トピックス

さよなら、いずこねこ。最初で最後の主演映画をみんなで支援!

2014年05月21日 16時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 数少ないソロアイドルとして活動してきた"いずこねこ"が、8月31日のライブを持って活動を終了することとなった。そんな彼女の最終プロジェクトとして、最初で最後の主演映画、『世界の終わりのいずこねこ』の製作が始動した。
 

8月31日のライブを持って活動を終了する、いずこねこ

 同映画の製作プロジェクトではクラウドファンディングの「CAMPFIRE」を活用し、いずこねこを応援する支援者から映画の製作資金を支援してもらう。すでにCANPFIREには同映画の支援プロジェクトが立ち上がっており、7月8日までに150万円の支援を集めることが当面の目標となっている。

 今回の支援プロジェクトでは、最低支援額を500円に設定。これは、いずこねこを応援したい人に広く参加してもらうためだろう。他の支援額としては5,000円で映画オリジナル缶バッヂがもらえるほか、10,000円では特製のライブ動画DVDやTシャツ、最高額の200,000円では様々な動画データなどを収録したiPad miniがギフトとして用意されている。

 なおCAMPFIREでは数多くのアイドルが支援プロジェクトを立ち上げており、映画制作では東京女子流『5つ数えれば君の夢』、MV制作ではCheeky Parade『CPU!? - ヒゲドライバー Remix -』などがサクセスを果たしている。ソロアイドルでは、仙台のロコドル、みきちゅが新作CDの制作でサクセスした実績もある(エンタメNEXT既報)。
 

CAMPFIRE 「いずこねこ」最初で最後の主演映画『世界の終わりのいずこねこ』応援プロジェクト

プロジェクトのギフトとして用意されている、映画オリジナル缶バッヂ

 なお、本映画に関連する活動に限っては、8月31日のラストライブ以降も、いずこねこが関わっていくことが決定。映画の公開はもちろん、それに連動したライブツアー、新曲を含む映画サントラ盤のリリース、映画のコミカライズ化などが予定されている。

 さらに映画との連動で、いずこねこ本人プロデュースによる新曲のMusic Videoや劇場用プログラムの制作にもチャレンジするという。これらの活動はあくまで、映画製作プロジェクトがサクセスしたときのみ実現するもの。いずこねこを応援する気持ちが、彼女の活動そのものを支援することになる。

『世界の終わりのいずこねこ』製作スタッフ

監督・脚本 竹内道宏
企画・プロデュース SPOTTED PRODUCTIONS
原案・音楽 サクライケンタ
共同脚本・コミカライズ(予定) 西島大介

【スタッフコメント】

竹内道宏(監督・脚本)
いずこねこが今まで築き上げてきたものを大事に拾って、壊して、揉んで、噛んで、泣いて、そしてまた新しい形にします。その形は尖っていると思います。サクライケンタさん、西島大介先生という西日本在住の天才が作った土台。そのまな板の上で、尖った刃をさらに鋭く研ぎ澄まします。アイドル、地球、人。いつかは終わるすべてものに向けて。素敵なキャスト・スタッフに恵まれた環境の中、それを無駄にせず、面白い映画にします。ぜひ、いずこねこの“飼い主”の皆さま、そして多くの方々と一緒に大きな花火を打ち上げられたら幸いです。

西島大介(共同脚本・コミカライズ)
歌が宇宙を救うんです。本当です。ちんぐ監督、サクライさん、茉里ちゃん、みんな一緒によっしゃいくぞー!

サクライケンタ(原案・音楽)
惜しくもいずこねこの活動は今回のプロジェクトで終焉を迎えますが、この映画作品でいずこねこでやろうとしていた事を全部詰め込みたいと思います!素晴らしく美しい、いずこねこのフィナーレを!よろしくお願い致します。

■CAMPFIRE 「いずこねこ」最初で最後の主演映画『世界の終わりのいずこねこ』応援プロジェクト
http://camp-fire.jp/projects/view/1012


  • このエントリーをはてなブックマークに追加