.horindo.co.jp/20170404-3/)をチェック。
 
 なお、小島記者の次回作『ももクロ独創録』は徳間書店より、6月に発売予定。昨年夏の『桃神祭』から、4月8日、9日に開催される『ももクロ春の一大事2017』までを丹念に取材した渾身のライブレポート集で、この本のために録りおろされたメンバーへのスペシャルインタビューも2本掲載される。
 

昨年の幕張メッセで販売された『幻の表紙』を入手できるラストチャンス。神保町ですぐに完売してしまったため、購入希望者は早めに動くべし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加