コラム

欧州メタラーを虜にしたBABYMETAL凱旋公演!

2014年07月22日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BABYMETAL "APOCRYPHA-M" ライヴレポート@TSUTAYA O-EAST 21.JUL.2014ライブレポート


 ヨーロッパのメタラーを興奮の渦に巻き込み、大成功のうちに幕を閉じたBABYMETALのWORLD TOUR 2014前半戦・欧州ラウンドから早くも2週間。次に控える後半戦・北米ラウンドを前にして、7月21日海の日に、東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTで「BABYMETAL APOCALYPSE WEB」メンバー限定イベント「APOCRYPHA-Y」・「APOCRYPHA-M」の2公演が行われた。このうち2公演目の「APOCRYPHA-M」の模様をお届けする。

 ヨーロッパでの成果を披露する凱旋公演、そして来る北米ツアーへの壮行ライヴの意味もある今回の公演。今年はヨーロッパで行われたYUIMETALとMOAMETALの聖誕祭を、日本のファンにも見てもらうため、「APOCRYPHA-Y」・「APOCRYPHA-M」と銘打つイベントとなった。朝から海の日らしい晴天のこの日、限定Tシャツを求めるファンが午前中から列を作る。初の欧州ツアーの歴史的証人となった、ツアーTシャツやSonisphereFestivalTシャツを着たファンも多く見受けられる。日本での再会を喜び合う現地参戦組に日本でLV観戦したファンも加わり、早くも会場周辺の空気はヒートアップしていく……。

 16時開演の「APOCRYPHA-Y」が終わると客の入れ替えが始まる。〝Y〟を観戦したファンの興奮と満足した様子を見ながら、〝M〟を観戦するファンの期待は否が応でも高まる。客入れはスムーズに進み、BGMのDRAGONFORCE『Through The Fire And Flames』が終わると、定刻通りに場内は暗転。スクリーンにムービーが映し出される。地球儀が半回転し、ヨーロッパ大陸がクローズアップされると観客は早くも大歓声。ヨーロッパ単独3公演とSonisphereFestivalでのライヴの模様やリハーサル、そしてYUIMETALとMOAMETALの生誕を祝うシーンが次々と流れ、ファンの興奮は早くもヒートアップ。

 1曲目『BABYMETALDEATH』のイントロが始まり、メンバーが現れると、興奮度はMAXに高まり、フロア中央にはモッシュピットが作られる。『ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト』が始まるとフロアは一体となり拳を突き上げ、コールがわき起こる。やがてピアノが奏でる厳かなメロディ。『紅月-アカツキ-』ではSU-METALの歌声がファンの心を震わせる。彼女の表現力は、厳しい欧州ツアーの経験を通して、また一段と増したようだ。SU-METALと入れ替わり、YUIMETALとMOAMETALがキュートなダンスと歌声で魅せる『おねだり大作戦』。揃って15歳となって初の日本でのライヴ。幼さに加え徐々に女らしさを感じさせるようになった2人のパフォーマンスに、フロアもメロメロだ。

『Catch me if you can』ではもはや欠かせない存在となった神バンドのソロの応酬が観客を酔わせる。特にヨーロッパのメタラーや共演バンドの面々も唸らせたベースの神の両手タッピングに、歓声も一段と大きくなる。メンバー3人のキュートでコミカルなパフォーマンスが楽しめる同曲に続いて、お馴染みのイントロと、今回は英語版の台詞で始まる『イジメ、ダメ、ゼッタイ』。WOD(ウォール・オブ・デス)、ダメジャンプとフロアは一体となり、本編終了。メンバーが退けるとアンコールを求める「We Want More!」コールが会場を一つにする。この欧米式のアンコールは実にクールだ。

 やがてパイプオルガン風の荘厳なイントロが始まり、アンコール1曲目、『ヘドバンギャー!!』が始まる。1コーラス目が終わると、SU-METALはMOAMETALにマイクを託す。MOAMETAL聖誕祭の本公演では、ケルン公演同様、MOAMETALが後半のリードボーカルを務めるのだ。(1公演目ではYUIMETALがリードボーカルを務めた)。SU-METALのパワフルな歌唱とも、YUIMETALのどこまでもキュートで可憐な歌声ともまた違う、幼い声の中に徐々に女らしさを帯び始めたMOAMETALの艶のある歌もまた魅力的だ。そしてMOAMETALのポジションに入ったSU-METALのダンスの切れっぷりも圧巻。実に楽しそうに全力で踊るSU-METALのパフォーマンスに目を奪われたファンも多かったに違いない。

 最後の曲は6月のO-EAST公演同様『ギミチョコ!!』。YouTube再生回数1000万回超えの同曲をひっさげ、いよいよ北米へと向かうBABYMETAL。イギリスとは違った、もう一つのヘヴィメタルの聖地であるアメリカ。そしてレディ・ガガのサポートアクトとしてどんなパフォーマンスを見せるのか。カナダでのメタルフェス出演まで、約2週間で合計7公演。もはや成功は予感から確信へと変わった。そしてスクリーンに12月20日「APOCRYPHA-S」・SU-METAL聖誕祭開催が発表され大歓声が上がる。詳細は後日発表とのことだが、場所は「NEW PIT」となっている。これが何を意味するのか、続報を待ちたい。


「APOCRYPHA-M」セットリスト

1 BABYMETAL DEATH
2  ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
3  紅月-アカツキ-
4  おねだり大作戦
5  Catch me if you can
6  イジメ、ダメ、ゼッタイ
E1  ヘドバンギャー!!
E2  ギミチョコ!!


 
竹崎清彦 アイドル、ファッション、スポーツ、ゲーム攻略本など幅広く執筆。趣味はライヴ観戦。好きなアーティストを追いかけ世界中どこへでも行きます! 80年代モノに詳しい。 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

コラムの関連ニュース