連載/特集

HKT48 田中美久 オーディションの振付は即興だった!

2014年07月23日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 HKT48の3期生+ドラフト生が毎週一人ずつ登場する連載の第7週目。田中美久ちゃんインタビューの中編ではオーディションを受けたきっかけや、オーディションでのエピソードを語ってもらいました。
 

     田中美久

たなか・みく 2001年9月12日生まれ。熊本県出身。ニックネームは、みくりん。2013年8月、HKT48 3期生オーディションに合格。11月のひまわり組「パジャマドライブ」公演で初披露目の後、12月に研究生公演「脳内パラダイス」で劇場公演デビュー。2014年2月の「AKB48グループ大組閣祭り」でチームH昇格が発表された。
 
 
──それでは、前編の続きのお話から。大島優子さんがきっかけで、AKB48に興味を持ち始めたんでしたね。

田中 はい。そのうちに篠田さんや板野さんが卒業して、寂しいなーと思ってたんですよ。そしたら、ママが「HKT48のオーディションあるよ。受けてみる?」って言って。

──それを聞いて、受けてみたいなって?

田中 そうですね。篠田さんや板野さんみたいに、次は美久がそんなふうになれたらいいなって思って。

──小学生でそこまで考えてたとは! まぁ、ダンスを習ってた経験もあるしね。

田中 それはちっちゃい頃に1年くらいだけだったので、ほとんど覚えてないですけどね(笑)。

 

田中美久

──オーディションはどうでした?

田中 ダンスと歌の審査があったんですけど、ダンスのほうは全然踊れませんでしたね。「あー、これは落ちたな」って思いました。

──歌のほうは?

田中 ケラケラさんの『スターラブレイション』を歌いました。歌いながら、その場で考えた振付もやって。

──自信がなかったダンスのほうを挽回っていう感じですね。

田中 歌い終わった後に、審査員の方から「その踊りは練習してきたの?」って聞かれて「今、考えて踊りました」って答えたら「すごいねー」って。

──それが合格の決め手だったのかも知れないですね。合格が決まった時の気持ちは?

田中 合格って聞いた時は「え、嘘!?」って思いました。全然、実感がなかったですね。だんだん実感がわいてきたら、自分がやっていけるのかなあって不安になってきました。

 

     田中美久

──でも、初お披露目の「パジャマドライブ」公演では、バックダンサーに選ばれました。ここ(取材をしていた会議室)で言われたんでしたっけ。

田中 あー、そうでしたね、ここです(笑)。バックダンサーに選ばれたことは本当にうれしかったですけど、それで喜んでちゃダメだなって思いました。せっかくいただいたチャンスを大事にして、もっと頑張らなきゃって。

──大人ですねー。初お披露目の1カ月後には研究生の「脳内パラダイス」公演で、正式に劇場デビューしましたね。

田中 公演に最初から最後まで出るのは初めてだったので、どのくらい大変なのか分からなくて不安はありましたね。最後まで体力もつかなあって。

──特にHKT48劇場のステージは、他のグループの劇場よりも広いですからねー。

田中 デベソっていうサブステージもあるので、お客さんとの距離が近くて緊張しましたね。初めのうちはお客さんと目が合うと、そらしちゃったりして。最近はだんだんと慣れてきましたけど。

──では、さらに続きの話は後編でよろしくお願いします。

 田中美久ちゃんインタビュー後編は7月25日(金)更新です。お楽しみに!

■HKT48 部屋っ子II Google+
https://plus.google.com/108970757420572548175/

(取材/文 青木孝司)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: HKT48  HKT48 3期生連載 

          

関連ニュース

連載/特集の関連ニュース