インタビュー

チキパ インタビュー前編「小生意気って何だろうと悩んだ」

2014年06月17日 17時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6月18日にミニアルバム『Together』をリリースするCheeky Parade。そこで、3月の初ワンマンライブから10月に控えるニューヨーク公演まで、賑やかにトークしてもらった。
 

――3月22日に品川ステラボールで行われた初ワンマンはどうでしたか?

小鷹狩 (溝呂木を見て)どうですか?

溝呂木 え? いきなり? そうですね。念願のワンマンライブだったんですけど、ステージからの眺めが壮観で、その瞬間に涙ぐんでしまったメンバーもいて。うん、達成感しかなかったですね。1部では緊張しすぎてしまったのですが、2部では緊張せず、すべての力を出し切ることができたかなって。

――対バンライブでも大きいステージには立っていますが、ワンマンライブとなると変わるものですか?

関根 約2時間のライブをチキパだけでやるというのが想像つかなかったというか。30分くらいのステージはたくさんやってきたんですけど、2時間も体力が持つのか、どんな構成にすればいいのか、そんな不安はありました。

――その不安は解消されました?

関根 そうですね。終わってみると9人だけで2時間を完走できたことの達成感がすごくあって。最初にガツンと盛り上げて、ユニット曲があって、最後はバラード曲で私たちの気持ちを話して終わるという、これまでに観てきたアーティストさんたちのライブに近い形のものができた喜びがありました。

――ワンマンライブまでの道のりは険しかったと思います。

真梨耶 すっごく長く感じました。3月22日という目標に向かっ……ん??

関根 大丈夫。合ってるよ。

真梨耶 あぁ、よかった(笑)。その目標に向かって、9人が気持ちをひとつにして、ね。

――そんな気持ちを爆発させて、ステージを走り回ってましたね。

小鷹狩 そうなんですよ! 「チキパ=はっちゃけたライブ」っていうイメージがあるじゃないですか。その通りに端から端まで走ったり、大きく踊ったり、いろんなリハーサルをしました。ただ今回は、アリーナ級の巨大なスクリーンの映像とコラボしたので、実際に会場で映像と合わせてみると全然違って、振りから立ち位置まで、直前でかなり変わったのが大変でした。

――真梨耶さんには映像でタライが落ちてくるという演出もありました。

真梨耶 そうなんですよ! いつもの立ち位置の目印のバミリは1とか0.5とかなんですけど、今回はその間の0.75とか0.8まで出てきて。さらに頭は0.7で体は1とかもあったり、高度なことを経験させてもらいました。

――小鷹狩さんのダンスと仮装大賞のような点数表示がリンクしていたのも面白かったです。

小鷹狩 曲が前々日くらいに変わったので、動きと映像を合わせるのが難しかったです。本番でも1部も2部も両方間違えてしまって。

溝呂木 どっちも!?

――まったく気がつかなかったです。

小鷹狩 そこはうまくごまかして。

溝呂木 臨機応変に対応したんだね。

小鷹狩 そうなんですよ!

真梨耶 えばる(威張る)ことじゃないから!
 

グループを代表して5人が参戦! 左から関根優那(せきね・ゆうな)、溝呂木世蘭(みぞろぎ・せらん)、鈴木真梨耶(すずき・まりや)、小鷹狩百花(こだかり・ももか)、永井日菜(ながい・ひな)

――ユニット曲もよかったです。

関根 ユニット曲があると、それぞれのメンバーの個性をより覚えてもらえるのかなって。

――関根さんはセクシー担当ということで。

永井 チキパの色気番長なんです。

関根 いや~、迷走してる感じがする……。日菜にも色気が出てきたよ。

永井 いや、色気があるのは(山本)真凜と(鈴木)友梨耶と世蘭だよ。

溝呂木 え? 世蘭も!?

