ライブレポ

Negicco、Shiggy Jr.とラインダンスで相思相愛!

2014年09月20日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 9月19日、NegiccoとShiggy Jr.の2マンライブ「新宿ロフトpresents乙女の事情」が新宿LOFTにて開催された。Shiggy Jr.は結成間もなくして2nd EP『LISTEN TO THE MUSIC』がタワレコメンに選出され、タワーレコード全店で大プッシュされるなど話題の新人バンドだ。

Negicco『サンシャイン日本海』

Shiggy Jr.『LISTEN TO THE MUSIC』

 先攻・Shiggy Jr.のベース、森 夏彦が人生初のアイドル現場をNegiccoのインストアイベントで体験したことをMCで告白すると、会場からは大歓声が上がった。

 そんなラブ・コールを受けて3人がステージに登場。マントを纏ったようなお揃いのワンピースの裾を揺らし、『さよならMusic』を優雅に披露。『アイドルばかり聴かないで』では会場にいたShiggy Jr.ファンも「ざんね~ん!」コールで元気よく応戦する。

 MCではMeguが「Shiggy Jr.の森さんが、Negiccoのインストアイベントにまで来てくれているファンの方で……いえ~い! 森さん、観てる~?」と会場を見渡し、「今、ラジオの番組をやっているんですけど、私の中ではパワープレイです!」と笑う。

 次のパートではテンポ良く、『相思相愛』から6曲連続披露。客席後方には満面の笑みでネギライトを振るShiggy Jr.メンバーの姿もあった。『イミシンかもだけど』では台詞パートの度に客席から「ふぅ~!」とコールがあがる。3人の軽やかなパフォーマンスに完全に見入っている観客に対して、間奏中には「みんな、盛り上がり方忘れた~?」と優しく観客を煽るシーンもあった。終盤のアッパーチューン『ときめきのヘッドライナー』では会場から手拍子が弾け、そのまま「次がラストの曲です!」と『トリプルWONDERLAND』を歌いきると、颯爽とステージから消えてしまった。

 しばらくしてコラボTシャツに身を包んだ両グループの7人がステージに走り出て、『圧倒的なスタイル』をNeggy Jr.バージョンで披露。遠慮をしてしまったのか、なかなか歌に割って入れない池田に(次のパート、歌って!)と目でサインを送るKaedeの気配りも見えた。最後には定番のラインダンスで会場が一体に。

 終演後会場で行われるサイン会のアナウンスがされ、「サイン、くださいん! を合言葉にしてね」とMeguから指令が出ると、会場から「エー?」コール。こんなゆるさも微笑ましい。

 アイドルとバンドの対バンイベントは多いが、こんなにも相思相愛で和やかなライブは貴重である。Shiggy Jr.を初めて観るNegiccoファンが大勢いたに違いないが、メンバーの森弄りに対してもとてもあたたかい反応だ。ファンも、だんだん本人達に似てくるのだろうか。Negiccoが作り出すハッピーな空気が、周囲を包み込んでしまうのだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: Negicco