インタビュー

スマイレージ武道館公演決定記念インタビュー前編「大人の罠にハマりたくないから、倍以上で返す!」

2014年05月06日 09時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 去る3月29日、パシフィコ横浜で開催された「Hello! Project ひなフェス 2014 ~Full コース~」の夜公演にて、スマイレージが7月15日に日本武道館での単独公演を行なうことがサプライズ発表された。スマイレージは現在、収容人数が数百人規模のライブハウスを巡るツアーの真っ只中。その何十倍にも及ぶ武道館でのコンサートがこんなにも早く実現すると想定した人はいただろうか。完全な不意打ちにメンバーは驚嘆し、動揺しながらも歓喜の声を上げた。そして同時に、少なからずの不安も頭をよぎったのではないか。そこで今回、メンバーの和田彩花、福田花音、田村芽実のインタビューを敢行。その胸中やいかに−−。

武道館公演の発表後、巨大な誓約書ボードが運び込まれ、公演の成功を誓ってメンバーひとりひとりがサインを。そして印鑑の代わりにキスマークを付け、観客の前で「日本武道館頑張るぞ!」と大声で宣誓をした。

——先日、別のインタビューで「春ツアーの後に東京公演が控えてるんじゃないか」ということを質問したら、「舞台がすぐに始まるからそれはなさそう」だって答えていましたよね。

和田 はい。だから、(武道館公演は)まさかでした。

——ひなフェスで、スマイレージのステージの最中に、日本武道館の単独公演が発表されて。

福田 びっくりしました。私は「つんく♂さんが出てくる=いいことではない」と思ったんですよ。これまでも、後々よかったと思えることでも、その瞬間はダメージを受けることが多くて。サプライズってそういうイメージなんです。だから、「解散しちゃうのかな」って悪い方に頭が働いちゃって。そうしたら「ご褒美に」って言葉が出てきた瞬間に涙が溢れてきました。続けて(武道館の)発表があって。

——解散するかもなんて思ったんですか?

福田 言いづらいから、(演出時が)タイプライターみたいにカタカタちょっとずつ文字が出てきたのかなって。

——言いにくいことがちょっとずつ表示されていく演出……そんなわけないでしょ(笑)。解散はないにしても、新メンバーオーディションとか。

和田 それはちょっと思いました。

福田 そしたら拒否ろうと思いました。

——拒否(笑)。和田さんは福田さんのようにネガティヴなこと考えました?

和田 一瞬感動して、これはやるしかないと思いました。そんなチャンス二度と来ないじゃないですか。

——田村さんは?

田村 私はつんく♂さんのコメントで武道館って聞いた時はすごい嬉しかったです。反面、不安もあって、お金とかどうなってるんだろうと思って。満員にならなかったどう働こうとか。

——赤字が出て、借金ができてしまったらどう返していこうって?

田村 どうなっちゃうんだろうっていうのが恐かったです。

——毎日皿洗いしたり(笑)。でも集客の不安もありますよね。

福田 今は発表されたばかりだから、行くよっていう方もたくさんいらっしゃると思うんですけど、日が近づいてきて、現実的に来れなくなる人もきっと増えてくるじゃないですか。平日だし、すごい不安はあります。

和田 私、心配性なんですよ。すごい色々考えちゃって、これがこうなって……ってなると疲れちゃうから、頑張ろうとしか思わないようにしてます。

——あの発表の後のバックステージはどういう感じだったんですか?

福田 いや、意外にも触れられなかったというか。やることがあったのでバタバタしていて、イヤモニもしているので回りの声もそんなには聞こえなくて。メンバー同士で肩を抱き合ったりはちょっとあったんですけど。

——浮かれたりする時間もそんなになかったと。

福田 嬉しい気持ちももちろんあったんですけど、すごく申し訳ない気持ちもあって。

——それはどういう意味で?

福田 Berryz工房さんとか℃-uteさんとか、何年間も活動してきて、やっと最近実現できた武道館公演なのに、こんなに早くできてしまっていいのかっていう。早くやらせて頂けるからこそ「まだ早かったんじゃないの」って言われないようなステージにしないといけないです。でも、清水(佐紀)さんとか矢島(舞美)さんが祝福してくれたんです。感動しました。優しいなと思って。普通だったら、ムカつくんじゃないかと思うんです。

——後輩の大舞台に対してムカつきはしないですよ(笑)。本番のバタバタが過ぎた後のメンバー間はどう
だったんですか?

