連載/特集

HKT48 坂本愛玲菜、初ダンスは最悪のデビュー!?

2014年06月16日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 HKT48の3期生+ドラフト生を毎週一人ずつ紹介していく新連載。月水金更新の前中後編で、メンバーの過去・現在・未来について迫っていきます。2人目は"えれたん"こと坂本愛玲菜ちゃんです!
 

坂本愛玲菜

さかもと・えれな 2000年9月12日生まれ。福岡県出身。ニックネームは、えれたん。2013年8月、HKT48 3期生オーディションに合格。11月のひまわり組「パジャマドライブ」公演で初披露目の後、12月に研究生公演「脳内パラダイス」で劇場公演デビューを果たした。
 
 
──まず前編は子供の頃からHKT48に入るまでのことを聞きたいと思います。最初に皆さんへの共通質問です。人生で一番古い記憶って何ですか。

坂本 2歳か3歳の時に、家のソファの上に乗って踊ってたんですよ。そしたら、すべって下に落ちちゃって。私が急に消えたから、お母さんがビックリして探してたみたいです。

──ソファの背もたれのところに乗ってて、後ろに落ちちゃったってことね。

坂本 そうなんですよ。すごく痛くて、泣いたのを覚えてます。

──まぁ、それが人生初のダンスの記憶になるね。

坂本 最悪のデビューですね(笑)。

──もう少し大きくなってからの記憶は?

坂本 保育園の先生がピアノを弾いてるのを聴いて覚えて、家にあったキーボードで弾き真似ができたんですよ。そこから、本格的にピアノを習い始めるようになりました。

──かなり天才的なエピソードだね、それ。

坂本 いえいえ、そんなことはないと思うんですけど、なんか弾けちゃったんですよね。結局、小学校6年間習って、今でも特技はピアノって言ってます。
 

坂本愛玲菜

──それ以外に、習い事はしてた?

坂本 ピアノと同じ6年間、ロックダンスとヒップホップダンスを習ってました。

──それは自分からやってみたいって言い出して?

坂本 お母さんから勧められて、でしたね。

──「昔、ソファの上で踊ってたじゃないの」みたいな感じで?

坂本 それは言われなかったですけど(笑)。でも、やってみたら、すごく楽しかったです。

──どんなところが楽しかったですか。

坂本 やっぱり振りを覚えて踊れるようになると気持ちいいし、踊ってるとイヤなことも忘れられるので。

──そんな小さい頃から、イヤなことがあったんですか(笑)。

坂本 いろいろあるんですよ、子供なりに(笑)。
 

     坂本愛玲菜

──アイドルに興味を持ち始めたのもそのくらいから?

坂本 私はまだあまり興味はなかったんですけど、友達がHKT48のことが好きで「博多レジェンド」公演に誘われて、一緒に行ったんですよ。それを観て、すごいなーって思って、そこからAKB48グループが気になるようになりました。

──その頃、憧れてた先輩はいる?

坂本 「博多レジェンド」で観た熊沢世莉奈さんのダンスがホントにキレキレで一番目が行きましたね。

──やっぱりダンスを習ってたから、そういうことにもすぐに気付いたんだね。

坂本 はい。この人は私なんかとはレベルが違うなって思いました。

──そんなきっかけで、HKT48の3期生オーディションを受けるに至ったわけね。

坂本 オーディションなんて初めてだったので、どうしていいか分からなかったですね。ちょっとだけ人見知りだったので、オーディションを受けに来ていた周りの子たちとも話せなくて。他の子たちはみんなで話してたりしてたんですけど、私だけ一人ぼっちで緊張してました。

──ということで、オーディションの結果発表など、ここから先の話は次回の中編で!

 坂本愛玲菜ちゃんインタビュー中編は6月18日(水)更新です。お楽しみに!



■坂本愛玲菜 Google+
https://plus.google.com/113611364612257749997/

(取材/文 青木孝司)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: HKT48  HKT48 3期生連載 

          

関連ニュース

連載/特集の関連ニュース