トピックス

AKB48大島優子、卒業したらゲレンデでバイトしたい!?

2014年01月25日 22時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 AKB48の大島優子と高橋みなみ、渡辺麻友、小嶋陽菜の4人が1月25日、都内で行われたアルバイト求人情報サイト「バイトル」の新CM発表会に出席した。1月27日から放送される同CMでは、大島、高橋、小嶋の3人が「決めた! 私、卒業する!」と突然宣言し、渡辺ら他のメンバーが驚くものの、じつは“今までのバイト探し”からの卒業だったという内容だ。

 CM楽曲には2月26日に発売される新曲『前しか向かねえ』を起用。4人は同曲のMVでも着用している、メンバーの名前が入ったお菓子のパッケージで作られた衣装で登場した。

様々なお菓子のパッケージで作られている衣裳を身にまとって登場した高橋、小嶋、大島、渡辺の4人 (c)AKS

 渡辺は「『卒業します!』と言うのでリアルに驚いたんですけど、おかげで“驚き芸”を極められました」とニッコリ。報道陣から「今ここで『卒業します!』と言ってみては?」と水を向けられると、「今はまだ早いかなと。言う時が来たら言います」と返した。

 小嶋は、「『卒業します!』とは言い慣れていなくて。(完成したCMを見て)ちょっと噛んでいて驚きました」とハニカんだ。高橋は「『卒業します!』とは言ったことがなかったので、(3人)それぞれ緊張していたと思います。"卒業"ってコメントに対して、緊張感がハンパなかったですね」と撮影を振り返った。そして、「でも、優子にとってはリハーサルだったのかなと思いました」と、大晦日の「NHK紅白歌合戦」でグループからの卒業を電撃発表した大島に言及。

 当の大島は、「(CMを)撮影したのが12月中旬でしたからね。その前に卒業すると決めていたので、『これ、CMで言っていいのかな?』ってヒヤヒヤしていました」と当時の心境を明かした。

 紅白での卒業宣言と、CMでの卒業宣言との違いについては、「もちろん違いますね。CMでは限られた人の前でしか言わないですし、セリフですから。本番は一世一代の言葉ですから。AKBとして8年間やってきましたし」とした。さらに注目の卒業時期については、「全然(決まっていないわけ)ではないですけど、これから色々と相談して話し合って決めます。後に報告させていただきます」とのことだ。

 単独でセンターを務める新曲『前しか向かねえ』に関しては、「私の気持ちをお伝えして、秋元さんが書いてくださいました。スゴく好きな曲です」。さらに、「いつも『AKB48』の卒業ソングというか、春ソングはバラードだったり、しっとりした別れを意識した曲が多いんですけど、気持ちが奮い立つ、魂が込められたポップなロック調の曲で、弾けた笑顔と弾けたAKB48を見せられるかなと。たかみなとも話したんですけど、今までのAKB48のシングル曲にはない曲調なので、また新しいAKB48を見せられると思います」とアピールした。

 そんな大島を見守っていた高橋は「もしかしたら優子にとって最後のシングルなのかもしれないので。優子が歌う姿を見つつ、私たちAKB48グループも前を向いて進んで行きたいです」と語った。

 さらに4人には、挑戦してみたいアルバイトに関する質問も。

「私は見た感じガソリンスタンドかなと。ツナギを着てバリバリ働きたいです」(高橋)

「アルバイトしたことがないんですけど、(デビュー前に)『一番カッコイイバイトは何かな?と一応調べたことがあって。歯科助手さんでした」(小嶋)

「スノーボードをするのがスゴく好きなので、雪山のゲレンデのバイトができたら」(大島)

「私はAKBショップです。私をマネてツインテールにしてくれている人がいるので、その中に紛れたいです」(渡辺)

 また、制服に憧れるアルバイトは、高橋が「ファーストフード店とかで、ちょっと頑張ると制服が変わるところがあるじゃないですか? 頑張ってそこまで行きたいですね」、小嶋は「ドームとかでビールを売っている、売り子の人が可愛いなと憧れています」、渡辺は「巫女さんとかですかね」とそれぞれ思いをはせていた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: AKB48 

          

関連ニュース

トピックスの関連ニュース