福田 「わー!」っていうよりは、「本当にやるんだね……」って。

和田 いざとなったらみんなふわふわしてしまって。

——スマイレージは大きな目標を口にするタイプじゃないですか。

福田 実際そうなると、逆に恐いんだなっていう(笑)。ホントにホントに嬉しいんですよ。けど、そういう時って体では表現できないものなんだなって思いました。心の中はお祭りなんですけど。今は当日の髪型とか考えてます。その日に急に病欠したらどうしようとか。

和田 たしかに。

——いっぱい来てもらうにはどうしたらいいんでしょうね。

和田 今、春ツアーをやっているので、それの口コミじゃないかと思います。ライブを見た人の感想を知って、武道館を迷っている人が「じゃあ行こう」ってなるように。春ツアーをうまく繋げていきたいですね。

——武道館は全国から来てもらわないと。

福田 段階を踏んでいくっていうのはこういうことなんだなって思います。絶対に来てほしい。

——昨年の11月、モーニング娘。のライブにゲスト出演した時に、会場が宇宙のようだったっていう話をしていたじゃないですか。その景色が自分たちのファンだけで作られるということですよね。

和田 信じられない。

福田 でも、モーニング娘。さんの時に、自分たちもこのステージに立てるって確信したんですよ。本当に立てる日が来るのは嬉しいです。

左からスマイレージ・和田彩花、福田花音、田村芽実

——スマイレージは悔しいエピソードがたくさんあるじゃないですか。以前だったら、2012年の秋ツアーのチケットが売れてないと言われたり。今年は年明け早々につんく♂さんから「やる気のないメンバー増えてきている」とダメ出しされたり。それを公で言われることについてはどう思いますか?

福田 燃えるんですけど、燃えさせるっていう大人の罠にハマりたくないから、倍以上で返したいと思ってます。それも罠かもしれないんですけど、どうにか予想と違う方法で返したい。

——今のハロー!プロジェクトを見渡すと、スマイレージが一番表立ってダメ出しされていると思うんです。

和田 だからなのか、ファンの方も「俺らが連れてくから」みたいに言ってくれる人が多くて嬉しいんです。武道館不安だなと思っても、ブログのコメントに「俺らがいるから大丈夫」みたく書いてくれる人が多くて。さすがスマイレージのファンの方だなと。

——結束力が強くなりますよね。田村さんはいかがですか?

田村 そういうことを言われた時は、どうしたらいいんだろうってすごい考えます。半年くらい前までは「こんなに頑張ってるのに!」って思ってたんですけど、最近はそういうのはまったくなくて。お正月につんく♂さんから言われた時は、「なんで私、全然頑張らなかったんだろう」って考えるようになりました。色々言われた方が自分を追い込めるので、ダメな点は言ってほしいです。みなさんの前で言って欲しいとかそういうことではなくて。

——バンバン注意されたいと。

田村 私、飴とムチだったらムチ派なんです。

福田 ええ!?

田村 追い込まないとダメになっちゃうので。追い込んで、傷だらけにならないと。

——傷だらけ!

田村 それが好きなのかな。趣味なのかな。

和田 あははは。

福田 Mじゃん。

田村 変な意味じゃないんですけど、追い込まれないと心配になっちゃって。最近、オリンピックで同い年の平野歩夢選手が世界的に活躍してたりするのを見て、「なんで自分はこんななんだろう」ってすごい思って。

福田 ちょっ(笑)。

和田 オリンピックの人と比べてるの!?

田村 自分は情けないなと。同じ時代に生まれて、自分は頑張ってると言えるのだろうかって。

——15年という同じ時間を生きてきたのに違いが出てしまったと?

田村 はい。その15年の中でも無駄な時間がすごいあるので、ゼロ歳からもう一度やり直したいくらい。

——また極端な(笑)。発想がストイック過ぎですよ。

福田 私、絶対にムチとかイヤです。基準を決めてるわけじゃないけど、この人の意見は信じられるとか信用できるっていうのがあって。そういう人からはどんなに厳しいことを言われてもプラスに変えていけるんです。プロデューサーはつんく♂さんだけど、最終的には自分が自分をプロデュースするんですよ。つんく♂さんの歌詞からもそういうことを学んできたので。私はゲームをよくやるんですけど、人生もゲームだなってよく考えるんです。自分のことは自分さえ努力すればどうにでも変えられるって思ってます。

——飴とムチの話、興味深いですね。和田さんはどちら派ですか?

和田 私は浮かれてしまうので、ムチじゃないと。褒められるとすぐ失敗するんです。スマイレージに関してもそうで、ちょっと褒められるだけで次は悪くなったり、ミスしたりしちゃうんです。だから、褒められても自分の中に入れないようにしてます。

福田 なんかさ、褒められた時に「そんなによかった?」って思っちゃうことあるよね。

和田 自分ではそんなだったのにっていう時ね。

福田 ちゃんと見てくれてなかったんだなって思う。

和田 そこまでではないけど(笑)。

——話を聞いていると、ハロプロエッグ魂を感じますね。

福田 なんだかんだで厳しい意見は力になることが多いですね。

——つんく♂さんが公にして言ったりすることは糧になっていると。

福田 「やる気のないメンバー」は自分のことだなって思いました。仮に自分じゃないとしても、それをきっかけに自分が気づけたらよくなると思うし。でも、やる気があることを見せるのは難しいんです。ただ大きな声を出すとか、大きく動いたりしたら一応は目立つじゃないですか。

——目立っても、それが必ずしもやる気があるということには結びつかない。

福田 動きが小さくてもめちゃめちゃダンスも歌もうまい人もいるので、どう見せればいいのか悩んだりもしました。

——でも、自分のことを言われてると思ったのが謙虚ですよね。

福田 いや、つんく♂さんにそれっぽいことを言われたりしてたので。あの時は「ついにメディアで言われるまでに」と思って(笑)。

和田 あははは!

