イベント

TIFで最多稼働の大阪☆春夏秋冬が新衣装と新曲、そして重大発表で魅せた!

2017年08月09日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 8月4~6日にのべ8万1378人を動員した『TOKYO IDOL FESTIVAL 2017』。233組ものアイドルが出演したなかで最も多忙だったと噂されるのが、3年連続の出場となった大阪☆春夏秋冬(しゅかしゅん)だ。その稼働数はコラボやソロでの出演も含めると3日間で21回に及び、文字通り腰を落ち着ける暇もないほどだった。

 そのしゅかしゅんは今回のTIFに合わせて新衣装と新曲を用意し、満を持して3日目に公開したのである。本稿ではその衣装と曲を中心に、しゅかしゅん怒涛のTIF3日間を追ってみたい。
 

新衣装で決めた大阪☆春夏秋冬。左からYUNA、RUNA、EON、MAINA、ANNA、MANA。最年少のRUNAはTIF初日がちょうど17歳の誕生日だった。

■注目の新衣装はパレオと“小判”がポイント!?

 3日目のHOT STAGEでお披露目された新衣装は、紺色のアッパーと緋色のスカートが組み合わさったセパレート型。肩口の付け袖に見える部分は当て布となっており、腕の動きを妨げないように配慮されている。また全員お揃いのデザインに見えつつ、襟元や胸元にはメンバーごとにオリジナルの装飾が施されている点も見逃せない。

 そして特徴的なのは腰から垂れるパレオのような布地だ。和風っぽい柄の生地は振袖のようにも見え、シンプルなセパレート衣装に華やかな彩りを加えている。さらに腰回りには金属製のアクセサリーが施され、この“小判”が動きと共にシャリシャリと鳴るのが可愛らしいのである。
 

EONが衣装の近影を紹介。パレオが腰の両端から伸びていることが分かる。

 このパレオを存分に活かしたのが、そのHOT STAGEにて初披露された新曲の『Travelin' Travelin'』だ。

 ポップな曲調に乗せて「トラベル」を表現するシーンでは、パレオが風に翻る様子を表現。軽い生地を大きく羽のように広げる振り付けは、まるで助走から飛び立つ姿を表わしているかのようだ。
 

新曲の『Travelin' Travelin'』ではパレオを翻すムーブを披露。この曲のテーマである疾走感を存分に表現してくれた。

 そのしゅかしゅんではお揃いのワンピース衣装がおなじみだったことを覚えている人も多いだろう。それが今夏からはオリジナルの衣装を導入。7月8日~9日の『アイドル横丁夏まつり!!~2017~』にて白ベースの夏衣装を解禁し、今回のTIF2017でも1日目と2日目にはこの衣装でステージを務めることが多かった。

 これらの新衣装はいずれも同じスタイリストの手によるもの。お披露目後もメンバーの要望に合わせて微調整が加えられ、さらに踊りやすく改良され続けているのがいかにもしゅかしゅん流と言えるだろうか。今後も新衣装を活かした振付や、衣装のマイナーチェンジに期待したいところだ。
 

「アイドル横丁夏まつり」から導入された白衣装は暑い夏のステージによく映える。

 そんな新衣装と新曲が披露された3日目のHOT STAGEではもう一つ、「重大発表」の存在も明かされた。残念ながら今回のTIFではその内容が明かされることはなかったものの、「期待していてください」と語るMAINAの口ぶりからはポジティブな内容だと受け止めて間違いなさそうだ。
 

今回のTIFで最も暑くなった3日目の正午前後に、文字通りホットになったHOT STAGEでパフォーマンス。MAINAが「重大発表があります」と口にした時にはどよめきが場を覆っていた。

■数々のステージに出演し、2年間の成長を実感

 そのしゅかしゅんはTIF2015で見つかり、この2年間でアイドル界での番付を瞬く間に駆け上っていった。今回のTIFでも2日目には『この指と~まれ! スペシャルステージ』に抜てきされ。しゅかしゅんを「大阪さん」と呼び親しんでいるHKT48の指原莉乃と共演を果たした。その指原はTIFの期間中に、しゅかしゅんメンバーのツイッターアカウントをフォローしたという。
 

『この指と~まれ! スペシャルステージ』として開催された"Tシャツステージ"ではHKT48、そしてsora tob sakanaと競演。朝のラジオ体操も担当した。

プレゼントのTシャツを空高く放り投げたYUNA。その高い弾道にはMANA(左)もびっくりだ。

 またフジテレビとNTTドコモによる新コンテンツ「JidorAR(ジドラ―)」の体験ステージでは、まねきケチャとsora tob sakanaに並んで3組だけの出演者に選ばれ、フジさんのヨコで開催された「5Gステージ」に登場。ファンが事前に取りこんだ自分の3Dデータを専用アプリで読み込み、スマホのカメラをステージに向けると、自分のアバターがしゅかしゅんと共演できるという仕組みが好評だった。
 

「JidorAR(ジドラ―)」の体験ステージはフジさんのヨコで開催。今回の全ステージを通して最もファンと演者の距離が近い、熱いステージでもあった。

右端の赤いシャツがファンのアバター。しゅかしゅんと一緒に『Let you fly』をパフォーマンスだ!

