ライブレポ

新チーム4は「人見知り禁止」、木﨑には「いらっしゃい!」の歓声が

2014年04月25日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 AKB48の新チーム4が4月24日、東京・秋葉原のAKB48劇場で「アイドルの夜明け」公演の初日を迎えた。2月の「AKB48グループ 大組閣祭り」により新体制に移行し、この日が初のステージとなった。

 この「アイドルの夜明け」公演は、2009年2月に当時のAKB48 チームB 4thステージとして公演がスタート。その後、AKB48のチーム研究生公演や、NMB48 チームMの1stステージとしても行なわれていた。

新チーム4「アイドルの夜明け」公演初日 (c)AKS

 マーチングバンドやレディース風の特攻服など、さまざまな衣装でのパフォーマンスが楽しめる同公演は、個性豊かな新チーム4にとってもピッタリ。冒頭のMCでは、SKE48から移籍して副キャプテンとなった木﨑ゆりあに対し、ファンからの歓声と「いらっしゃい!」の声援が飛んだ。

 木崎は、「このチームは本当に元気で若くて、私自身癒されているので、これからチーム4はファンのみなさまにとってのパワースポットのような存在になりたいです」とあいさつした。

『口移しのチョコレート』 (c)AKS

 先日のリクアワ2014にて大島優子から直々に『ヘビーローテーション』のセンターに指名された向井地美音は、「(特攻服風の)衣装に着られないようになりたいです」と意気込んだ。

 NMB48から2度目の兼任となる小谷里歩は、「山あり、谷あり、小谷あり!」とのキャッチフレーズを披露。これはチームAに在籍していた当時、横山由依が作ってくれたものだという。


『残念少女』 (c)AKS

『愛しきナターシャ』 (c)AKS

 NMB48で昇格を果たし、かつ初めての兼任となる渋谷凪咲は、「東京の渋谷と言えばハチ公前! 大阪の渋谷と言えば凪咲前! 秋葉原でも凪咲前で待ち合わせやで!」と、キャッチフレーズを東京バージョンにアレンジしてお披露目した。
 

『拳の正義』の特攻服に身を包む渋谷凪咲 (c)AKS

 途中のMCで、他のメンバーからSKE48との違いを尋ねられた木崎は、「改めて思いますが、柱が邪魔ですね」とAKB48劇場のシンボルともいえる劇場の柱を指摘。これに対しては岡田奈々が「慣れれば気にならなくなりますよ」と返し、他のメンバーもうなずいていた。

 また、人見知りに関する話題では、キャプテンの峯岸みなみが「もう、チーム4は"人見知り"っていう言葉は禁止! 人見知りは言い訳だから駄目だよ」とアドバイスする場面も。さらに峯岸は「“箱推し”されるチームにしよう!」と意気込みを語り、若いメンバーが中心の新チーム4に気合を入れていた。

新チーム4「アイドルの夜明け」公演初日 (c)AKS

新チーム4「アイドルの夜明け」公演初日 (c)AKS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: AKB48