ライブレポ

HKT48研究生公演が千秋楽、谷真理佳は"しゃちほこメンタル"を目指す!

2014年04月22日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 HKT48の研究生による「脳内パラダイス」公演が4月21日、福岡のHKT48劇場で千秋楽を迎えた。2013年11月17日にスタートした、HKT48研究生による同公演はこの日が最後のステージとなった。

 また、2月の「AKB48グループ 大組閣祭り」でSKE48 チームEへの移籍が発表された谷真理佳にとっては、HKT48での最後の公演となった。

HKT48のメンバーとして最後の公演に臨んだ谷真理佳 (c)AKS

 冒頭のMCで田島芽瑠は、「これから(谷)真理佳とジャレあうことができなくなるのがさみしいです」と話せば、HKT48研究生最年長の坂口理子(19)は「研究生公演はレッスンから公演スタートまで時間がなく、みんなで苦戦しました」と振り返った。

 また、朝長美桜は、「緊張しすぎてヤダね」と前置きしつつ、「今日は泣かないって決めていたけど、(1曲目の)『友よ』で泣いちゃった」とテレ隠し。いっぽうで冨吉明日香は、「“まりり”(山田麻莉奈)がリハーサル中に寝て、スゴく怒られていた」と暴露し、山田を慌てさせて会場の笑いを誘った。

 そんななか、HKT48での最後の公演となる谷は、いつもと変わらぬハイテンション。MCコーナーでは盛り上げ役として活躍を見せた。

谷は高いテンションと笑顔を保ちながらパフォーマンスしてみせた (c)AKS

 アンコール明けのMCで谷は、「SKE48への移籍が決まり、大好きなこのステージに立つのは今日が最後になってしまうのですが、スゴく不思議な感じです」と胸中を吐露。

 さらに、他のメンバーやスタッフから"メンタルが弱い"と心配されていることをネタにし、「名古屋に行ったら"豆腐メンタル"から"しゃちほこメンタル"になりたい!」と宣言。この意気込むに全員が思わず失笑し、センチメンタルな雰囲気を和らげていた。。

 そして田島が「私たちの原点の曲です!」と曲紹介。2012年9月に始まった、HKT48にとって初めての研究生公演である「PARTYが始まるよ」公演の楽曲を披露した。バラード曲の『青空のそばにいて』をパフォーマンスする時には、こらえ切れずに涙を流すメンバーの姿も。

HKT48の研究生にとって原点でもある『PARTYが始まるよ』 (c)AKS

 これまで先頭に立ち研究生を引っ張ってきた今田美奈は、「いつも応援してくださるみなさんのおかげで、研究生公演を1年以上続けられたことは私たちの誇りです」と感謝。

 続けて、「これから研究生は3期生7名になってしまいます。私たちも昇格したからには、良い背中を見せられるようにこれからも頑張っていきます」と誓い、研究生全32名で最後の曲『草原の奇跡』を熱唱した。

 最後は、谷に花束と他のメンバーが手作りしたプレゼントが贈られ、ステージは幕を閉じた。

ラストは研究生32名全員で『草原の奇跡』を歌った (c)AKS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: HKT48