コラム

ロコドルみきちゅが灼熱の沖縄フェスで実感した「ファンからもらう力」

2014年07月12日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 7月5日、6日に沖縄で開催されたアイドル野外フェスの「瀬長島ガールズ・ポップ・フェスティバル2014」。モーニング娘。OGやアイドリング!!!、SUPER☆GiRLSらを筆頭に、全36組ものアイドルが真夏の沖縄で熱いライブを繰り広げた。

 この瀬長島フェスに、遠く1800km離れた東北の地から1人のソロアイドルが参戦。仙台を拠点に活動するアイドルシンガーソングライターの「みきちゅ」である。単身、沖縄に乗り込んだみきちゅに今回、出演者サイドからの視点で同フェスの現地レポートを書いてもらった。第1回は、みきちゅ自身のライブをメインにした参戦レポである。
 

600円くらいの日焼け止めを買おうとして、友達に止められた。
「みき、沖縄なめたらやばいよ!」
アイドルは日焼け厳禁! と結局3000円の日焼け止めを買い、初の沖縄ライブへと旅立ったのです。。。
 

瀬長島フェスの現場で自撮りするみきちゅ

7月6日日曜日、イベント当日。
会場につくと、何もしなくても暑くて暑くて汗が流れていく暑さ。
そして控え室の窓から見える綺麗な景色に沖縄に来たということを改めて気付かされます。
 
外でライブ待機しているだけでへろへろになりそうな私に、前日土曜日からイベントに参加していた出演者さんは「もう慣れた」と。。。
人間の順応能力のすごさよ!!
待機する場所には氷水に入ったたくさんの飲み物がおいてあり、アイドルの体調を気遣う運営さんの優しさに涙が出そうになりました(実際流れたのは汗でしたが)

暑い暑いといいながらも、自撮り(1枚目の画像)は欠かさないアイドルあるある。
 

フェスの会場となった瀬長島は、那覇空港の南に位置する無人島。海の色がアクアブルーになっている手前側はリーフ(サンゴ礁)である

瀬長島ガールズポップフェスティバルは全国からよりすぐりのアイドルが集まる野外のフェスイベント。
ステージは"ちゅらステージ"と"うみかじステージ"の2つ、その他にもアイドルカフェや物販を並行して行なっているため、色んなところにカラフルな衣装を着たアイドルさんが歩いていたりする光景がお祭りらしく素晴らしい!

でも、それ以上に色んなアイドルのTシャツを着たドルオタの皆さんの姿が目をひきます!
やはり、ドルオタってすごい!!
海を越えて沖縄まで推しを追いかけてきちゃうんだもん。
アイドルとはなんとも幸せな職業だと改めて感じました。

内容盛りだくさんなイベントの中、自分のライブではどれだけたくさんの人を巻き込めるのかが勝負だと思いました。
最初は初めて見た人でも楽しめるよう明るく、振り付けやコールも簡単な『First love』、『恋愛パズル』を盛り込みました。

みきちゅのライブでは「みきちゅMIX」というものがあり、普段のタイガーファイヤー……のMIXではなく、ただひたすら「みきちゅ! みきちゅ! みきちゅ! みきちゅ! みきちゅ! みきちゅ! みきちゅー!」と叫ぶだけのMIXなのですが、最初は通常のMIXも混じっていた声援が徐々に「みきちゅ!」になっていくのは何度体感しても感動してしまいます。

弾き語りや、バンドを経験してきた私の中で、アイドルのもつお客さんとの一体感は本当に大切なもので、ソロでやっていてもひとりじゃないと思える、強くなれる瞬間!
そんなみきちゅMIXを綺麗な青空の下で貫けたことがとても嬉しかったです!!

明るい曲ではじまったライブも、途中には『アイドルの秘密』、『I☆SSW』などエモーショナルで、アイドルシンガーソングライターみきちゅにしか歌えないヒリヒリとした歌詞も盛り込んだ「勝負の曲」を披露しました。

ここでは「みきちゅ口上」などもあるのですが、遠征してくださった「みきちゅふぁみり」(みきちゅファンの総称)が率先して盛り上げてくれたおかげで、各地の色んなドルオタの皆さんとともに沖縄でも一緒に夢の舞台をつくることができました。

【みきちゅ口上】

ふぁみりパート 未来じゃなくて今ここで
みきちゅパート 愛ある音楽届けます
ふぁみりパート 俺の!
みきちゅパート 私の!
一緒に 夢の舞台!
ふぁみりパート もっとかけてよ みきちゅMAGIC!

