トピックス

「さよなら、えれぴょん」 小野恵令奈が7月15日で芸能界を引退

2014年07月03日 15時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女優、アーティストとして活躍してきた小野恵令奈が7月15日をもって芸能界を引退することになった。2006年4月1日のAKB48劇場公演デビューから数えて8年と105日、今年二十歳になったえれぴょんは、新たな人生へと踏み出す。

 小野は本日15時に投稿した自身のブログにて、引退を公表。引退と同時にブログも閉鎖される予定となっている。
 

7月15日をもって芸能界を引退する小野恵令奈

 小野は2006年にAKB48の第二期メンバーとして芸能界デビューし、翌2007年にはスクリーンデビュー。2009年の第1回選抜総選挙では11位に入り、12位までの「メディア選抜」入りしていた。

 2010年7月の公演で、同年夏をもってAKB48を卒業すると発表。9月27日のチームK公演を最後に、AKB48を卒業した。

 2011年7月、ブログを新たに開設し、10月30日には事務所に所属したことを発表。2012年6月に1stシングル『えれぴょん』でソロデビューし、同年には日本レコード大賞 新人賞を受賞。ソロアーティストとしての活動を続けてきた。

 2013年4月~6月には主演ドラマ『タンクトップファイター』が放送され、5月には同ドラマの主題歌である5thシングル『ファイティング☆ヒーロー』をリリース。さらに6月には1stアルバム『ERENA』を発売した。このころからブログの更新が滞るなど活動が停滞。今年は一度も更新がなく、今回の発表へと至った。

【小野恵令奈コメント】

皆様へ

この度小野恵令奈は、2014年7月15日をもって芸能界を引退する事にいたしました。
突然のご報告となり、皆様にご迷惑とご心配をおかけすることになってしまい、ごめんなさい。

私は12歳で芸能界に入り、お仕事を通じてたくさんの勉強をさせていただきました。
普通では味わえないような経験を、夢の様な時間を、景色を見させて頂きました。
憧れであった仕事だったからこそ、無我夢中でいられた反面、思春期を経て色々と考える様になった自分がいることに気づきました。
20歳に近づくにつれて、その想いが強くなっていき、自分自身と向き合って考える時間も増えていきました。
そして、新たな夢や目標が出来て今回の様な決断をさせて頂きました。
これからは違う形ではありますが、新たな目標に向けて進むべき道を一歩一歩しっかり進んでいきたいと思います。

また、そういう時期がきましたら、あらためて皆様にお伝えすることができるかもしれません。

本当に沢山のファンの方々や関係者、スタッフの皆様の支えや応援があったからこそ、今に至るまで私は、素敵な芸能生活を送らせて頂けたと本当に本当に心から感謝しています。

約8年間、とても楽しかったです。
みなさんに出会えた事、過ごした時間、幸せでした。

ありがとうございました。

小野恵令奈


■ONO ERENA OFFICIAL BLOG(7月15日以降閉鎖予定)
http://yaplog.jp/lp-erena/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: AKB48