ライブレポ

ドロシーのワンマンは生バンドと新曲で新境地を提示

2014年09月08日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 仙台を拠点に活動する5人組ガールズユニットのDorothy Little Happy(ドロシーリトルハッピー)が9月6日、Zeppダイバーシティ東京では初となるワンマンライヴ「premium Live 2014 at ZeppDiverCity Tokyo」を開催し、満員の観客を熱狂させた。

 この夏はTIF2014や@JAM EXPOなどの大型フェスに参戦し、短い持ち時間のなかで常に観客のハートをわしづかみにしてきたドロシー。この日は全22曲におよぶセットリストで、デビュー当時の曲から初披露の新曲まで幅広いレパートリーを繰り出し、ドロシーだけの世界を提示してみせた。

ドロシーらしいキレのあるダンスを見せたワンマンライブ

 ライブの1曲目は、ギターサウンドが耳に残るロック調の新曲『Breaking through』。これまでのドロシーとはひと味違うイントロに一瞬戸惑いを見せたファンも、すぐさま新曲を受け止めていく。そしておなじみの疾走感あふれる『CLAP! CLAP! CLAP!』へと続き、会場には一気にドロシーの世界観があふれていった。

 前半はドロシーらしい華麗なダンスが目に楽しい構成。ここに新曲を3曲織り交ぜることで、自分たちらしさを表現しつつ、新しい世界観を提示するという試みに挑戦だ。ファンもそのセットリストに呼応し、新曲にも既存曲と変わらぬノリで応える。

清楚な装いに激しいジャンプ! 写真には残っていないが、前半は少しだけ色の組み合わせが異なる新衣装でのステージだった

 MCでは白戸佳奈が、「いま歌った新曲も含めて、11月19日にミニアルバムの発売が決定しました!」と、新作の発表をアナウンス。さらに、「なんと全国6ヵ所で私たちの冬のツアーが決定しました!」とサプライズ発表だ。

 富永美杜が「名古屋、京都……」とツアー開催都市をひとつずつ明かすたびに、その都市から遠征してきたと思われるファンから歓声の挙がる場面も。早坂香美からは「京都は初めてですよ!」と、メンバー自身もツアーを楽しみにしている様子が伝わってきた。ちなみにツアーファイナルが都内ではなく、昨年末にワンマンライブを成功させた川崎というのも、ドロシーらしさが伝わるチョイスだろう。

満員の観客で埋まったZeppダイバーシティ東京。昨年末の川崎CLUB CITTA'を思い起こさせる

 後半が始まる合図は、曲の終わりでメンバーが一気に舞台袖に走り去っていくという演出だった。代わりに登場したのはバンドメンバーたち。ドラムがビートを刻み始め、生バンドならではの演奏が始まると、バンドセクションに期待する会場から歓声が挙がる。

 この後半では、事前にファンから募った曲を中心にした構成。初めて聴くバンドサウンドの効果で、聴きなれたはずの曲に新たなテイストが加わっているのが実感される。いっぽうで決めのコールや振りはいつもと変わらず、とくにM18の『nerve』ではよりアグレッシブさが加わったサウンドに、ファンのエヴィゾリもいつもより激しかったようだ。

生バンドをバックに歌うという、これまで見たことがない光景が広がった

 そんな演奏の途中には、秋元瑠海のバースデー(9月9日)を祝うケーキも登場。ファンがサイリウムでサプライズの祝福を行ない、会場に一体感があふれる幸せなシーンも垣間見られた。

 そして本編のラストは、高橋真理から「今日の感謝をこめて送ります」との言葉とともに、『デモサヨナラ』を熱唱。いつも以上に感情がこもった「好きよ」のコーラスに、ファンも渾身の「\オレモー/」で応え、多幸感にあふれるライブはいったんの終わりを見せた。

