ライブレポ

さくら学院公開授業レポート2限目 最愛ちゃんのスピーチに父兄も涙

2015年03月17日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくら学院公開授業「歌の考古学~2014年度~」2限目@TFTホール500レポート 2015.MAR.14


 17時半から始まった2時限目。生徒は菊地最愛、野津友那乃、白井沙樹、倉島颯良、山出愛子の5人。1時限目の授業が素晴らしかったこと、そしてこの2時限目が今年度最後の公開授業ということで、授業開始前のホール内はいつもと違った空気が流れている。 担任の森ハヤシ先生は「これが正真正銘最後の公開授業。悔いのないよう楽しんでいっていただきたい」とコメントし、生徒たちを呼び込んだ。

さくら学院公開授業「歌の考古学~2014年度~」1限目@TFTホール500レポート 2015.MAR.14

DVD『さくら学院SUN! -まとめ-』

 菊地は「ちっちゃいけど、元気とやる気は大きい!」と以前のキャッチフレーズで、父兄たちをどよめかせた。野津は「今日のお昼自炊したんですよ」と話し出すと、菊地がすかさず「あのね、自炊って言わないよあんなの」と茶茶を入れる(笑)。「10時くらいにうどんを作ったんですよ、お湯沸かして粉末スープ入れて……」と野津が続けると客席から笑いが。その後テレビで神田沙也加が歌う前にはラーメンを食べると話したのを聞いた野津はラーメンが食べたくなり、「ラーメンを自炊した」そうだ。客席は爆笑に包まれるが、野津は「今日は自炊したのでやる気満々」と最後まで自炊と言い張った(笑)。

 白井は「今日は昨年度の卒業生4人と、たまたま全員と連絡を取って、元気をもらえたので頑張ります」と嬉しそう。倉島は「今日は何の日か知ってますか? 茨城県民には大切な日。上野東京ラインが開通したので、茨城県民が都心に進出できるんです!」と興奮を隠せない様子だ。山出は「父兄さんの心に私の歌が届くように頑張ります!」と力強くやる気を見せた。

 ここで登場した倉本美津留校長。歌の考古学の授業で、知らない歌を発掘する意義を説くが、その陰で菊地は野津の方を叩いて何やら報告。菊地が昼に弁当を食べたとき、咳き込んで鼻に入った米粒がいま出てきたということで、「体内で自炊したわけだね」と森先生。倉本校長は「ちょっとした発掘ができたね」と笑わせた。すると倉島が「今気づいたんだけど自分だけ名札してない」と発言して爆笑を呼んだ。そんな雰囲気の中、プレゼンがスタートする。


●山出愛子 X JAPAN『Forever Love』作詞/作曲・YOSHIKI

 昨年は地球への平和や愛をテーマにした歌をプレゼンした山出。今年は、さくら学院の校則のひとつ、「ちゃんと愛を届ける!」に触発され、また自分の名前に愛が入ってることもあり、愛をテーマにした曲をとことん探したという。「恋愛の歌は愛子には合わないと思って、X JAPANのForever Loveにしました」と発表すると、その意外すぎる選曲に客席からはどよめきが起きた。BABYMETALも出演した昨年のミュージックステーションでメドレーを披露したX JAPAN。さくら学院の職員室にX JAPAN好きな先生がいるということで、「あっ、コレだ!」と決まったそうだ。

 1996年7月8日に発売された14枚目のシングル。山出が気に入った歌詞は「Forever Love Forever Dream」のところで、「永遠の愛と夢を持ち続けることが大事なんだと思いました」と語る山出は今まで良く知らなかった彼らについてよく調べており、YOSHIKIとTOSHIの出身地である千葉県館山市の役所にまで連絡して、夕方のチャイムで同曲が流れてる情報まで披露してくれたことには驚いた。

 そんな山出のアカペラは、小さな身体には意外な声量があり、高音部の歌唱力はなかなか聞かせるものであった。歌詞を忘れて詰まったりもしたが、その一生懸命な歌唱は心に響いた。

 倉本校長は「まさかこんなんやるとは」と驚き、役所にまで電話した行動力を褒めた。菊地は「声が良い、泣けてきそう」と感動した様子だ。

次ページは、白井・倉島は「今の自分にぴったり」な曲を披露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院 

          

関連ニュース

ライブレポの関連ニュース