ライブレポ

大人AKB48の"まりり"が女子高生の制服姿に挑戦!

2014年07月17日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 大人AKB48の"まりり"こと塚本まり子が7月16日、AKB48劇場で行なわれたチーム4の「アイドルの夜明け」公演にて劇場デビューを果たした。

 これまでもコンサートや握手会などには参加してきたが、この日は塚本にとって38回目の誕生日でもあり、その記念日に劇場公演デビューを果たした。

 メンバーが鼓笛隊に扮してパフォーマンスを行なう公演1曲目の『アイドルの夜明け』では、センターポジションに立ってバトンを担当。臆することなく笑顔でメンバーの演奏を統率すると、その後もダンスや衣装の早着替えなどもそつなくこなしていった。

『アイドルの夜明け』でバトンを担当する塚本まり子 (c)AKS

 だが、オープニングの4曲が終わると、早くも汗と息切れが止まらない様子。手をウチワの代わりに動かして汗を抑えようとするも、15歳の込山榛香から「まりりさんとお母さんは同じ年」と指摘されると思わず手が止まり、「えっ!」と目を見開く場面も。

 それでも、自身の挨拶の場面では「♪まりりりり、まりりりり! 恋のポケベル鳴らしちゃうぞ! まりりこと大人AKBの塚本まり子です!!」と、今やおなじみとなった昭和テイストの自己紹介で会場を沸かせた。この反応には、「今日は初めてです! 劇場!!」とニッコリ。観客席からの「カワイイ!」というコールには、「ありがとう!」と満面の笑みで応えてみせた。

『拳の正義』の特攻服姿でポケベルをモチーフにした自己紹介 (c)AKS

 その後も塚本はユニット曲の『片想いの対角線』では堂々とセンターを務め、『女子高生はやめられない』では20年前にプレイバックしての制服姿を披露。さらにぬいぐるみを手にしたキュートなパフォーマンスを見せた。

『片想いの対角線』 (c)AKS

『女子高生はやめられない』で制服姿を披露 (c)AKS

 公演中盤には、パフォーマンスを終えた安心感からなのか、MCを務めるべきパートを忘れて舞台袖にハケてしまう場面も。

 そのMCコーナーでは、「ダンナさんからはどんなプロポーズをされたの?」と、他のメンバーなら絶対に聞かれることのない質問が飛び出す。これに対して塚本は、「アジの開きが並んだ食卓で何となくされました」と明かし、娘ほど年の離れたメンバーから冷やかされてテレ笑いだ。

 アンコール明けの公演ラスト曲『アリガトウ』では感極まって目を潤ませた塚本だが、年下の先輩たちから優しく肩を抱き寄せられ、頭をなでられて祝福された。

 公演の最後には、誕生日当日とあって、人生初の生誕祭も体験。ここで、自ら推しメンと公言する渡辺麻友からの手紙がサプライズで読み上げられた。

まりりの生誕祭では、渡辺麻友からの手紙が詠みげられた (c)AKS

 渡辺の手紙は、「まりりは歳を感じさせないほどとても若くて、いつもまりりと話す時は、つい同年代の子と話すような感覚で話してしまいます。親しみやすくて、仕草が一つ一つ可愛くて、美人さんで、スタイルが良くて、本当に小顔で、まりりは大人の女性として、とても憧れます」と、塚本をベタ褒めだ。

 さらに、「家事、育児との両立で忙しい日々の中、AKBのお仕事も誰よりも一生懸命こなすまりりを見て、『私も頑張らなくちゃ!』といつも奮起させられます。そんなまりりが、本当に大好きです!」と、まゆゆがまりりから刺激を受けていることを明らかにした。

 そして、大人AKB48が期間限定なことに触れ、「こうしているうちにも、まりりとのお別れの時が近づいているんだと思うと本当にさみしいです。もっとまりりと一緒にいたい、といつも思います。まりりがAKB48を卒業するその日まで、同じAKB メンバーとして、一緒に頑張って行きたいですし、たくさんの思い出を作って行きたいです!」と、残り少ない時間を共に過ごすことを強調。

 そのうえで、「こんな私ですが、これからもよろしくお願いします! そして、人生の先輩として色々なことを教えてください! 今日はお誕生日、本当におめでとうございました! まりりにとってステキな1年になりますように」、温かい言葉で誕生日メッセージを締めくくった。

 こんな感動のメッセージに塚本は、涙で頬を濡らしながら思わず「まゆゆー!」と絶叫。そして、「一生忘れられない38歳だと思いますので、後悔のないAKB48を、あと少しですがやりたいと思います。どうかよろしくお願いします」と頭を下げた。

まゆゆからの手紙に感動し涙を流す塚本 (c)AKS

 さらに、「今日は本当にありがとうございました。本当にこの劇場に出たくて、でも、なかなか踊りが覚えられなくて……。みなさんのおかげでスゴく楽しくステージに立つことができました。今日だけじゃなくて、まだこれからももっと練習して、また出たいと思います。頑張りますので、応援よろしくお願いします。今日はありがとうございました」と、ファンへの感謝の言葉を口にし、生誕祭の幕を閉じた。

ロウソクを吹き消す塚本。38本立っていたのだろうか (c)AKS

 なお前日の7月15日には、塚本が出演する江崎グリコ「パピコ」の新CM「パピコ 大人AKB48卒業」編が発表になったばかり。大人AKB48の活動は8月31日までの期間限定で、同CMは塚本が「本当に、4カ月間ありがとうございました!」と頭を下げるというもの。これに対し、渡辺麻友が「って4カ月かよ!」とツッコミを入れるシーンが見ものだ。

残り1ヵ月半の活動期間で、大人AKB48は輝き続ける (c)AKS

 7月16日には「大人AKB48|パピコ」のサイトにて、ドキュメントムービー3本も公開。「初めてのCM 撮影」篇、「まりり、ファンと初対面」篇、「只今アイドル特訓中」篇を楽しむことができる。

■大人AKB48|パピコ
http://papico.glico.com/top/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: AKB48