トピックス

木﨑ゆりあが左手首骨折も、笑顔で「ゆりあピース」!

2014年05月21日 22時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 AKB48の木﨑ゆりあが、フジテレビ系バラエティー『めちゃ×2イケてるッ!』(めちゃイケ)のリハーサル中に、左手の関節を骨折するケガを負ったことが5月21日に分かった。

 木﨑は5月20日に行なわれた同番組のプロレス企画「めちゃ日本女子プロレス」のリハーサル中、他の出演者に技をかけようとしてバランスを崩して負傷。左手関節の橈骨遠位端(とうこつえんいたん)骨折で、全治3~4週間と診断されたという。

 骨折した箇所は、左手首の親指側にあるくるぶしの根本あたり。転んで手をついたときなどに骨折するケースが多く、骨折のなかでは頻度が高い場所だという。症状としては手首から先の可動域が著しく制限されるほか、しびれを生じることもある。

 なお、骨折箇所にズレがない場合は4週間程度、ズレがある場合は6週間程度のギプス固定が必要とされている。今回は全治3~4週間と診断されていることから、骨折の程度はあまり重度なものではなさそうだ。木﨑は手に支障がない範囲で仕事は続けられる模様。

 木﨑は5月21日に、「Google+」にてケガをしたことに触れ、骨折したほうの左手で「ゆりあピース」している写真を披露。ケガの程度が重くないことをアピールし、ファンを安心させている。また、「雑誌の撮影が通常通り」できたとのことで、実際に仕事ができている状況をファンに伝えている。
 

木﨑ゆりあ、2月の大組閣にてSKE48からAKB48に完全移籍した

 また木﨑は「はじめてめちゃイケに出られると言う事で少し張り切りすぎちゃいました」と骨折当時の状況を説明し、「本番に参加できなくて残念です…また呼んで頂けるように頑張ります!!」と、怪我にメゲずに前向きな姿勢であることを綴っている。

 今回、骨折の原因となった「めちゃ日本女子プロレス」は、同番組で1999年から続く人気企画。レギュラーメンバーの光浦靖子や鈴木紗理奈、グラビアアイドルらがプロさながらの華麗なワザを見せる姿が人気を呼んでいるが、なまじ本格的だったことが、ケガに繋がってしまった可能性もありそうだ。

 なおフジテレビ側では、「当該コーナーの運営に当たって、安全性には細心の注意を払っておりましたが、このようなことになってしまい、木﨑さんに対して大変申し訳なく思っております」や「一日も早く完治されることをお祈りしております」とコメントしている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: AKB48  SKE48