サプライズのバースデー祝いに感動した様子の秋元。思えばドロシー初の東京ワンマンでも白戸のバースデーをサプライズでお祝いしていた

 そしてアンコールでは白戸が、「いつも対バンイベントに参加している会場で、私たちのライブができるなんて、本当にここに来ていただいたみなさんのおかげです」と、Zeppダイバーシティという大箱で満員の会場を目にしての感謝の気持ちを涙ながらにコメント。

 ラストはしっとりした新曲の『それは小さな空だった』で締め、夏が終わって新しいタームに入るドロシーの秋の始まりを感じさせてくれた。全22曲を一気に駆け抜けたワンマンライブ。ドロシーらしい疾走感にあふれつつ、生バンドコラボでワイルドさも加わり、年末のツアーに向けてドロシーの新しい顔を垣間見ることのできるライブとなった。

ドロシーにとっての暑い夏がこのワンマンライブで終わった。年末のツアーが早くも楽しみである

【Dorothy Little Happy Zeppダイバーシティ東京 ワンマン セットリスト】

M1 Breaking through(新曲)
M2 CLAP! CLAP! CLAP!
M3 インマイライフ・フォーマイライフ(新曲)
M4 どこか連れていって
M5 諦めないで
M6 Life goes on
M7 風よはやく
M8 ASIAN STONE
M9 週末だけのロミオとジュリエット(新曲)
M10 ストーリー
M11 ソウル17
M12 COLD BLUE
M13 STARTING OVER
M14 恋をしてるの きっと
M15 恋の花火
M16 恋は走りだした
M17 colorful life
M18 nerve
M19 2 the sky
M20 デモサヨナラ

EN1 ジャンプ!
EN2 それは小さな空だった(新曲)

【ミニアルバム 詳細】

発売日 2014年11月19日
タイトル 未定

・Type-A
Mini Album+Blu-ray
AVCD-38970/B 5,800円+税
初回特典(封入) 生写真(全6種類中1種ランダム封入)
[CD] 全7曲収録予定
[Blu-ray] Dorothy Little Happy premium Live 2014 at Zepp DiverCity Tokyoの模様を収録
収録時間約120分予定

・Type-B
Mini Album+DVD
AVCD-38971/B 4,800円+税
初回特典(封入) 生写真(全6種類中1種ランダム封入)
[CD] 全7曲収録予定
[DVD] Dorothy Little Happy premium Live 2014 at Zepp DiverCity Tokyoの模様を収録収録時間約120分予定

・Type-C
Mini Album
AVCD-38972 2,300円+税
初回特典(封入) 生写真(全6種類中1種ランダム封入)
全7曲収録予定

【Dorothy Little Happy Winter Live Tour 2014】

・12月6日(土) 千葉/柏PALOOZA
[昼公演] Open12:30/Start13:00 [夜公演] Open17:30/Start18:00

・12月7日(日) 名古屋/Electric Lady Land
[昼公演] Open12:00/Start12:30 [夜公演] Open17:00/Start17:30

・12月13日(土) 京都/KYOTO MUSE
[昼公演] Open12:30/Start13:00 [夜公演] Open17:30/Start18:00

・12月14日(日) 大阪/OSAKA MUSE
[昼公演] Open12:00/Start12:30 [夜公演] Open17:00/Start17:30

・12月21日(日) 宮城/仙台Rensa
[昼公演] Open12:00/Start12:30 [夜公演] Open17:00/Start17:30

・12月30日(火) 神奈川/CLUB CITTA'
[夜公演] Open16:00/Start17:00

スタンディング 前売 3,800円(税込・ドリンク代別・整理番号有)
※川崎公演のみスタンディング 4,800円(税込・ドリンク代別・整理番号有)
※女性子供エリアあり
※6歳以上チケット必要

受付URL http://l-tike.com/dlh_wintertour2014/

■Dorothy Little Happy H.P
http://dorothylittlehappy.com/
  • 954_ext_08_0.jpg
  • 954_ext_08_1.jpg
  • 954_ext_08_2.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: Dorothy Little Happy