40分続いたステージの最後は『フローズンストロベリー』。
この曲は、みきちゅMIXからはじまり、コールやジャンプなど、アイドルソングの魅力をたくさんに詰めた曲で、その分体力の消耗もものすごい曲です。
途中MCと休憩を挟みながらのライブでありましたが、私の体力も、ステージからみえるお客さんの表情も笑顔ながら「疲れ」が見えました。

そんな中でも最後まで一生懸命に盛り上がってくれて、一緒に「この瞬間にしか創れない曲」にしてくれるお客さんの姿に感動するとともに、思ったんです。
私が立つ"うみかじステージ"はサブステージ。目の前にはメインステージの"ちゅらステージ"。サブよりも大きなステージ、大きな音、目立つ場所、全てが羨ましい、、、

次またこのイベントがあるときは、絶対に、絶対にメインステージに立ちたい! 今目の前で聴いてくれるみんなを、大きいステージに連れて行きたい! と思ったら、体力の限界が近づいてたのに、急に目の前がはっきりしてきて、声もどんどん出て来たんです。
不思議な感覚でした。

それでも、結局はステージを降りたらへろへろなところをいずこねこに撮られました(笑)
 

炎天下で40分間という長丁場のステージを終えたみきちゅ。この写真を撮影したいずこねこ(ミズタマリ)とは、"ねこちゅ"というユニットも組んでいる

ドルオタのみなさんはよく「アイドルに元気をもらっている」というけれど、アイドルも同じ気持ちなんです!
聴いてくれる人がいてはじめて私が歌う意味が生まれて、一緒に盛り上がってくれたり、一緒に泣いてくれる人がいてはじめてアイドルシンガーソングライターとして此処にいる意味が生まれるんです。

普通に生きていたら、仙台に住みながら沖縄で私の歌を待ってくれてる人なんていないけれど、この道を選んで、応援してくれる人がいて、どんな場所でもみきちゅらしいライブができている。
なんて幸せな人生なんだろうと思います!

でももっと幸せな人生にするために、まだまだ現状で満足せずみきちゅは頑張っていきますよ!!
ついてきてくれるあなたのこと、これから出会うあなたのことを、何よりも大切にします♡

次に沖縄に来る時は、絶対にもっとBIGになるんだ~と誓った一日でした!
 

瀬長島フェスのイベントで撮影したチェキ

<みきちゅ セットリスト> 

M1 Morning magic
M2 キラキラ
M3 First love
M4 恋愛パズル
M5 アイドルに恋をした
M6 アイドルの秘密
M7 I☆SSW
M8 フローズンストロベリー

<みきちゅ イベント情報>

7月13日(日) 『アイドルの秘密』予約イベント
新星堂サンシャインシティアルパ店 18:00~

7月14日(月) 『アイドルの秘密』発売記念イベント
タワーレコード仙台パルコ店 19:00~

7月15日(火) 『アイドルの秘密』発売日イベント
タワーレコード吉祥寺店 20:00~

7月19日(土) いずこねこ×みきちゅ ツーマンライブ
新宿MARZ ※時間未定

7月20日(日 )『アイドルの秘密』 発売記念ミニライブ+特典会
タワーレコード秋葉原店 第1部 13:00~/第2部 15:00~
 

3rdシングル『アイドルの秘密』

みきちゅ 1993年1月26日生まれ、仙台出身・在住。 16歳でライブ活動を始め、弾き語りやバンド活動などを経て、自分で作詞作曲も手がける“アイドルシンガーソングライター“として活動中。7月15日発売の3rdシングル『アイドルの秘密』は、制作資金をクラウドファンディングのCAMPFIREで集めたことで話題になった。
みきちゅ公式ブログ「ちゅぶろ。」 http://ameblo.jp/mi7ki/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: みきちゅ 

          

関連ニュース

コラムの関連ニュース