トピックス

釣りアイドルの新センターは!? つりビットの新「釣りセンター」に安藤咲桜が決定!

2014年09月22日 15時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 釣りをテーマにしたアイドル、つりビットの新「釣りセンター」が発表された。

 釣りセンターの選出にあたっては、船上でのファン交流釣りイベントや、釣りの知識を試す筆記試験、そして実技として釣りアイドルたちによる「ツリラブ杯」と称した女性アイドル釣り対決を経験。これらの試練を乗り越えながら、釣り楽曲のセンターポジションである「釣りセンター」を争ってきた。
 

釣りがテーマの「つりビット」。左から竹内夏紀、安藤咲桜、聞間彩、長谷川瑞、小西杏優

 注目の釣りセンター発表は、つりビットのレギュラー番組でもあるインターネットラジオ番組、目黒FMの「Kisspoint Records presents ツリラブ」内で行なわれた。ふだんはメンバー2名程度が参加する放送に、今回はメンバー5人全員が参加。釣りセンターが発表される番組後半が近づくにつれ、メンバーたちの表情には緊張の色が走る。

 そして、運命の発表。メインMCの川田広樹(ガレッジセール)が読み上げた名前は、“さくちん”こと安藤咲桜。ほかのメンバーは悔しさをにじませつつ、新「釣りセンター」の誕生を祝福した。
 

見事、新釣りセンターに選ばれた安藤咲桜。グループ内ではMC&ボーカル隊長で、釣りたい魚はカジキマグロだ

 今回、安藤が選ばれたのはある意味、必然だった。“歌って踊って釣りもできるアイドル”としては釣りに関する知識が重要だが、筆記試験では安藤がトップの成績。また、「ツリラブ杯」では東京湾での実技に挑んだが、そのとき乗った釣り船の名前がなんと"新さくら丸"だったのだ。まるで安藤の勝利を暗示していたようではないか。

 安藤咲桜は、10月10日に配信する釣りをテーマにした楽曲においてセンターポジションメンバーを務める。前回の“魚の日楽曲”である『FISH ISLAND』に続き、どんな曲に仕上がっているのか、期待も高まるところだ。

 つりビットは12月に、初のフルアルバムの発売も決定。同アルバムには安藤が新釣りセンターを務める、新“魚の日楽曲”も収録される予定だ。数少ない釣りアイドルとして今後も、アイドルらしさと釣りの実力を高めていくに違いないだろう。
 

「ツリラブ杯」でメンバーたちが乗り込んだ釣り船は「新さくら丸」だった


■つりビット Official Website
http://tsuribit.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: つりビット