 さらに全16アイドルによる「TIFカフェコラボアイス」にも選ばれ、その名も『大阪さん』アイスを提供。ほかにもサマージャンボリー(1日目)でのコラボステージや、ラジオ体操(3日目)にも駆り出され。まさに八面六臂の活躍を見せたのである。
 

3日目に「大阪さん」アイスの手渡し会を実施。なかには10杯近くもお代わりを続けた猛者もいたようだ。

そんなアイスお渡し会の現場に現われたヲタ、ではなくトレンディエンジェルのたかし。プライベートでTIFを訪れ、普通にアイスを購入してくれたのだ。

 ほかにもSKY STAGEでは1日目のトリに選ばれ、アダルティなステージを展開。この日が誕生日のRUNAに向けてファンがお手製の巨大バナーを掲げ、RUNAが思わず涙を見せるシーンもあった。同じ1日目には急きょ、INFO CENTERで開催中の「スナックうめこ」にも出演。楽屋に腰を据える間もなく動き回り、さらにMAINAは「NATASHA」としてのステージもこなしたのだから恐るべきである。
 

夜のSKY STAGEで披露した『SHINE』。冒頭には飛行機が飛んでいく音効が入るのだが、そのタイミングで羽田空港から離陸した飛行機が目の前を飛んでいくという奇跡のコラボも。

ファンによる誕生日祝いのバナーを見て、思わず顔をふさぐRUNA。だがこの後になぜか、隣のEONまでもがもらい泣きで号泣していた。

「スナックうめこ」では、AbemaTVで共演した元アイドリング!!!の朝日奈央との再会を喜ぶ場面も。司会進行を務める酒井瞳とのやり取りでも大阪らしい軽妙なトークを繰り広げていた。

 その中でも最もエモーショナルなステージとなったのが、2日目のHEAT GARAGEで見せたライブだった。トリ前という大事なポジションで出演したしゅかしゅんは、わずか20分間の出番ながら、全4曲を渾身のパフォーマンス。ラストに繰り出したキラーチューンの『Let you fly』では、Zeppダイバーシティを埋め尽くした観客全員がヘドバンで客席全体を波立たせたのである。

 そんな熱い観客たちに呼応し、ボーカルのMAINAも思わず「これはお前たちの歌だ~!」と絶叫。ステージ後にはメンバーが口々に「ヤバい!」と興奮し、「これがワンマンだったら」との願望も口にしていた。その願いが叶うのも決して遠いことではない。この日のステージを体感した観客たちはそう実感できたのではないだろうか。
 

とにかく気合の入りまくっていたHEAT GARAGEでのステージ。この縦横無尽なムーブは、2年前にTIFで見つかったときのしゅかしゅんを思い起こさせた。

Zeppダイバーシティの客席に大きな波がうねった! 客席エリアの最後方まで一斉にヘドバンで波打つ光景は鳥肌が立つほどの興奮を感じさせた。

『Let you fly』で観客にハンドクラップを要求する場面では、ファンの頭上に美しい幾何学模様が出現。こんなシーンも一つの奇跡と言っていいのかもしれない。

 そしてTIF2017の最後を飾るグランドフィナーレでは、数十組のアイドルが参加するなか、しゅかしゅんには最前列という立ち位置が与えられた。前回は後列に控えていた彼女たちが、この1年で見事に自らのステータスを上げてみせたのである。

 アイドルのタイムカレンダーにおいては、TIFからTIFへの1年間でどれだけ成長できるかが重要な指標となる。その意味で今回のしゅかしゅんは、自他ともに認める成長ぶりを見せつけたと言っても良さそうだ。
 

アップアップガールズ(仮)や9nineらと並んで最前列に陣取った大阪☆春夏秋冬。司会の濱口優やクロちゃんからコメントを求められることも多く、存在感を見せつけていた。

大阪☆春夏秋冬としてはTIF2017のラストステージとなったDREAM STAGEでのライブ。冒頭では『Let you fly』のアカペラを披露し、道行く一般客も数多く足を止めていた。

 そのしゅかしゅんは今後、OTODAMAや@JAM EXPOといった大イベントを控えている。注目の重大発表はどの段階で明かされるのか、そしてその内容はどれほどまでにファンの度肝を抜いてくれるのか。この夏はまだまだ、大阪☆春夏秋冬から目を離すことができないようだ。

(取材/カゲ)

【大阪☆春夏秋冬 おもなライブ予定】

8月14日(月)
RUNA 17 Birthday LIVE in OSAKA
ライブハウス KIRUNA

8月18日(金)
OTODAMA×@JAM SPECIAL COLLABORATION LIVE 2017
OTODAMA SEA STUDIO

8月19日(土)
たかしソニック2017 SUMMER
よしもと幕張イオンモール劇場

8月26日(土)~27日(日)
@JAM EXPO 2017
横浜アリーナ


■大阪☆春夏秋冬 オフィシャルサイト
http://syukasyun.com/

■大阪☆春夏秋冬 オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/manyo-syaonyan/

■大阪☆春夏秋冬 モバイルファンクラブ
http://sp.syukasyun.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 大阪☆春夏秋冬