ライブレポ

父兄待望の科学部が新たなメンバーで復活! さくら学院祭2日目昼ライブレポート

2015年11月05日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「さくら学院祭☆2015」昼の部ライヴレポート@赤坂ACTシアター 2015.NOV.01


 興奮の1公演目から一夜明け、さくら学院祭も2日目を迎えた。今日は昼夜2公演。部活動ユニットはどの部活が何の曲を演るのか? サクラデミー女優賞はどうなる? さらなるサプライズは? と興味は尽きない。まずは昼の部をレポートする。

12人で史上最高の「ありがとう」を届ける! さくら学院祭1日目ライブレポート
 

  赤坂の天候は昨日同様晴れ。開演が午後12時半ということで物販は朝から列を作る。昨日もグッズは早めに売り切れるモノが多かったので、2日目も並び直すファンも多かったようだ。

 12時半ちょうどに始業のチャイムが鳴り、昨日同様ステージ中央部の出入口から担任の森ハヤシ先生が登場する。「森先生~!」と野太い声援が客席から飛ぶ。先生の人気も生徒たちに負けず劣らず凄い。

 「それでは出席を取ります!」。歌詞がリニューアルした『目指せ! スーパーレディー -2015年度-』だ。大賀咲希は「コロコロ変わる自己紹介お楽しみに」、磯野莉音は「天才星で生まれ落ちたけどテストは苦手」、白井沙樹は「電卓叩いて計算ピッタリOLさん(違います!)」、山出愛子は「学院内の平和を守る風紀委員(認定!)気を抜くと鹿児島弁が漏れちゃう」と、歌部分は一部または全部の歌詞が変わった。公開授業やLoGiRLで拾った生徒たちの個性を、森先生が愛情込めて歌詞にしているのが伝わってくる。

 「えっと、倉島!」と相変わらず名前を覚えてもらえない倉島颯良。「マジシャン、コケシマ、イリュージョン」とマイナーチェンジ。黒澤美澪奈は「挨拶(しっかり!)目線は(パッチリ!)ベテラン戦士、カメラを向けるときっちりリアクション」と黒澤プロと呼ばれる所以を盛り込み、岡崎百々子は「清楚な見た目に騙されるないつでもハイテンション(とぉー!)変顔モノマネ発明中(森セン行けえ!)」とギャップの魅力が際立つ。岡田愛は合いの手の部分が(存じてるぞ!)に変わった。生徒たちの成長に合わせ歌詞も変わる。自己紹介ソングかくあるべし、だ。

 日髙麻鈴は「外国に行ったことないけど英語は任せてね(Song for smiling)見つめる視線の先には何かが見えてる」と、バイリンガルキャラと妖精が見えてしまうという不思議ちゃんキャラがてんこ盛り。吉田爽葉香は「アニメの中から飛び出した二次元メガネっ子、小窓を開けたらハートを撃ち抜く」と、「実在してますか?」と森先生に弄られたキャラとランウェイを歩くモデルのポーズで、客席の笑いを誘う。

 藤平華乃は「ピョコピョコピョンピョン今日もおしゃべり止まらない(ねえ聞いて聞いて)小さいからこそ伸びしろたくさんあります」と、イエ~イ軍団最年少の無邪気さ満載だ。ラストの麻生真彩は「カレーは(一番!)牛丼(絶対!)紅しょうが、特技のけん玉ビシッと決まってドヤ顔」でけん玉を披露。今回も完璧に決まって大喝采だ。内容盛りだくさんのこの曲を聞くだけでも、“今年度のさくら学院は面白い!”という雰囲気が伝わってくる。

 2曲目は日髙の英語の発音が生かせる『Song for smiling』。生徒たちも客席の父兄たちも元気に手拍子で盛り上げる。そして『Hello! IVY』ではリニューアルしたフラッグの振り方でステージも客席も一体になる。ここでステージが暗転し、昨日同様「2015年度上半期のあゆみ」がスクリーンにて上映される。日々成長していく彼女たちの姿に改めて感動を覚える。

 動画が終わるとおもむろにチャイムが鳴る。登場したのは森先生、「俺の出席完璧だなあ」と自画自賛して拍手をもらう。その流れで「生徒たち学院祭のこと考えてるのかな?」と小話タイムが始まった(笑)。「森先生!」と元気な声は生徒会長の磯野。森先生めがけて「ジャンピングニー!」と突進する磯野をかろうじてかわす森先生。「ある部活を復活させたい」と磯野。これはプロレス研究会の再始動か? と拍手が起きたところ、磯野は「はい、科学部です!」と続けて爆笑と拍手をもらう。

 テクノポップ風のサウンドに科学分野の事象や定理をモチーフの歌詞が好評だった、さくら学院でも特に人気のあった部活動ユニット。部員の堀内まり菜と佐藤日向が卒業して以来、長く休部状態だったが、復活を望むファンの声は大きかったのだ。ここで欠員2名のオーディションをするということで、森先生と磯野が面接することに。まず登場したのは黒澤、山出、日髙の3人。「失礼します」と入ってきた黒澤と山出に対し、日髙は「Good afternoon!」と流ちょうな英語で挨拶して爆笑を呼ぶ。志望動機を聞かれ黒澤は「科学者になりきることが大事なので、私の芝居経験が生きる」と完璧にまとめ、場内には「シャキーン」と効果音が流れ、爆笑を呼ぶ。山出は「メガネが賢そうで私にピッタリ」とやり、「シャキーン」と自分で効果音を言う(笑)。日髙は「莉音ちゃんを尊敬してるから」の後に磯野のダンスが好きと英語でカッコ良く説明して拍手をもらった。面接が終わり「ありがとうございました!」と帰って行く3人。「ここは英語じゃないのかよ!」と日髙にツッコんで拍手をもらう森先生。今回のコントも面白い出来になりそうだ。

