イベント

ぱるる笑顔の握手会、2年ぶりのセンター狙う!?

2014年05月18日 16時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 5月15日、都内のTSUTAYA店舗にて、AKB48の"TSUTAYA握手会"が開催され、島崎遥香、平田梨奈、小嶋真子、岡田奈々が約300人のファンとの握手に臨んだ。

 同握手会はTSUTAYAでAKB48の34thシングル『鈴懸なんちゃら』を購入した人を対象に、抽選に当たった人だけが参加できるプレミアな握手会。全国各地のTSUTAYAで開催されており、今後も石川県や青森県での開催を控えている。
 

TSUTAYA握手会に参加した平田梨奈、岡田奈々、小嶋真子、島崎遥香(左から)

 握手会を前に"ぱるる"こと島崎遥香は、6月7日に迫った"AKB48 37thシングル 選抜総選挙"での目標を記者から問われると、「選抜入りです」(16位以内)と返答。選抜入りの自信については、「どうします、入らなかったら?(苦笑)」と不安の色を隠さず、「今日の握手もがんばります!」と前向きな姿勢を見せていた。

 前回の選抜総選挙では12位で選抜入りし、前々回の23位から11位ランクアップした島崎。このペースでいくと今回は1位になるのではと振られると、「そうなんですね、やったー! じゃあそれでお願いします♪」と笑顔を見せ、2012年9月の29thシングル選抜じゃんけん大会以来となる1位=センター奪取にまんざらでもない様子だった。

 いっぽうで、前回順位と今回の目標を踏まえて「1位でなければ2位でも16位でも一緒だと思うか」との質問に対しては、「たしかに、そうですよね」と肯定。さらに神7入り(上位7人)について水を向けられると、「神7ですか……、うーん、特に気にしていないです」と、1位以外の順位には関心が薄い様子だった。
 

終始にこやかな表情だった島崎遥香

握手の終わり際には「じゃーね」、「バイバイ」と言葉を掛けていた

ニコヤカにファンの目を見つめる島崎。思わず笑みがこぼれるファンも多かった

 2013年9月の第4回じゃんけん大会で3位に入った平田梨奈(チームB)は、アピールコメントで「64位以内」と目標を明言。今年は80位までが当選圏内となったが、平田は「枠を増やしてもらったのはいいことだと思うんですが、目標は高く、64位以内という去年の目標を変えずにいきたいと思います」と語り、2回連続で圏外からの脱出を誓った。
 

平田梨奈

 選抜総選挙の公式ガイドブックで表紙に登場したことが話題になっている小嶋真子(チームK)。表紙の件については、「あれはちょっと、ちょっとなんか、ありえないんですけど(苦笑)」と恥ずかしげな表情を見せる場面も。表紙に出るとわかったときは「えーっ!?という感じで、私なんかでいいのかなって」思ったとのことだ。

 目標とする順位としては、「去年圏外だったというのもありますし、今年はけっこうプレッシャーも感じていますので、もっと上は目指しますけど、(当選圏内に)入ることを目指します」と、80位以内を挙げていた。
 

小嶋真子

 小嶋と同じく昨年8月に昇格した岡田奈々(チーム4)は、「目標は高く持ちたいので、アンダーガールズ(17位~32位)入りを目指したいと思います」と宣言。いっぽうで、「去年が圏外だったので、どれくらいいけるのかもまだわかっていない」と自らの足元も見据えつつ、「とにかく上を目指していきたいと思います」と健闘の意思を示していた。
 

岡田奈々

 今回のTSUTAYA握手会は、4人同時の全握方式で、手前から平田、小嶋、岡田、島崎の順。わりとゆっくりめの進行で、多くのファンが緊張と嬉しさの入り混じった表情を見せながら、メンバーとの握手を堪能していた。

 握手会終了後に岡田は、「初めましての方も多かったので、今日で私のことをチェックしてもらえたんじゃないかなと嬉しいです」と、選抜総選挙に向けてしっかりアピールできた様子。アピールコメントでは滑らかなスピーチを見せており、「握手会でも自分から話を振ることが多かったりしますし、話すのは大好きなんです」と、自らのトークに自信を見せていた。

 笑顔を絶やさないで握手会に臨んだ小嶋は、「笑うことしかできないんですけど、今日は楽しくできました」と満足げな表情。普段の大会場とは異なる店舗内での握手会については、「いつもと違ってお店のなかなんですが、狭いところで落ち着いてできました」と、快適さを感じていたようだ。

 アピールコメントで自由の女神コスプレを見せた平田は、「コスプレもそうですし、じゃんけん大会3位おめでとうとか、このあいだ出演したバラエティ番組で柔軟女王になれたこととか、いろいろな話題で弾みました!」とのことで、握手会の先頭というポジションをしっかり務めることができたようだった。

 しんがりを務めた島崎は、常に微笑を浮かべながら握手に臨み、終了後は「楽しかったです!」と即答。誰が来ても同じように対応しており、「テンション変わらずにできるんです」と安定度をアピールだ。ファンからは「(ぱるるが)笑ってる!?」との声も挙がっていたが、今日の島崎と握手したファンは、かなりの好印象を残したに違いないだろう。
 

TSUTAYA握手会の様子。今回は平田→小嶋→岡田→島崎の順だった


■AKB48 37thシングル 選抜総選挙
http://www.akb48.co.jp/sousenkyo/37thsingle/

■TSUTAYA握手会
http://www.tsutaya.co.jp/cp/30th/akb/index.html
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: AKB48