連載/特集

SKE48 竹内彩姫に48の質問 前編・お仕事について直撃16連発!

2014年03月18日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 SKE48研究生たちに48問の全員共通質問に答えてもらう好評連載「SKE48研究生に48の質問」。8人目のメンバーとして、今週登場してくれるのは竹内彩姫ちゃんです!

 火・木・土曜日に更新、前・中・後編各16問の前編となる今回は、お仕事に関する質問からスタート!

竹内彩姫

たけうち・さき 1999年11月24日生まれ。愛知県出身。6期生。ニックネームは“さきぽん”。2012年10月、6期生オーディションに合格。翌年3月の研究生公演で劇場デビュー。現在の研究生公演「制服の芽」の担当ユニット曲は『女の子の第六感』。
キャッチフレーズ あなたを彩るお姫様、目指すはSKE48のスイッチヒッター! 14歳さきぽんこと、竹内彩姫です!


──よろしくお願いします。まずはこの質問から…。

Q1 SKE48に入ったきっかけは?

竹内 お母さんがSKE48のオーディションの募集を見つけてきて「送るねー」、「いいよー」みたいな軽い感じで応募しました。芸能界にあこがれているっていうことは言ったことはなかったんですけどね。

──では、それを受けて、次の質問ですが…。

Q2 オーディションの時、印象に残っていることは?

竹内 隣に東李苑ちゃんがいたんですよ。北海道出身って聞いて、ビックリしました。「北海道の子が隣にいるー!」なんて(笑)。

Q3 SKE48に合格した時の第一声は?

竹内 「え!?」しか出てこなかったです。私みたいなのが受かっちゃって、いいのかなぁって思いました。

Q4 あこがれの先輩は?

竹内 中西優香さんです。あんな風にメンバーを引っ張れる方にはあこがれますね。あとは、ちゅり(高柳明音)さんや(古川)愛李さんも好きです。

Q5 SKE48に入って、一番驚いたことは?

竹内 テレビで見ていた人たちが身近にいることに、まず驚きましたね。

Q6 SKE48に入って、一番うれしかったことは?

竹内 好きな先輩と写真を撮れたことです。

 

     竹内彩姫

Q7 初めての劇場公演で印象に残っていることは?

竹内 緊張しすぎて、あまり覚えてないです。同期の子よりは少し早く、研究生公演に出させていただいたんです。初めての公演なのに、周りは先輩ばかりでますます緊張しちゃいました。

Q8 これまでの公演での失敗談は?

竹内 公演中、カメラを指差したりして、アピールしてたんですけど、家に帰って配信動画を見たら、全く映ってなかった(笑)。私のことを撮ってると思ったら、別の子だったみたいで。少し恥ずかしくなっちゃいました。

Q9 SKE48で好きな曲は?

竹内 『狼とプライド』が好きです。

──ということは、次の質問の答えも…?

Q10 今後参加してみたいユニット曲は?

竹内 『狼とプライド』ですねー。

Q11 写真を撮られる時のキメポーズは?

竹内 スカートの裾をつかんでチョコンと持ち上げるお姫様ポーズです。名前に「姫」が付いてるので。

Q12 握手会の時の得意技は?

竹内 ファンの方から目をそらさないことです。優しい目線で、ニコッと。

 

Q13 センターを獲れたら、どんな曲を歌いたい?

竹内 今までにないような曲を歌いたいですね。メンバーが1ヵ所からじゃなくて、いろんなところから出てくるような曲とか。

──センターの彩姫ちゃんをみんなで盛り上げてくれるような演出だね。

Q14 SKE48以外のソロ活動でやってみたいことは?

竹内 野球関連のお仕事がしたいですね。野球が大好きなんですよ。

──ビールの売り子さんとか…。

竹内 違いまーす!(笑) レポーターとか。お父さんが野球をやってて、お母さんも野球好きなので、その影響ですね。

──やっぱり、ドラゴンズファン?

竹内 そうですね。チアドラゴンズ(ドラゴンズのオフィシャルチアリーディングチーム)のキッズメンバーにも入ってました。小田幸平選手のファンです。

Q15 出演してみたいテレビ番組は?

竹内 出していただけるなら、何でも。ドラマ、バラエティ、何でも出たいです。

Q16 SKE48メンバーとしての目標は?

竹内 野球の始球式で投げたいです!

──じゃあ、次は始球式でナゴヤドームに立ちましょう!

 3月20日(木)更新の「SKE48 竹内彩姫に48の質問 中編・プライベートについて直撃16連発!」に続きます。

)

■SKE48 公式サイト
http://www.ske48.co.jp/

(取材/文 青木孝司)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

連載/特集の関連ニュース