福田 でも、マイナスに思われていた方が振れ幅が出るじゃないですか。

——ですよね。そうやって公に言われたり、地方の小さいライブハウスを回ったりした後に、武道館でライブするっていうのがよりドラマティックなんだと思います。

和田 そういえばモーニングさんの武道館の日、私、すごい危機だったんですよ。ステージが大きいから、大きく踊らないとわからないってマネージャーさんとスタッフさんに言われたんです。リズムをちゃんと取らないと棒立ちに見えるって。だから大きく踊ってみたら、今度は揃ってないって先生に言われちゃって。色んな意見を素直に取り込むと、どうやったらいいんだ……って辛くなっちゃって。ステージが大きすぎて、立ってるとふわふわしちゃうんですよ。普段、ホールでもやったことがないじゃないですか。大変でしたね。

福田 当日、私は学校があったので途中から行ったんです。着いたらみんながいつになくあわあわしていて。焦ってるのを感じました。

和田 「今できないのは仕方ないから、徐々に慣れていけばいいよ」って言われて救われました。

——徐々に慣れていくにも、あと3カ月切ってますね。

和田 やばい!

福田 私は願いが叶わなかったことがないから、絶対成功するっていう自信があります。

——やってみたいことはありますか?

和田 花道があっていいのか、ない方がいいのかっていう。お客さんの近くに行けるから、花道はすっごい楽しいんですよ。

福田 それはあるね。でもその分……。

和田 お客さんは入れる人数が少なくなっちゃうのかなって。短めの花道があればいいのかな。

福田 花道がなくても近くに行ければいいかな。あ、24時間テレビみたいな階段を作ればいいんじゃない?
あれを使ったら二階も一階もひゅーって行けるよ。

——とにかく、お客さんの近くに行きたいという気持ちがある。

福田 今のライブハウスツアーでめっちゃ近いところでやっていて、それが楽しいっていう感覚があるので。

——田村さんは?

田村 本当に宇宙空間なので、あんまり踊りたくないというか。

——どういう意味(笑)。

田村 モーニング娘。さんの時、2曲やっただけなのにふらふらしちゃったんですよ。あんまり踊っちゃうと捻挫とか骨折とかしちゃうんじゃないかと。

——地に足がつかなかった?

田村 そうなんです。スニーカーでやりたい。

福田 人工芝とかでね。

——まさかの人工芝(笑)。

福田 転んでも痛くないし。

和田 いいね。

田村 でもやっぱり歴史のある場所なので、日本武道館っていう名前に泥を塗らないパフォーマンスをしたいなって思います。

和田 演出とかに合わせたライブやってみたい。

福田 やったことないからね。やってみたら6人ともその分野がめちゃくちゃ苦手かもしれない。

田村 でも開花するかもしれないですよ!

(聞き手・南波一海)

 

『ミステリーナイト!/エイティーン エモーション』【初回生産限定盤A】

◆NEWシングル『ミステリーナイト!/エイティーン エモーション』発売中
【初回生産限定盤A】 DVD付+イベント抽選シリアルナンバーカード ¥1,600+税
【初回生産限定盤B】 DVD付+イベント抽選シリアルナンバーカード ¥1,600+税
【初回生産限定盤C】 DVD付+イベント抽選シリアルナンバーカード ¥1,600+税
【通常盤A】 初回仕様:トレカサイズ生写真ソロ6種+集合1種よりランダムにて1枚封入(「ミステリーナイト!」Ver.) 定価¥1,000+税
【通常盤B】 初回仕様:トレカサイズ生写真ソロ6種+集合1種よりランダムにて1枚封入(「エイティーン エモーション」Ver.) 定価¥1,000+税


◆スマイレージLIVE2014夏 FULL CHAEGR ~715(なぁいこう)日本武道館~
7月15日(火)日本武道館公演

◆スマイレージライブツアー2014春 ~スマイルチャージ~
5月5日(月・祝)奈良ネバーランド(奈良)18:30~
5月6日(火・祝)KYOTO MUSE(京都)13:30~/17:00~
5月10日(土)盛岡Club Change WAVE(岩手)17:00~
5月11日(日)仙台darwin(宮城)14:30~/18:00~
5月24日(土)甲府KAZOO HALL(山梨)18:30~
5月25日(日)長野CLUB JUNK BOX(長野)17:30~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: アンジュルム