コラム

出演者から観たアイドル夏フェスの魅力とは―みきちゅ@瀬長島フェス

2014年07月22日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 来週末には本丸のTIF2014を控えるなど、全国各地でアイドル夏フェスが目白押しの夏がやって来た。その皮切りとなった7月5日、6日の「瀬長島ガールズ・ポップ・フェスティバル2014」に出演した"みきちゅ"による、出演者サイドから見た夏フェスの現地レポートをお届けする。

 みきちゅと言えば、7月14日付のオリコンCDシングルデイリーランキングで9位にランクインし、Yahoo!のトップニュースや急上昇キーワードにも取り上げられた話題のロコドル。自身もドルヲタであるみきちゅゆえ、他のアイドルたちのステージにも興味津々だったようだ。
 


気になるアイドルがいるけどわざわざ見に行くのも大変、、、
オタ友からCDはもらったけどライブはまだ見たことない、、、

そんな悩みもフェスでは解決できちゃうんですよね(u_u)
アイドルとしてもそれはとってもうれしいこと!!
瀬長島ガールズポップフェスティバルでは、いろんなテイストのアイドルを好きなだけ観れたことが魅力だと思います!

メインステージとサブステージの距離もとても近かったので、移動時間も少なく、わたしもいくつかのアイドルさんのライブを見ることができました。

アイドルのフェスなのに、みきちゅふぁみりにいただいたUVERworldさんのTシャツを着て鑑賞(撮影:みきちゅ)

はじめて観ることができたSUPER☆GiRLSさんのステージは、とても強く心に残っています。
『MAX!乙女心』を初めてテレビで観たときに、多幸感あふれ過ぎやろ、、、と釘付けになって観ていたのですが、生スパガさんは本当に輝いていました!!

なかでも、推しメンの前島亜美ちゃん(あみた)の輝きはすごすぎてサングラス必須レベルでした。
だって、あみたちゃんのまわりには常にハートが舞ってるんですよ!!
みなさんも見えましたよね??
私には見えましたよ!!!
完璧アイドルすぎました。

そして渡邉幸愛ちゃん(コウメ)の屈託のない笑顔になんだか泣きそうになってしまいました。
いま一応、「屈託のない笑顔」の意味を改めて調べてみたら、「楽しい気分や幸せな気分が存分に現われた笑顔のこと」と出たのですが、幸愛ちゃんの画像を出したほうがわかりやすいと思います。

幸愛ちゃんがParty Rocketsさんに所属していた時代に一度、地元仙台で共演したことがありまして、そのときのパフォーマンスにも感激してしまったのですが、また違った幸愛ちゃんの良さがスパガさんの曲によって引き出されていて、嗚呼、アイドルの可能性って無限大なんだなァ・・・と思ったら、俄然生きる希望が沸いてました。

スパガさんの他にも、色々なアイドルさんのライブをみることができ、曲やダンスの素晴らしさをそれぞれに感じたのですが、あえて私目線でぐっときたポイントをいくつか書いてみたいと思います(ドキドキ。。。)。

アフィリア・サーガさんの衣装にクラクラしてしまったのは夏の暑さのせいなのでしょうか?
制服衣装=カチっとした清楚なイメージ
というのが私の中にあるのですが、なんとへそ出し!!可愛いのにセクシーって完璧かよ、、、

いずこねこちゃんは、気温30度を越える中で、黒猫イメージのニーソ&ガーターがついた大人っぽい衣装で登場。
さらにダークな曲を笑顔で歌い踊る姿に、「当たり前」の定義が音を立てて壊れる感覚を覚えつつ、結局楽しくて何も考えられなくなってしまうという魔法のようなステージを沖縄でも見せてくれました!

ライブ前にカメラを向けると気合いのポーズ? のいずこねこ(撮影:みきちゅ)

放課後プリンセスさんは、曲中に「ぎゅっとしたい」という台詞があるのですが、可愛い女の子に「ぎゅっとしたい」って言われたら、正直もうヤバいじゃないですか!!!!!!
「可愛いけど、、、つ、釣られないぞ、、、」
と気持ちを我慢していたのですが、案の定三回目くらいの「ぎゅっとしたい」で打ち抜かれました。

prediaさんは、凛とした美しさが印象的でした! 媚びることなく、、女性であることの強さを見せつけられた気がして、「私も大人っぽくなりたい。綺麗になりたい」と思い、イベント終わりに国際通りで美白パックを買ってホテルでやってしまいました(!?)。自分磨きしたい女子は観るべきNo.1アイドルさんです(みきちゅ調べ)。

たくさんのアイドルさんをみる中で、だいたい2曲くらい聴けばそのアイドルさんのイメージ、曲がどんなジャンルなのか、ファンの雰囲気はどんな感じなのか、全力なのか、それともゆるい感じなのかなどがわかるなあと思いました。
少し観たからといって偉そうに語るのではなく、ただ純粋に、心を強く掴まれるかそうでないかは最初に聴く2曲で決まると思ったのです。

これは自分のセットリストを組むうえでも大切にしなきゃと思いました。

あとは、どのアイドルにおいてもオタさんのあたたかさがすごいんです。
前回、自分がライブする上で感じたことは書いたのですが(前回記事)、ライブを観ている側でもそれは感じました。
他にイチオシの子が居るにもかかわらず(Tシャツを見ると誰が誰を推してるかわかりますよね)、一生懸命煽り頑張っている全ての女の子に全力で盛り上がってくれるドルオタさんの優しさに涙。。。(流れたのは汗でした)

でも、なかにはごく一部ですが、冷やかしたり、空気を読まず勝手に楽しんじゃう人たちも。。。
楽しみ方は人それぞれだからしょうがないっちゃしょうがないかもしれないのですが、応援してる子のTシャツを着て他のアイドルさんの現場で迷惑なことをしてる人を見かけると、それはないんじゃないかなあって思ったりします。。。
本当に推しを思うなら、その子の自慢のオタにならなくちゃ(^o^)

ハァ、、推しに推されたい人生だった、、、

■みきちゅ公式ブログ「ちゅぶろ。」
http://ameblo.jp/mi7ki/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: みきちゅ 

          

関連ニュース

コラムの関連ニュース