新譜情報

バニラビーンズ×コップのフチ子、CDリリイベに大久保さんが乱入!?

2014年05月30日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 バニラビーンズが6月19日に開催する新作CD『きっといい場所(フチ)』のリリースイベントに、お笑いタレントの大久保佳代子が参加することとなった。大久保は自作の歌詞が採用されなかった件について、主催者側に直接意見をぶつけるつもりだという。

『きっといい場所』("場所"の読みはフチ)は、人気カプセルトイの「コップのフチ子」とT-Palette Recoredsが共同で展開するコラボキャンペーンから生まれた、コップのフチ子公式ソング。同キャンペーンではタワーレコードオリジナルの「コップのフチ子」が1万個限定で製作されている。

『きっといい場所』初回限定盤

 今回の公式ソングではバニラビーンズが歌を担当し、歌詞は自身もOL経験のある大久保佳代子の作詞初挑戦が決まっていた。大久保は喜びのコメント(下記別掲)も出すなどすっかりノリノリだったが、出来上がった歌詞を見た開発元のひとつである奇譚クラブ側が「フチ子のイメージにそぐわない」とNGを出すハメに。

【大久保佳代子氏の当初コメント】
「OL経験の色々な思い出をフレーズとして出しました。結果、良い思い出というより嫌だったり今でも不可解に思う事しか出ませんでしたが。それが曲となりバニラビーンズさんによって世に出るのは、何かこそばゆい感じもしますが、楽しみです」

タワーレコードオリジナルの「コップのフチ子」

 結局、大久保が作詞した『絶対パンティーライン』はカップリング曲となり、さらには"正式非公式ソング"扱いになることが決定した。これに納得がいかない大久保はリリイベの場で、奇譚クラブに直接意見をぶつけるつもりだ。なお同リリイベには、奇譚クラブでフチ子の広報を担当する「コップのシキ子」も参加が決定。大久保との直接対決を繰り広げることになりそうだ。

タワレコオリジナルの「コップのフチ子」はCDとのセットで1万個の完全限定生産となる


■「コップのフチ子」完全限定生産盤
http://tower.jp/item/3532358/
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加