コラム

ドルヲタモデル日笠麗奈が想う「アイドルの終わり」のこと

2014年07月02日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 モデルでありながら、アイドルに対する深い愛の目線を持つ日笠麗奈が寄稿する当コラム。3回目の今回は、アイドルの〝突然の活動休止〟について、思うところを綴ってくれました。

 


 最近の私の周りのアイドルトピックスといえば……うーん。

 私事ですが、半年間MCとして出演させていただいたテレ朝動画のアイドル番組「DD.ディスティネーション」が配信休止となってしまいました。また復活することを信じて〝休止〟と言ってますが、実際のところはよくわかりません。神と、テレ朝の偉い人のみぞ知る、です。(笑)

 まぁ番組の終了は仕方ないことなので受け入れるしかない、という感じだったのですが、これをアイドルに置き換えたら……ってことを考えると、ねぇ。なんだかねぇ。

 この番組の終了をスタッフさんから知らされるのとほぼ同時期に、AeLL.さんの無期限活動休止が発表されました。(ソロ活動に専念するため、2014年9月14日のラストライブをもって活動休止)

 大好きなグループだったし、自分の番組のことと時期が重なったというのもあって、ショックだったし、色々と考えるきっかけにもなりました。

 AeLL.さんだけじゃなく、ここ最近だけでも何人ものアイドルさんが、期限の違いは様々ですが活動休止の発表をしています。今に始まったことじゃないですし、私ももう幾度となく推しの卒業を経験してきましたが…やっぱり突然のお別れは悲しいです。

 でも、別れは〝突然〟でしかあり得ないんですよね。

 アイドルに限ったことじゃないけど、ツイッターやブログに書かれていることが全てじゃないから。

(これは個人的な好みですが、アイドルちゃんは、ブログもツイッターも存在そのものも、現実とファンタジーの中間くらいがいいなぁって。全てを知りたいとは、私は思わないので……。)

 日々悩んだり色んなことを考えながらも、笑顔でステージに立って、可愛い自撮りをブログにアップして、それがアイドルというお仕事だと思います。だから「あぁ、活動休止しそうだなー……」なんて、察知できるはずもないのです。察知できちゃったらやだよ、悲しすぎる。

 じゃあ、私たちに何ができるだろう……って考えたら、やっぱり、応援することしかできなくて。

アイドルがアイドルじゃなくなった時に、思い出して幸せだったなって思えるような声を、景色を、私たちなりに伝えて、作っていくことしかできないんですよね。

実際、私も番組の視聴者の方から本当にたくさんの声をいただいて、めちゃくちゃ励まされました。ただのアイドル好きが生意気に番組なんてやって、正直、アンチしかいないんだろうなぁって思ってたんですけど……(笑)

この番組と携われてよかったなぁって、皆さんの声のおかげで思うことができました。この場を借りて、改めて、本当にありがとうございました!

感情のままに書き連ねて話があっちゃこっちゃしましたが、つまり何が言いたいかといいますと、番組もアイドルも、未来はどうなるかなんてわからないんだからね!!! 日々、後悔のない〝推し事〟をしていきましょうね!!!

日笠麗奈 (ひかさ・れいな)
ハロオタ出身ももクロ経由のKSDD。
現在は月に10本程度、年間100本ほどのライブに通う。
現場至上主義。接触(握手会など)はちょっと苦手。
クルミクロニクル『Second Spring EP』の帯コメントやライブレポートの執筆、
テレ朝動画のアイドル番組『DD.ディスティネーション』MCなど、KSDDモデルとして活動中。

■日笠麗奈オフィシャルブログ「れいなぶろぐ」 http://ameblo.jp/hikasa-reina/
公式twitter http://twitter.com/reina_hikasa
※本業はあくまでモデルです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 日笠麗奈