ライブレポ

9nineが初の武道館公演でPerfume直伝の栄養ドリンクを注入

2014年08月22日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 9nineが結成9年目にして初の日本武道館公演を開催、1万人の観客を前に、5人のメンバーが渾身のパフォーマンスを繰りひろげた。

 9nineにとってはまさに悲願の武道館だった。グループ名が示す通り、2005年の結成時は9人が在籍。今も残るオリジナルメンバーは佐武宇綺と西脇彩華の2人だけだ。

 2年後に加入した川島海荷、そして新生9nineへと進化すべくオーディションを経て2010年に加入した吉井香奈恵と村田寛奈も含め、いまや5人組としての形が定着した9nineにとって、最高の夢舞台が実現した。

"9年目の9nine"が、念願の日本武道館公演を実現。左から佐武宇綺、村田寛奈、川島海荷、吉井香奈恵、西脇彩華

 9nineは冒頭から『With You With Me(Album Ver,)』、『out of the blue』、『Evolution No.9』、『THE MAGI9AL FES.』、『#girls』という、9nineの曲の中でも明るいアップナンバーをキレキレのダンスで披露した。

 息切れを感じさせないままMCに突入。女優としても活躍する川島は、「今日、登場する前にすごい泣きそうになった。色々な人に支えられて今日このステージに立っている。みんなにもパワーを送れるように今日は頑張ります。」とコメント。

 Perfumeあ~ちゃんの妹として知られる"ちゃあぽん"こと西脇は、今にも泣きそうな表情を見せ、他のメンバー4人が「落ち着こっか!」と深呼吸を促すという場面も。西脇は涙目で、「私の周りにはみんな(観客)、そしてメンバーがいるので今日は大丈夫。Perfumeさんに教えてもらった栄養ドリンク飲んだし、今日は頑張れます! 今日この武道館は私たちだけのものです!」と、最後は笑顔で締めくくってみせた。

 最新アルバム曲『LOVE VAMPAIRE』では、炎が吹き上がる演出も。大会場らしい派手な演出で盛り上がったあとは、現行の5人体制になる以前の曲を歌い、古参ファンも感動だ。新生9nineになる直前にリリースされた『ヒカリノカゲ』では、巨大画面に昔の映像が映し出される、当時を知るファンも目をうるませた。

 そんなウェットな気分を打ち破るかのように、新生9nineにとっての初シングルであり、いまや代表曲の一つでもある『Cross Over』のイントロが始まると、待ってましたとばかりの大歓声が沸き上がる。同曲を象徴する"プロペラダンス"に、ファンのテンションもアゲアゲだ。


背後のスクリーンにメンバーのパフォーマンスに連動した映像を映すといった演出も効果的だった

 ライブの途中では、汗っかきキャラの佐武がマイクを"水没"させるというアクシデントも。マイクが湿ってしまい、まるで宇宙飛行士との会話のように声がこもるというハプニングで、マイクの交換を強いられた。だがステージに残ったメンバー4人は、思い出話に花を咲かせ、ファンにとってはかえって嬉しいハプニングになったようだ。

 後半もフジテレビ『リーガルハイ』OPテーマ曲の『Re:』、そして『少女トラベラー』などのダンスナンバーで駆け抜け、本編は終了。大盛況のうちにアンコールが幕を開けた。

 ここでメンバーの口から、今年13月に初めての東名阪ツアー「9nine MAGI9AL TOUR 2014」、そして年末カウントダウンライブ「9nine MAGI9AL TOUR 2014 COUNTDOWN」を開催することが発表。年末直前の12月29日に最年少メンバーの村田寛奈が18歳を迎えることから、年越し企画が可能になったものだ。

 アンコール曲の『Party9』では、アリーナ客席後方のサブステージからゴンドラに乗って移動する各メンバーが、サインボール投げに挑戦するという初の試みも。ひとり3球ずつと少なめだったが、初のボール投げにメンバーは興奮していたようだ。

 そして最後は、新生9nineにとって2名目の『SHINING☆STAR』。9nineファンみんなの心に残る曲とあって、歓声が巻き起こった。

 その後のMCでは西脇が、「武道館に立っています。私は9年前から色んな9nineを見てきた。今日が一番最高の日だと思うし、それは途中で諦めようと思ったときに励ましてくれた家族に感謝したい。それは絶対言おうと思ってて、『武道館に立ちました。本当にありがとう』。今日はゴールじゃなく、スタート。もっと大きいステージにたてるように、精一杯頑張ります。」と涙ながらにコメントだ。

 また川島も、感慨深そうに客席全体を見上げながら、「本当に今までやってきて良かったって今思っています。」とコメント。コンサート本編では観客にウェーブを要求して成功するなど、初の武道館公演を目いっぱい楽しんでいる様子だった。

 これまで多数のメンバーチェンジなど、紆余曲折があった9nine。9年間の集大成として初めての武道館公演を大盛況のうちに終えたが、佐武宇綺は「これがゴールじゃなくて、スタート。」と発言。12月の東名阪ツアーなど、これからもノンストップで走り続けていく姿勢を明らかにした。

この日、武道館を9nine色に染め上げた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 9nine