グラビア

1日200球打っていた新人グラドル・犬童美乃梨、「甘える才能があったのかも」

2014年08月22日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 8月24日(日)に1stDVD『みのりん』をリリースする期待の新人グラビアアイドル・犬童美乃梨クン。透き通るような白い肌にGカップバストのマシュマロボディが弾けた初DVD撮影の様子と、意外な趣味について、たっぷりと話してくれました。
 

犬童美乃梨(いぬどう・みのり)
1994年5月6日生まれ、愛知県出身/身長158センチ/B88(Gカップ)・W59・H84
血液型=B型/右投げ右打ち

――1stDVD『みのりん』発売おめでとうございます。早速ですが、見どころを教えてください!

犬童 一番、上手くいったなって思ったのは、砂浜でハシャいでるところで、監督さんから「何か言って」と言われなくても、どんどん言葉が出てきたんです。楽しくて。

――どんな気持ちで撮影していたんですか?

犬童 設定は、彼氏といて「一緒に遊ぼう?」って言ってるのに、遊んでくれなくて「もう!」みたいな(笑)。そんな感じが自然に出てきちゃって。

――それに近い経験があったとか?

犬童 いえいえ、私生活では全然、そんなことないんですけど。〝甘えたい願望〟はあるのかも。お兄ちゃんがいるんですけど、実際には全然、甘えるということはないんですね。でも、甘えてみたいな、という気持ちになって撮影してみたら、上手くいったような気がします。我ながら、「私、甘え上手?」って思っちゃった(笑)。

――初めてのDVD撮影というのはいかがでした?

犬童 実際の撮影は、こんなんでいいのかというくらいに楽しいんですけど、前日はとても緊張していました。伊豆・下田のホテルに泊まっていたんですけど、ホテルの中をぐるぐる徘徊してしまって。でも、当日になったら「アレ?」っていうくらい気持ちがラクになっていました。そして、撮影では、不安になるくらい〝ラク〟というか、大変さが全然なくて。

――事前にこういう映像に、といった話ってされていたんですか?

犬童 ありましたけど、すごくざっくりとした内容で。「浜辺でキャピキャピ遊んでいる」とか、そんな感じなんです。最初に撮ったのはベッドのシーンで、お兄ちゃんを起こすみたいな。実際に、いないのにセリフを言うっていうのが恥ずかしくて。でも、ちょっと経ってみたら楽しくなってきて、将来〝女優さんになるのもいいかな〟って思っちゃいました(笑)。

――撮影に向けてボディを仕上げたりとかは?

犬童 普段から、〝食べたら動く!〟を実践していて。というより、食べたら動かずにいられないんです。食べないのはストレスになってしまうので、ちゃんと食べてますよ。

――運動以外にやっていることって?

犬童 岩盤浴にはすごく行きます。ヒマさえあらば行くというくらい。サウナだと皮膚に悪いと聞いたことがあって、岩盤浴にしてます。じわじわ汗をかけるので。

――さて、プライベートの過ごし方は?

犬童 バッティングセンターに行くのが好きなんです。最初はお父さんに連れていってもらったんですけど、ソフトボールをやっていた友達がいて、一緒に行くようになりましたね。

――いつから通ってるんです?

犬童 最初は小学校の頃でしたが、よく行っていたのは、高校生の頃ですね。毎日行っている時期があったので。手にマメが出来て、潰れて、というのを繰り返して、なんだか痛くなってきちゃったので、少し休んで。でも、スカッとするんですよ。当たったときの。芯で捉えた感触のときとか。
 

高校生の頃から、バッティングセンターに通ってます!

バッティングセンター通いの趣味が発覚! ここから、さらに深い“バッティングトーク”と、素振りの撮影会に……!
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加