ライブレポ

伊藤祐奈がアイドルに復帰!?TOY SMILEYのプロデューサー権限で生誕イベントをわがまま開催!

2017年08月16日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2年前にアイドルを引退した元アイドリング!!!の伊藤祐奈が、まさかのアイドル復帰? 8月13日に催された一夜限りのわがままステージで、現役時代と変わらぬキュートさを発揮した。
 

ぶりぶりのアイドル衣装を見事に着こなし、笑顔いっぱいのステージを見せた伊藤祐奈。

 その伊藤が登場したのは、自らがプロデュースするアイドルグループ『TOY SMILEY』(トイスマイリー)の単独イベントだ。トイスマはまだ結成4カ月ながら、原宿ストロボカフェにて不定期開催する単独イベントでは毎回、満員のファンを集客。この日は1部にメンバー・芦田まほの生誕祭、そして2部は「伊藤P 生誕わがままコレクション」と題して、ファン待望のステージを展開した。

 教え子のトイスマを差しおいて主役の座を奪った伊藤はホワイトを基調にした衣装で登場。伊藤自身のデザインによる衣装はトイスマがデビュー初期から着用していたもので、今回は黒のベルトをアレンジしたほか、ヘッドアクセには花輪をチョイス。古参ファンならこの花輪が、2015年のアイドリング!!!卒業ライブで身につけていたものであることに気づいたことだろう。
 

愛弟子のTOY SMILEYを従えたプロデューサーの伊藤。左から乙幡さな、辻ゆうか、末永かのん、伊藤P、芦田まほ、松川りな、喜多見ことか、新倉あみ(Photo: Issey Nakanishi)

ピースサインを出すも、表情には若干の照れが?(Photo: Issey Nakanishi)

 それに対してメンバーたちは、この日が初披露となった新衣装で登場。7月23日の単独イベントで決定したメンバーカラーを反映したもので、虹のような7色が目にまぶしい。そのメンバーカラーには白が含まれていないことから、伊藤のホワイト衣装がまるで8人目のメンバーのように見える効果を惹き出していた。

 ステージでは伊藤を加えた8人で、トイスマのデビュー曲『未知なる☆STORY』をパフォーマンス。本来なら7人で踊るフォーメーションを、この日のために8人用に急きょアレンジしたものだ。急ごしらえゆえリハーサルではメンバー同士がぶつかる場面もあったが、本番までのわずかな時間で調整し、対応力の高さも示す形となった。
 

伊藤がセンターを務めるフォーメーションなど、この日だけの振付をしっかりと作りこんできた(Photo: Issey Nakanishi)

 ここからは懐かしのカバー曲を3曲続けて披露。センターとしてかつてと変わらぬ大作戦を展開したかと思えば、ハッピーゴーラッキーな幸福感で観客を包み込み、最後はいつも笑顔でNG無しのステージを決めてみせた。その姿は現役当時と変わらない華麗さを保ちつつ、時おり見せる艶やかな視線には、22歳を迎える年齢にふさわしい成長を感じさせた。

 そんな懐メロを体で覚えていた伊藤もすごいが、元曲を知らないメンバーすらいるトイスマたちがまるで自分たちのオリジナル曲かのように踊り、生歌で歌いこなしていたのは驚きの光景だった。そんな愛弟子たちを意気に感じたのか、ファンも2年ぶりに聴いた懐かしの曲にすかさず反応。伊藤の現役当時と変わらぬコールを送っていたのはさすがである。
 

まるで最初から8人編成だったかのように自然なフォーメーションを展開していた。

激しい動きのなか、しっかりとカメラ目線を決める伊藤プロ。そんなプロデューサーと同じタイミングでカメラにレスを送る辻ゆうか(右)も天性のアイドルなのだろう。

 ここでトイスマたちは袖に引っ込み、単独イベントではおなじみのソロ曲披露に。だが伊藤もさすがにソロでは勝手が違うのか、歌い出しの前には今一つ自信がない様子だ。しかも曲の構成上、観客に「この曲は1人では歌えない」とコーラスのヘルプを頼む場面もあった。

 ここで伊藤に助け舟を出したのが、完全プライベートで会場を訪れていた某女優。言わずと知れた伊藤の盟友である。まさかの23&25のコンビにファンも驚きの声をあげつつ、25のリードにより、伊藤が歌う主旋律に続くコーラスもばっちり成功。嬉しいハプニングにファンも大満足だったことだろう。

 ここでトイスマのメンバーたちがステージに戻り、伊藤に誕生日(8月15日)を祝う花束を贈呈。ここでメンバーの新倉あみ(あみた)が感動のあまり落涙する場面もあった。そのあみたは小3だった2012年に、アイドリング!!!のリリースイベント会場にて開催された女子小中学生向けの「アイドル体験会」に参加していたのである。
 

伊藤Pにはトイスマから花束と寄せ書きをプレゼント。その光景に9歳から伊藤のファンだったあみたが涙を見せた。

 そんなほんわかした光景の後には、伊藤を含めた8人でトイスマのオリジナル曲『I×愛×Yeah!!』、そして『大好き!』を続けて披露。その様子は伊藤から愛する教え子たちにアイドル魂を伝承する儀式のようにさえ感じられた。

 この日のステージを通じてメンバーたちは、アイドルとしてひとつ階段を上ることができたのではないだろうか。
 

第1部の「まほたん生誕祭」で7人揃っての激しいパフォーマンスを決めるトイスマ。これで初ステージからまだ4カ月未満なのだ。

生誕祭の主役、まほたんを中心に記念撮影。シンデレラのような真っ赤な衣装が似合うまほたんには、客席からは「本当に15歳なの!?」と驚きの声も飛んでいた(Photo: Issey Nakanishi)

 そんな彼女たちには単独イベント翌日の8月14日に吉報が届けられた。トイスマは「@JAM EXPO」(8月26~27日)のウェルカムアクト権を獲得していたが、同日に発表されたタイムテーブルにて、同EXPOで2番目の規模となる「ブルーベリーステージ」に出演することが判明したもの。初のアイドル夏フェス参戦で重要なステージの幕開けを任されたことは、トイスマにとって大きなステップとなることは間違いないだろう。

 しかも単独イベントの第1部では、待望のデビューCDを10月31日にリリースすることも発表。先月末にはメンバーの個人ツイッターも開設されるなど、着実にその歩みを進めつつあるトイスマイリーから今後も目を離せそうにないようだ。

(取材:カゲ/撮影:小林秀達)

第1部のラストに「重大発表」としてデビューCDのリリースを発表。この画像では伝わりにくいが、メンバーたちの狂喜乱舞ぶりは相当なものだった。

【TOY SMILEY 主なライブ予定】
8月20日(日)
「第8回熱闘アイドル甲子園inサマーフェスティバル」
Club asia / 渋谷Glad / NEO / VUENOS / TSUTAYA O-Nest / TSUTAYA O-Crest

8月21日(月)
「しぶはら学園祭2017~夏の陣~」
渋谷O-EAST&duo MUSIC EXCHANGE

8月26~27日
「@JAM EXPO 2017」※TOY SMILEYの出演は27日のみ
横浜アリーナ

9月3日(日)
「東京アイドル劇場」
品川 J-SQUARE

9月10日(日)
「アイドル甲子園 SUMMER FESTIVAL2017」
新木場Studio Coast

■TOY SMILEY公式サイト
http://www.toysmiley.jp/

■TOY SMILEY公式ツイッター
@TOY_SMILEY
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: TOY SMILEY  伊藤祐奈