 次に入ってきたのは倉島と岡田。なぜかうつむいてやる気なくやってくる。岡田は「メグ、ダークサイドに堕ちてて」、倉島は「茨城のヤンキーモードで」と謎な理由で苦笑させる。ところが自己紹介になると「岡田愛です!ウフッ♪」と超ぶりっこモードに(笑)。何があったのかと尋ねる森先生に、岡田が「今年転入生が6人も入ったせいで、私たち最近チヤホヤされないんです」と嘆けば、倉島は「まさに2年目のジンクスです。もちろんジンクスの意味はわかりません!」とやけ気味。志望動機を聞かれ岡田は「今まで部活入ったことなくて、今崖っぷちなんです! まさに崖っぷちアイドルです、この面接も背水の陣で来ました!」と最後はまるで選挙演説のような力の入りようだ(笑)。倉島は「せっかく入ったバトン部が活動しなくて、もう何なんですか!」と切れ気味だ(笑)。岡田はさらに磯野に迫り、「姫路城のミニチュアあげるから!」、倉島も「カエルなら何匹でも獲ってくるから」と、多分磯野は迷惑だろうというアピール(笑)。森先生に帰るよう命じられたふたりは「ねえメグ、コンビニでたむろしようか?」「いいっすね!」とグレかけて爆笑させた。

 ここで突然森先生が「リアルにトイレに行きたくなってきた」と言いだし、客席のブーイングと笑いの中退席してしまう。しかしすぐに戻ってきた森先生。身長が微妙に縮んでいる。「最も妻を大切に!」、正体は大賀の扮装だったのだ(笑)。森先生のモノマネを続ける大賀、科学部に推薦したい生徒は「大賀だよ!顔も良い、頭も良い、オマケに運動神経もバツグン、クーッ!」とやって大爆笑を呼び込んだが、帰ってきた森先生にドヤされ、帰り際に「ショートコント。あまのじゃく刑事(デカ)……動け!」と森先生がLoGiRLですべったネタを披露した。これには森先生もガックリで、磯野に「かわいそう」と哀れまれる始末だ。

 ここで突然流れるコンビニのチャイム。「みなさーん、購買部からのお知らせでーす」といつもの調子で白井と吉田が入ってくる。「趣旨! 趣旨! 科学部のオーディション!」と注意する森先生に白井は「わかってます」、すると吉田も「わかってます」。白井が「科学部の部員は私たち以外あり得ません!」と言うと吉田も「あり得ません!」。すかさず「あいつ必要かな?」と吉田にツッコむ森先生に爆笑が起きる。購買部が入れば予算を多く使えるとアピールする白井は急に大阪商人のような関西弁で「うちらを科学部に入れんかったらどないなるかわかりまっか?」と言えば、吉田も「この世の中金がすべてなんやで」とコテコテの大阪弁で続け、客席からは「えー!?」と悲鳴のような声も聞こえてくる(笑)。白井の「また来るで」吉田の「ほなさいなら」の捨て台詞も決まった。

 「こーんこんここーん!」とおかしな拍子でアピールする次の面接希望者。「お断りです!」と拒否する森先生に執拗にノック攻撃を浴びせる希望者(笑)。しかたなく呼び入れると「イエ~イ!」と大声で入ってくる岡崎、麻生、藤平の3人。自己紹介させると、3人同時にしゃべり出す恐怖のイエ~イ軍団。さらには「3人合わせて、恐怖の、イェ~イ、軍団! KYG!」とやりたい放題だ。さらに「元素記号知ってるの?」と磯野に問われた3人は、麻生「カリウム、K!」、藤平「イットリウム、Y!」、岡崎「ゴンザレス、G!」3人「KYG、イエ~イ!」と大暴れだ。「ゴンザレスって何だ?」とツッコまれた3人は答えが出てこず「アドリブに弱いな!」と笑われる始末だ。嵐のようなKYGが帰っていき、新メンバーを決心した磯野。森先生がユニットを紹介しようとすると再び現れた森先生に扮した大賀が「科学究明機構ロヂカ?の再起動です!」と紹介して「お前がやるのかよ!」と森先生。お後がよろしいようで(笑)。

 『Welcome to My Computer』の厳かなアウトロに続いて始まった曲は『サイエンスガール ▽ サイレンスボーイ』だ。ステージ上が暗めで新メンバーが誰なのか判然としない。やがてライトに照らし出されたメンバーは、磯野と倉島、岡田だ! 3人のメンバーがハッキリとすると場内は大歓声。比較的難度の高い科学部の振り付けをこなしていく3人。倉島も岡田もメガネ・白衣が似合っている。特に岡田の表情が嬉しそうだ。ようやく部活動が決まった喜びに生き生きと輝いている。ラストの自己紹介もカッコ良く決まった3人。良曲が多い科学部だが、新曲も是非期待したい。

 新生・科学究明機構ロヂカ?:Ver1.2の誕生にまだざわつく場内。次の部活動は帰宅部 sleepieceだ。寝ている3人のメンバー、キンコンカンとベルが鳴る。「あ~紅しょうが美味しい」と寝ぼける麻生に笑いが起きる。『すいみん不足』初披露だ。昨日のハーフパンツの衣装から替わって、今日は先代も着用していたオーソドックスなパジャマ姿。笑顔が魅力の3人のパフォーマンスに客席はほっこりとした気分に包まれていく。途中ジャンプして横に移動する場面で大賀が左右を間違え、麻生と大賀が空中で衝突したのもご愛敬。麻生のビックリした表情も大賀のやっちゃった!という顔も可愛らしかった。


次ページは、毎年恒例サクラデミー女優賞で父兄大盛り上がり!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院