インタビュー

タワレコ嶺脇育夫社長、さくら学院・菊地最愛ちゃんについて熱弁再びッ![完全掲載/驚天動地の後編]

2015年01月11日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「タワレコ嶺脇社長が決めるベスト・オブ・菊地最愛賞」完全版掲載。前編で熱を帯びまくったそのトークは後編でついに沸点を超える! 長い前口上は必要なし。後編も熱く語っていただきましょう!

タワレコ嶺脇育夫社長、さくら学院・菊地最愛ちゃんについて熱弁再びッ![完全掲載/嵐を呼ぶ前編]はこちら!

嶺脇育夫
1967年生まれ。タワーレコード株式会社代表取締役社長。T-Palette Records代表。

菊地最愛
きくち・もあ。1999年7月4日生まれ、愛知県出身。さくら学院生徒会長。バトン部Twinklestars、クッキング部ミニパティ、またBABYMETALのMOAMETALとしても活躍中。

――さて、いよいよ3位です。

嶺脇 生徒会長4代目就任かなと。

――父兄の間では当然の結果というか。

嶺脇 まあ順当ですよね。僕は10歳の時に最愛ちゃんを見てファンになって、2014年15歳になって生徒会長になっている。父兄とはよく言ったモノで、生徒会長になった時は感慨深かったですね。小5から中3までの成長を見届けてきて、我が子は生徒会長をやるぐらい優秀なんだと(笑)。あと生徒会長に就任した時の挨拶が良くて、「一人の力じゃ足りない」「この10人でやり遂げたい」と。一人じゃできないってことが分かっているところが偉いなと。もちろん自分が引っ張っていくんだけど、皆の協力なくしてはできないというのが14歳にして分かっているのは大人だなと思いますね。ありきたりな言葉に聞こえますけど、何だって一人ではできないじゃないですか。若い時は我が強かったりするけど、生徒会長になった初っ端から一人じゃできないことを分かっているのに感動しました。最愛ちゃんは経営者向きだなと。トップダウンとボトムアップのバランスが素晴らしい。

――社長から経営者向きのお墨付きですか(笑)。由結ちゃんのプロデュース委員長というポジションはどうでしたか。

嶺脇 映画でも何でもプロデューサーって全ての決定権を持っているじゃないですか。だから由結ちゃんをプロデュース委員長にしたことで、最愛ちゃんが前に出なくても良くなったんですよね。セットリストとか演出を考えるのは由結ちゃんを中心に決めていくというのが良かったのかなと。

――田口華ちゃんの気合委員長、野津友那乃ちゃんのトーク委員長も適材適所でしたよね。

嶺脇 華ちゃんは気合委員長であり歌の要でもありますけど、個人的に一番のMVPは友那乃ちゃんだと思っているんです。一番成長したし、トーク委員長として喋るようになって、皆に厳しいことも言うようになったじゃないですか。黒友那乃として、わざと腹黒いところも出したりとか(笑)。タイプ的には三吉彩花ちゃんに近いですよね。そういう風に振る舞えるのも、最愛ちゃんがいるから!

次ページ/POP’nアイドルで最愛ちゃんがメロメロになった理由とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院