イベント

仲川遥香がJKT48総選挙で3位に入った背景とは

2014年04月28日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 JKT48の6thシングル選抜メンバーを決める「第1回JKT48選抜総選挙」が4月26日、インドネシア・ジャカルタ市内にて開票イベントを開催し、日本人メンバーの仲川遥香が3位にランクインした。
 

「第1回JKT48選抜総選挙」で3位にランクインし、トロフィーを掲げる仲川遥香 (c)AKS

 今回の選抜総選挙「Pemilihan Member Single ke 6 JKT48」は、5月末に発売される6thシングルの選抜メンバー16名を決める初の総選挙。対象はチームJの19名、チームKⅢの16名、2期研究生の5名、3期研究生の31名で、合計71名だった。

 投票総数は207,022票におよび、センターには14,541票を獲得したメロディー・ヌランダニ・ラクサニが、2位には13,285票を集めたジェシカ・フェランダがランクイン。そして3位には13,276票を得た仲川遥香がランクインした。
 

選別メンバーに選ばれた16名。1位のメロディーをセンターに、その右に2位のジェシカ、左に3位の仲川というスリートップが並んだ (c)AKS

【3位 仲川遥香 コメント】

 みなさん、こんばんは。チームJの遥香です。みんなありがとう!

 私はこのJKT48で、すでに1年間活動をしてきました。この国で色々なことを勉強しました。1人でこのインドネシアに来て、最初は何もできなくて、本当に不安だったけど、メンバーやファンのみなさん、スタッフのみなさんからたくさんのことを教えてもらい、ここまで頑張れました。

 私は日本に家族がいますが、この国にも“家族”がいます! できればずっとここにいたいです! みなさん、本当にありがとうございます!
 

開票イベントにて喜びのコメントを述べる仲川 (c)AKS

 仲川が今回、並み居る地元の人気メンバーを押しのけて3位にランクインした背景には、仲川自身が地元に溶け込もうと努力を続けてきた面が大きいだろう。2012年12月にAKB48からJKT48に移籍して以来、仲川は1年4ヵ月にわたって奮闘してきた。

 移籍当時にまだ十代だった仲川は地元の食事に慣れ、それまで未経験だったインドネシア語も習得。公演では流暢なインドネシア語で自己紹介やMCをこなしており、その自然な姿には驚きさえ感じることだろう。

 現地ではテレビCMやテレビ番組にも出演し、インドネシア国内での露出は多い。風邪薬のCMではJKT48のメンバーとともにインドネシア語のセリフを披露。また、特撮ヒーロードラマの『Bima Satria Garuda』(ガルーダの騎士ビマ)では長尺のセリフもこなしており、その流暢さには感心せざるを得ない。

 さらに仲川の活躍を実感させるものとして、ツイッターは象徴的な存在だ。JKT48移籍後に開設したツイッターアカウント(@HarukaN_JKT48)は現在、638,096のフォロワー数を誇る。これは日本のアカウント全体で見ても50位にランクインし、48グループの現役メンバーとしては小嶋陽菜に次いて2番目なのである。

 このアカウントでは積極的にインドネシア語で発信。今回の選抜総選挙でも、まずインドネシア語で感謝のツイートを行なってから、日本語で同様のツイートをしている。こういった行動が、地元のファンにインドネシア重視の姿勢を印象付けているのであろう。

 ちなみにインドネシアはツイッターのユーザー数で、米国と日本に続く世界3位のツイッター大国。JKT48のオフィシャルアカウントは1,700,395という膨大なフォロワー数を誇っており、これは日本国内なら6位相当というボリュームだ。

◇参考 48グループのツイッターアカウントフォロワー数
※フォロワー数200,000超、2014年4月28日現在

小嶋陽菜 1,531,978
仲川遥香 638,096
松井玲奈 374,770
梅田彩佳 363,168
宮澤佐江 274,932
指原莉乃 269,743
佐藤すみれ 269,275
横山由依 238,098
宮崎美穂 210,167
 

開票イベントでのコメントももちろんインドネシア語で行なった (c)AKS

 仲川は今回のJKT48総選挙3位という実績を引っ提げ、6月7日開票の「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」に臨む。立候補資格に「海外に専任移籍した元AKB48メンバー」という項目があり、仲川はJKT48のことをもっと日本のファンに知ってもらうために立候補したという。

 前回の「32ndシングル選抜総選挙」(2013年6月8日開票)ではJKT48の活動に専念するという理由で辞退しており、今回は「27thシングル選抜総選挙」以来2年ぶりの出馬。前々回に44位だった彼女が今回は何位にランクインできるのか、日本からもインドネシアからも注目されることだろう。


【第1回JKT48選抜総選挙 選抜メンバー】

1位 メロディー・ヌランダニ・ラクサニ チームJ 14,541票
2位 ジェシカ・フェランダ チームJ 13,285 票
3位 仲川 遥香 チームJ 13,276 票
4位 シャニア・ジュニアナタ チームJ 12,859票
5位 ベビー・カエサラ・アナディラ チームJ 12,015票
6位 ナビラ・ラトナ・アユ・アザリア チームJ 11,872票
7位 リカ・レヨナ チームJ 11,732票
8位 デフィ・キナル・プトゥリ チームJ 10,031票
9位 ガイダ・ファリシャ チームJ 9,044票
10位 フィフィヨナ・アプリアニ チームKⅢ 8,917票
11位 ラトゥ・フィエンニ・フィトゥリリア チームKⅢ 7,149票
12位 シンディ・ユフィア チームKⅢ 6,669 票
13位 タリア チームKⅢ 6,290 票
14位 アヤナ・シャハブ チームJ 6,259票
15位 ジェニファー・ハンナ チームKⅢ 5,144票
16位 ジェシカ・ファニア チームJ 4,718票

【1位 メロディー コメント】

 まずは神様に感謝します。そして家族と友達とJKT48のメンバー、ファンのみなさんに感謝します。今、私がこの場所にいるのはみなさんのおかげです。

 ファンのみんなのサポートがあって、センターになることができました。これがファンのみんなの笑顔に繋がれば幸せです。私はみんなに支えられています。この責任は大きいですが、私は『JKT48』のために全力を尽くします!
 

栄えあるセンターに輝いたメロディー。AKB48選抜総選挙と同様に、一人だけ豪華な椅子を用意された (c)AKS

【2位 ジェシカ コメント】

 神様に感謝します。そしてJKT48のファンのみんな、応援ありがとう。みんなのサポートがなかったら私はこの場所に立つことができませんでした。本当にありがとうございました! みんなの期待を裏切らないように頑張ります! これからもよろしくお願いします。

2位のジェシカ。彼女のツイッターもフォロワー数260,129を誇る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: AKB48