連載/特集

HKT48 筒井莉子 子供のころの恐怖心霊体験を語る!

2014年06月30日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 HKT48の3期生+ドラフト生を毎週一人ずつ紹介していく好評連載。月水金更新の前中後編で、メンバーの過去・現在・未来について迫っていきます。第4回は"つっつん"こと、筒井莉子ちゃんが登場。子供のころに遭遇した恐怖体験を語ってくれました。
 

つつい・りこ 2000年2月22日生まれ。佐賀県出身。ニックネームは、つっつん。2013年8月、HKT48 3期生オーディションに合格。11月のひまわり組「パジャマドライブ」公演で初披露目の後、2014年2月に研究生公演「脳内パラダイス」で劇場公演デビュー。


──それでは、よろしくお願いします。まずは、皆さんへの共通質問ですが、人生で一番古い記憶は何ですか。

筒井 3歳の時、めっちゃ気味が悪い霊を見ちゃいました。

──それはまた強烈な思い出をお持ちで…。

筒井 夜、おばあちゃんとお姉ちゃんとお散歩してたら、莉子が「もう帰る!」って言い出して。前のほうから白くて長い髪の女の人が四つん這いで歩いてくるのが見えたんです。

──白い毛で四つん這い…。んー、それはきっと白くて大きい犬か何かだったんだろうねー。

筒井 違います、あれは霊です!(笑)

──そっち方面は今でも苦手? 恐い映画は観られないとか。

筒井 あ、それは大好きです(笑)。

──小さい頃にそんな体験をして、逆に慣れちゃったのかな。

筒井 そうかも知れないです。
 

筒井莉子

──小さい頃はどんな子でした?

筒井 めっちゃ元気で、いつも外で遊んでましたね。バレーボールとか、鬼ごっことかして。

──子供らしい子供ですね。

筒井 風邪とか全然ひいたことなかったんですよ。

──習い事は何かしてました?

筒井 ピアノを習ってました。あとは武道とか。

──武道と言うと…?

筒井 柔道を小学校で6年やってて、中学では剣道部に入ってます。

──それはかなり本格的ですね。

筒井 親戚が柔道の先生をやってて、お姉ちゃんが先に習ってたんですけど、それを見てるうちに自分もやってみたくなって。
 

     筒井莉子

──そんな武道系だった莉子ちゃんがアイドルに興味を持つようになったきっかけは?

筒井 最初に好きになったアーティストがEXILEさんだったんです。小学校3年生くらいの時ですね。元々はお母さんがファンで、一緒にコンサートとか行ってるうちに莉子も好きになって。

──どんなところが好きだったの?

筒井 やっぱりダンスがカッコ良かったし、ATSUSHIさんが歌う声も好きでした。それで、音楽番組を見るようになったら、そこにAKB48さんも出てて。

──それがAKB48との出会いだったわけですね。では、そこから後のお話は次回の中編で…。

 筒井莉子ちゃんインタビュー中編は7月2日(水)更新です。お楽しみに!




■筒井莉子 Google+
https://plus.google.com/115059632553757991807/

(取材/文 青木孝司)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: HKT48  HKT48 3期生連載 

          

関連ニュース

連載/特集の関連ニュース