小鷹狩 世蘭はやめとき。

――品川では真梨耶さんの初センター曲『Together』も披露されました。

真梨耶 そうなんです! 初ワンマンライブで満員のお客さんの前で初披露するなんて、緊張感がすごかったけど幸せでもありました。

――あっち向いてホイの動きも入っていて面白い振りですよね。

真梨耶 そうなんです! 『Together』にはストーリーがあるんです。2.5Dさんのイベントで莉乃がタイトルを決めて、曲はヒゲドライバーさんと一緒に作って、詞はファンのみなさんから募集しました。その曲のセンターはあっち向いてホイのトーナメントで決めたんですけど、決勝は私とお姉ちゃん(友梨耶)の対決になったんです。だから、振りでも最後はお姉ちゃんと対決してるんです。お姉ちゃんがわざと負けたんじゃないかっていう噂もあったんですけど、振りではそれを逆手にとって、お姉ちゃんは負けたのに笑顔なんです! 「together♪together♪」の時の挑発するような振りにも注目してください! それに、『Together』はファンの方が右も左も真ん中も声を出していかないと完成しない曲なんです!

――チキパのファンは熱いイメージがありますよね。

真梨耶 そうなんです! ファンの方と『Together』したいと言ったら、コール&レスポンスの時に品川ステラボールの天井が突き抜けるくらいの歓声があって、すごくうれしかったです!

――『dIscovery』もチキパの想いがこめられたいい曲ですよね。

溝呂木 主に1stアルバム『Cheeky Parade Ⅰ』に収録されたユニット曲の3曲をマッシュアップした曲になっているんです。

関根 チキパが結成して3年経った今だからこそ歌える曲なのかなって思います。

――歌詞のように小生意気に振り回されていたこともありました?

関根 そうですね。小生意気ってなんだろうって悩んでいた時期もあったんですけど、チキパの自由な感じなんじゃないかっていう結論にたどり着きました。

――小鷹狩さんなんてかなり自由ですもんね。

小鷹狩 そうですね。自由にやらせていただいてます(貫禄たっぷりに)。

関根 大物感あるね(笑)。

小鷹狩 チキパは楽屋にいる時とライブ中で変わらないんですよ。そこがいいんじゃないかって思いますね!

――小鷹狩さんも変わらない?

小鷹狩 (メンバーを見て)変わらない?

溝呂木 変わらないよ! それに、今年はしゃべる年にするんでしょ?

小鷹狩 そうです! 今年は前に前に出たいんです。

――去年はあまり前に出られなかった?

小鷹狩 ライブ中のMCで前に出られなかったんですよ。

永井 実力を隠してたんだよね?

小鷹狩 はい!

――小鷹狩さんには、前には出るんだけど言葉が出てこなくて後ろに下がっていくという印象があるんですが。

小鷹狩 そういうタイプです!

――当たってましたか(笑)。小鷹狩さんと真梨耶さんのチィキィももまりも最近見なくなったような気がするのですが。

真梨耶 一度解散したんですよ。

――そうだったんですか。

真梨耶 というより、いつの間にか解散に導かれていて(笑)。ただ出番がなくなっただけなんですけどね。

小鷹狩 自己紹介からの進歩がなかった(笑)。でも、アルバムでユニット曲を作ってもらって復活したんです。

――これからMCも復活するかもしれない?

真梨耶 はい! がんばっていこうと思います。

――そうなるとネタも考えておかないと。

真梨耶 そうですねぇ。最年少だからできることがあるはずなので……。

――最年少だからできることってなんでしょう?

真梨耶 たとえばゆうにゃんとかあさみん(渡辺亜紗美)がファンの方に水をまいたら「やめてよ! もう大人じゃん!」ってなると思うんですけど、真梨耶たちだったら「なんだよ~」くらいで済むと思うんです。まだ年齢が低いから暴れても許されるかなって。あくまで私の予想なんですけどね。

(聞き手・大貫真之介)

後編に続く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: Cheeky Parade